爪の切り方できれいな形に切る方法は?やすりの使い方や整え方のコツを伝授!

今回は爪の切り方できれいな形に切る方法を調査しました!伸び過ぎていると不潔な印象を与えてしまいがちで、疾患の元にもなってしまう爪ですが綺麗にきる方法や正しい切り方はどんなものなのでしょうか?

また、爪切りだけではなくやすりを使った方法や爪を磨く方法も一緒にご紹介していきます!意外とみられている手元、ちゃんと整えて良い印象を与えましょう!

爪の切り方できれいな形に切る方法は?

爪を切る際に必要なのは、

・爪切り

・やすり

が一般的です。別で用意しなくとも、爪切りにはやすりが付いているものがほとんどなので安心してくださいね!

特に男性に多く、ぎりぎりまで切ってしまって深爪になってしまう人がいますが、ダメージを与えてしまい感染症のリスクが高まってしまう場合があるので注意してください。

ここでは、爪切りの正しいやり方やきれいな形を作る順番をご紹介していきます!

爪の切り方できれいな形に切る順番は?

爪切りの正しい順番は、

・爪の端から切っていく

・角を残す

・やすりをつかって角を丸めていく

の3工程が最も綺麗に、また感染症などのリスクを回避できる爪のケア方法になります。更に、爪切りはお風呂上りなどの温かくなっている時に行うと清潔に行えるだけではなく、爪が柔らかくなっている為負担も少なく済みます。

爪のきれいな切り方のポイントその1:爪の端から切る

爪の綺麗な切り方のポイントとして1つ目に爪の端から切る事が大切です。乾燥している時にきるとダメージが大きいのと同様に、いきなり横に切ってしまうと衝撃がかなり伝わってしまい負担になってしまうので必ず端から徐々に切っていくようにしましょう。

小刻みに刃を入れる事で衝撃を少なくすることができますよ!

爪のきれいな切り方のポイントその2:角を残す

引用元:https://beauty-note.jp/how-to-nail-clippers

お次のポイントは角を残す事です。爪の中で一番弱い角は、割れてしまいそこから菌が入ってしまう可能性があります。

爪切りで切るのは角を残し、やすりで削っていく方法にすれば割れずに済むのでそちらを選ぶようにしましょう。

爪のやすりの正しい使い方とコツは?

最後に行う爪やすりの工程は、形を整えるのに最も大事な作業になります。爪やすりを使う場合で大切なのは、

・45度の角度で使う

・目の粗いものから使っていく

・一定方向に動かす

3つのポイントがあります。

やすりを軽く持ち爪に対して一番負担の少ない45度くらいの角度で削っていくのがオススメです。更に、左右に動かしてしまうと柔らかい爪が左右に揺れて傷んでしまう原因になるので、必ず一定方向で動かすようにしましょう。

爪やすりには表と裏で粗さが違う物が多く、ネイリストなどプロの人は180G₍粗さの単位₎を使う事が多いようです。

爪磨きの使い方のコツは?

引用元:http://rumors.jp/fs/rumors/g009326

更に、爪の表面をピカピカにしたい人は爪やすりの種類の中で、ブロックバッファーを使うのが簡単でオススメです。

色々な粗さの物があり、ピカピカにするには最終的に細かい目のシャイナーで整えていく必要があります。

爪の角を削る為に使ったやすりだと粗すぎてしまうので、それよりも細かい目のセットをそろえておくのがポイントです。

初めに粗目の面で爪表面の傷や凸凹を取り除き、その後にシャイナーで表面をならしていくことでピカピカの状態になります。

ただし、爪表面の削りすぎも良くないのでケアするのは2週間空けて行うよにしましょう。

爪を切る頻度はどのくらいがベスト?

爪のケアは、2週間に1回を目安に行うのがベストとされています。もちろん個人差はありますが、爪は1日に0.1mmほど伸びると言われています。指先をよく使用する人や、温かい時期寒い時期でも伸び方は違いますが、2~3mm伸びてしまうと白い部分が目立つので、2週間ほどで切ってしまうのが一番きれいに見える時期と言えるでしょう。

長くなってしまうと折れてしまう事で思わぬ深爪になってしまい、皮膚まで傷つく場合もあるので注意してくださいね!

爪をきれいに保つ為の秘訣は?

日常でも手は良く使い、綺麗な爪をしていた方が何かと印象も良いですが、綺麗に保つ為の秘訣が3つあります。

・なるべく爪切りは使わず負担を少なくする

ネイリストなどのプロは、爪切りを使わずエメリーボード(爪やすり)で作業する事が多いです。これは負担を少なくするためです。

エメリーボードには、

・80G(粗目)  スピーディーに削れますがその分、爪への負担も大きく注意しないと二枚爪の原因にも。

・180(万能) 一番使い勝手がよい。みなさんにもこれがおすすめです。

・240G(細かめ) 仕上がりが一番キレイで滑らかですが、時間がかかります。またボードが痛むのも一番早いです。 ネイリストとしても180Gくらいが使いやすいのでおすすめですよ。

と色々な粗さがあり、状況に応じて使うものを決めて分けていくことで爪に優しいケア方法となります。

・保湿をしっかりする

お次は保湿をしっかりする事です。乾燥を防ぐ為にハンドクリームは塗る人が多いですが、爪も同じく乾燥するので爪までしっかり塗ってあげる事が大切です。

ささくれの原因となって見た目が悪いだけでなくばい菌が入り化膿して腫れてしまう事もあるので、注意してくださいね!

爪のケア用のキューティクルも種類が豊富で、ハンドクリームと兼用で爪先まで使える物も数多く販売しているのでズボラさんでもしっかりケアする事ができます。

・マッサージをする

しっかりとケアし、血行をよくすることで爪も健康になっていきます。更に指先にもツボがたくさんあるので、刺激する事でリラックスできたり自立神経を整える効果もあります。

マッサージをする際は、クリームやオイルを塗ってするようにしてくださいね!

爪の綺麗な切り方に関する世間の反応


巻き爪や二枚爪になってしまうと更に悪化してしまう原因ともなる爪の切り方。最悪は、かけてしまった部分が二度と生えてこなくなる場合も‥

子供の頃にクセがついてしまうと大人になってもダメージの大きい切り方をしてしまう事になるので、早めに正しい切り方を覚えて実践してみるようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です