猫背を直したい人は試すべき?整体に行かなくても自宅で出来る解消法と日頃の注意点も

今回は猫背を直したい人にオススメの方法を調査してみました!辛い肩こりや頭痛を引き起こしてしまう猫背。生活習慣病の1つなので整体に行く人も多いですが、自宅でも出来るストレッチやマッサージと、日頃から注意すべきポイントをご紹介していこうと思います!

猫背になってしまう原因もしっかり知って、体調不良を引き起こさないようにしましょう。

猫背を直したい人はどうするべき?

猫背を直す簡単な方法は、プロの整体師にお願いする事が1つあります。しかし、整体に行くにもお金と時間がかかり忙しい人や通いつづけるお金がない人にとっては辛いですよね。

しかし、日常生活で常に使っている身体をケアするのは健康面でもとても大切です。保険が適用されない整体院もあるので、実費で行くのがつらい人には自宅で出来るオススメの方法もあるのです!

まずは、何で猫背になってしまうかをしっかり知っておく事も大切ですよ!

猫背になる原因は?

猫背になってしまう原因は、スマホやパソコン、テレビなどを見ている時に前かがみの姿勢になっていたり、背中の筋肉が無くどうしても身体が前に傾いてしまう事による積み重ねで猫背が続いてしまう事が原因です。

猫背になると、背骨や身体への負担も大きく胃腸が押されることによって内臓系の消化不良なども引き起こす可能性があります。

血液の循環も悪くなり、自立神経も乱れてしまうので肩こりや頭痛、ひどい場合は動けないほどのめまいなども伴う場合があります。

猫背をチェックするには、以下の点を確認しましょう!

  • check首が前に出ている
  • check肩が前に出ている
  • check背中が丸く傾いている
  • check下腹がぽっこり出ている
  • check骨盤が後ろに傾いている
  • check膝がやや前に出ている

2つ以上当てはまる人は、猫背になっている可能性があるので注意してくださいね!

猫背を整体に行かないで直す方法はある?

では、実際に猫背を整体に行かないでも直す方法をご紹介していこうと思います!どれも簡単で、すぐ出来るのでスキマ時間やながら作業も出来ます。

日々の積み重ねのケアで、猫背を解消して体調不良も改善する事が出来るのでぜひ試してみてくださいね。

猫背を整体に行かないで直す方法その1:骨盤体操

まずは骨盤体操です。骨盤が後ろに倒れている事で猫背になっている場合があり、その際はしっかりと元の位置に戻してあげる事が大切です。

内臓が下がってしまい、下腹が出てしまうなどスタイルも悪くなってしまうので注意してくださいね!

<方法>

1.太ももの付け根付近にある座骨を立てて座る

2.片足を地面と平行になる高さまでまっすぐ伸ばし5秒キープする

3.逆側も同様に行う

4.両腕を平行に伸ばし、手の内側を合わせる

5.そのまま肩甲骨を動かすように前後10回ずつ回す

こうする事で、骨盤部分を支える腹筋を鍛える運動と肩甲骨部分を元の位置に戻す運動を行う事ができます。

猫背を整体に行かないで直す方法その2:エクササイズ

お次はエクササイズです。壁を使って他は必要なものがないので、すぐに出来るのに合わせて時間も5分以内でやる事が出来るので朝一、入浴後などの隙間時間で簡単にできますよ!

<方法>

1.壁の前に離れて立って、両手をつく

引用元:https://www.yomeishu.co.jp/sp/genkigenki/feature/180427/

2.膝を曲げ、手の内側に頭が入るまで背中を伸ばしながら屈伸し、5秒キープする

引用元:https://www.yomeishu.co.jp/sp/genkigenki/feature/180427/

3.この動作を3セット以上行えばスッキリします♪

呼吸を止めずに、リラックスしながら行う事で血液の循環も良くなります。また、反り腰になってしまうと腰を痛める可能性があるので注意してくださいね!

猫背を整体に行かないで直す方法その3:矯正ベルト

最後はずっとつけている事のできる矯正ベルトです。骨盤ベルトなどもありますが、猫背を直すための専用ベルトが販売されているので試してみる価値はありますよ!

引用元:https://www.amazon.co.jp/

女性であれば、下着タイプの物もあるのでトップスに響くこともなくつけている事がバレにくいものもたくさん販売されています。値段も1,500~3,000円ほどと、比較的手に入れやすい値段のものが多いので安心です。

姿勢をよくすることでシャキッとするだけではなく、洋服も綺麗に着こなせるのでストレッチや体操が出来ない日中の時間でケアするのもいいですね♪

猫背にならない日頃からの注意点は?

自宅でケアする方法をご紹介しましたが、日ごろからきちんと猫背の予防をしないとまた再発してしまう事になります。

しっかりと直しつつ、猫背にならない注意点を意識して生活していればキレイなラインを作る事ができますよ!

今回は、

・スマホの見方

・歩き方

・立ち方

についての注意点をご紹介していきます。

猫背にならない日頃からの注意点その1:スマホの見方

スマホに限らず、PCやテレビなどの画面を見る際につい下向き、斜め下向きになっている人が多いかと思いますが、猫背を速めてしまうポイントになるので注意するようにしましょう。

スマホを見る時は顔を上げて顔の高さまでスマホを持ってきて見るようにしてストレートネックを防ぐようにしてくださいね。

また、PCやテレビも下に画面があると前かがみにいつのまにかなってしまうので、高さを調整してみるようにしましょう。

猫背にならない日頃からの注意点その2:歩き方

毎日必ず行う動作ですが、歩き方にも注意が必要です。

・かかとから着地する

足全体を使うので血行も良くなります。

・深い呼吸を意識する

つい早歩きなどで呼吸が乱れがちですが、呼吸が浅いと胸がしっかり膨らまず背中が丸まってしまう原因になります。目線をまっすぐに、深い呼吸をしながら歩くようにしましょう。

猫背にならない日頃からの注意点その3:立ち方

最後は立ち方です。つい足をクロスしてしまったり、片足重心だったりとだらしなく見えてしまう立ち方をしている人が多いですが、まっすぐ立つことだけで猫背の改善にもつながります。

・足をV字にする

内またの人も多いですがO脚の原因や骨盤のゆがみを引き起こしてしまうので、V字でかかとをしっかりつける事が大切です。

・お尻を締める

お尻に力を入れ上に上げるようにします。骨盤の位置をしっかりとした高い位置にして、筋肉にもアプローチする事で腰痛予防にもなります。

・ひじの位置を見る

自然に手を下した時に両方の肘が外側を向いていればしっかりと姿勢であると言えます。内側に入ってしまっている場合は、肩が丸まっている証拠なので、しっかりした位置に戻すようにしましょう。

猫背を直したい人に関する世間の反応


猫背になってしまうと、身体の不調がありますが結局奮起しないとその姿勢が楽でついやってしまいがちになっている人も多いようですね。

寒いと余計に身体が縮こまり、更に猫背を悪化させてしまう原因になってしまうので早めに対処するのがオススメですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です