カーペットの掃除のしやすい簡単な方法は?掃除機を使わないでできるおすすめ掃除道具も

今回はカーペットの簡単で掃除がしやすい方法を調査しました!ゴミが詰まってしまいがちなカーペット、汚れやごみが目立つ色なら尚更気になりますよね。

まずはカーペットの基本の掃除方法と、掃除機を使わなくても出来るカーペットの掃除方法をご紹介していきます!

カーペットの掃除がしやすい簡単な方法は?

カーペットは毛や繊維で出来ている物が多く、汚れが入りやすく取れにくい素材の物が多いですよね。髪の毛やほこり、食べカスのゴミからダニ、ノミなどいろいろな汚れが詰まっている事が多く実は危険な部分なのです。

奥まで入ってしまうと更に取れづらくなるので、早めに対処しておくのが重要なんですよ!

カーペットの基本の掃除方法

カーペットの基本の掃除方法は、掃除機を使って掃除する方法です。1番早く目に見えるゴミが取れるので、掃除機で吸い取るだけの人も多いのではないでしょうか。

掃除機を使う場合、ゴミを取る為に強く押し当てて掃除機をかけるのは逆効果です。毛が倒れて、ゴミが取れにくくなってしまうので優しくなでるように吸うのがポイントですよ!

更に、一方向だけではなく縦横斜め色々な方向から掃除機をかけると、より汚れを取ってくれます。

掃除機を使わないでカーペットを掃除する方法は?

では、掃除機を使わないで汚れを落としてくれる方法もご紹介していきます!掃除機で取れない汚れがついてしまった場合や、定期的に見えない所まで汚れを落としたい場合にも効果的です。

今回は、

・重曹

・コロコロ

・セスキ

・クイックルワイパー

・スチームアイロン

を使って簡単に掃除する方法をご紹介していきます!

カーペットの掃除でおすすめの掃除道具その1:重曹

引用元:https://www.amazon.co.jp

まずは重曹を使った方法です。万能な重曹ですが、カーペットの汚れにも効果的でシミ抜きや臭い取りの効果もあります。

<掃除方法>

1.雑巾を濡らしてレンジで温める

2.ワイドハイター20mlに対し重曹大さじ1を混ぜる

3.汚れにかけて、雑巾でたたく

4.水をかけ、ふき取った後に水拭きする

以上です。これで頑固な油汚れは落ちるから簡単ですよね!臭い取りがしたい場合は、重曹をカーペットに撒きしばらくしてから掃除機で吸うだけなのでこちらも簡単に行う事ができます。

更に、重曹を水に溶かした重曹水を消臭剤代わりに使う事も出来るので、ストックしておくのはオススメです。

カーペットの掃除でおすすめの掃除道具その2:コロコロ

引用元:https://www.monotaro.com/

お次は掃除機と並ぶ鉄板商品のコロコロです。粘着テープが巻き付いていて、掃除機よりも手軽にいつでも気が向いた時にコロコロするだけで汚れを取ってくれるので、常備しておきたいですよね。

コロコロは、奥から手前に転がして掃除をしていくと二度手間にならず効果的に掃除する事ができます。

安価なものや剥がしにくい商品を選んでしまうとうまく転がらなかったり、歪んでしまった部分の汚れが取れない場合もあるので商品を選ぶときには注意してください。

カーペットの掃除でおすすめの掃除道具その3:セスキ

引用元:https://lohaco.jp/product/9827125/

お次はセスキです。セスキとはセスキ炭酸ソーダの事で、色々な掃除に利用できる便利アイテムです。

油や皮脂、タンパク質の汚れに強いので、目に見えにくい皮脂汚れなども落としてくれるんですよ!

<掃除方法>

1.水500mlに対して小さじ1のセスキ炭酸ソーダを混ぜておく。

2.セスキ水をスプレーに入れ、汚れた部分に噴きかける

3.雑巾でたたきながら汚れを落としていく

※こすってしまうと汚れが広がってしまうので注意してくださいね!

以上です。汚れてしまった場合は、早めに対処するのがオススメです。

カーペットの掃除でおすすめの掃除道具その4:クイックルワイパー

引用元:https://www.kao.com/jp/quickle/qkl_cloth_wetsheet_00.html

お次はクイックルワイパーです。フローリング汚れを取るイメージのあるクイックルワイパーですが、カーペットなど布製でも使える商品が販売されています。

皮脂や汗を浮かせて落とす作用と、髪の毛などのごみを絡めとる作りのウエットシートになっているので使いやすく、簡単にゴミを取る事ができます。

更に、消臭・除菌効果もあるので拭くだけですべてが網羅できますね♪忙しい人にはもってこいの商品なので、ストックしておくのもいいかもしれません。

カーペットの掃除でおすすめの掃除道具その5:スチームアイロン

引用元:https://item.rakuten.co.jp/coconial/fv253/

最後はスチームアイロンを使った方法です。こちらは、ダニの退治に効果的な方法になります。

60℃以上の高温に弱く死滅するダニの性質を利用して、スチームアイロンで死滅させた後にコロコロや掃除機をかけるのもオススメです。

用意するものはアイロン意外になく、カーペットから少し離してスチームアイロンをかけるだけなので簡単にケアできますね!

しかし、素材によっては熱で溶けてしまう物もあるので洗濯タグを確認してから利用、また近づけすぎないように注意してくださいね。

カーペットの掃除がしやすい方法に関する世間の反応

掃除機を使った基本的な掃除方法と、簡単に出来る掃除機を使わない方法をご紹介してきましたが実際にカーペットを掃除している世間の反応はどうなのでしょうか?


放置してしまうと汚れがどんどんたまっていってしまうカーペット、あえて白にして汚れを目立たせ、こまめに掃除する習慣をつけるのも良いかもしれませんね!

座る事もあって汚れていると衛生上も良くないので、日頃の掃除に加えて月1度は綺麗に掃除するように心がけてみるのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です