炭酸が抜けない方法は?キャップや蓋や栓などの100均でも買えるオススメのアイテムも

今回はスッキリする炭酸飲料を飲んだ後に、保存しておく場合炭酸が抜けないようにする方法を調査しました!開けた瞬間は美味しいけど、だんだんと炭酸が抜けてただ甘い飲み物になってしまった‥なんて経験はありませんか?

美味しい状態を保つために、炭酸がなぜ抜けるのかを知ってより良い保存方法で保存しておくだけでいつでも美味しい状態で飲めるようになるのです!

炭酸が抜けない方法は?

炭酸は、二酸化炭素の事で水に溶ける性質があるので、二酸化炭素が解けた水をいわゆる炭酸水と呼び、そこに味をつけたものが炭酸飲料です。炭酸飲料には疲労回復効果や満腹効果があるので、無糖だとダイエット効果もあり重宝されている飲み物ですよね!

今回は、炭酸が抜けてしまわないようにする基本のテクニック4つに合わせ、100均でも購入できる炭酸を抜けにくくするアイテムをご紹介していこうと思います!

炭酸が抜けてしまう理由は?

そもそも炭酸が抜けてしまうのは、二酸化炭素が水に溶けるとは言え完全にくっついているわけではなく分解されています。販売されている炭酸飲料は水を冷やし、圧力をかけて二酸化炭素を溶け込ませています。

密閉されている時は一緒にいる二酸化炭素と水も、蓋を開けて空気に触れると圧力がなくなるためどんどん大気中に放出されるため、炭酸が抜けてしまう事になるのです。

炭酸が抜けないようにする基本ポイント

炭酸が抜けてしまう理由を踏まえた上で保存する際に炭酸が抜けないようにするには、

・空気が入らないようにする

・逆向きで冷蔵庫に入れる

・小分けにして保存

が、基本のテクニックになります。それぞれを詳しくご紹介していきます!

炭酸が抜けないようにする基本ポイントその1:空気を入れない

まずは大気中に放出される炭酸を防ぐため、ペットボトル内に空気を入れない事が重要です。

開封後のペットボトル内は出来るだけ空気の少ない状態にするためにペットボトルを圧縮して保存しておくのがベストな方法です。

しかし、炭酸ガスの圧力でペットボトルが元に戻ってしまうようでは意味なくなってしまうので、適度につぶすのがポイントです。

炭酸が抜けないようにする基本ポイントその2:逆向きで保管

お次は逆向きで保管する事です。ペットボトルの蓋は、一度開けてしまうと完全に閉めるのはもう難しくなってしまいます。

出来るだけ空気に触れさせないようにするために、液体でキャップの付近は満たされ、ペットボトルの底に気体が位置するよになり炭酸が抜けてしまうのを防ぐ事が出来るようになります。

炭酸が抜けないようにする基本ポイントその3:小分けにして保存

お次は小分けにして保存する事です。大きいペットボトルの場合だと、それだけ空気に触れる面積が大きくなります。

そうなると炭酸が抜けてしまうスピードも早くなるので、大きいペットボトルを飲んだ後は小さいサイズに移し替えておくのもポイントです。

移し替える時に勢いよく注いでしまうと、その分また炭酸が抜けてしまうので注意してくださいね!

この基本テクニックを踏まえても、時間と共に抜けてしまうのが炭酸飲料です。そこで、簡単に手に入るアイテムを使って更に炭酸を抜けないようにする方法をご紹介していきます!

100均でも買えるアイテムで炭酸を抜けないようにする方法

今回ご紹介するのは市販で手に入る、炭酸を抜けにくくするアイテムです。そんなに頻度が高くなく使用するものなので、お安く買えたらいいですよね!そこで100円ショップで手に入るアイテムもあるので、オススメです!

・炭酸キーパー

・ソーダキャップ

・炭酸のがしま栓

の3つをお役立ちアイテムとしてご紹介していきます。

炭酸を抜けないようにする方アイテムその1:炭酸キーパー

引用元:https://www.amazon.co.jp/

まずはキャップです。ペットボトルの蓋では十分に密閉する事が出来ないので、専用の蓋に変えてしまうのも一つの手ですね。

そんな時に役立つアイテムは、「炭酸キーパー」と言う商品です。蓋をセットして締める前に、ついている丸い部分を押して空気を抜いていく商品です。

色のバリエーションもあり、見た目からも冷蔵庫に入れておいて可愛いですよね!

炭酸を抜けないようにする方アイテムその2:ソーダキャップ

引用元:https://item.rakuten.co.jp/tonguya/84616795/

お次もペットボトルのキャップを変える方法です。1つ350円ほどで売られており、カラフルなバリエーションが可愛いと好評のアイテムです。

こちらも1つめ同様、蓋の上部がシリコンになっておりそこを押すと中の空気が圧縮される仕組みになっています。

シリコンとペットボトルの繋ぎ目から空気が漏れてしまわないようにしっかり占めるのがポイントですよ!

炭酸を抜けないようにする方アイテムその3:炭酸のがしま栓

引用元:http://www.namakero.com

最後はザ・ダイソーで手に入るアイテムです。「炭酸のがしま栓」と言う炭酸飲料に特化したアイテムになります。

ペットボトルの蓋にセットして、ポンプを上下するだけで中の空気を圧縮してくれる優れもの!力も必要ないので、お子さんや女性でも簡単に使う事が出来ます。

類似商品も市販で売っていますが、1本500円以上する事もあるのでかなりお買い得ですよね!

炭酸が抜けないようにする方法に関する世間の反応

色々な種類やポイントをご紹介してきましたが、実際に使っている人や炭酸が抜けない方法を試している世間の反応はどうなのでしょうか?


ペットボトルをへこませたり、あらかじめ飲める分の炭酸飲料を買ったりと、色々な工夫が見られます。

100円で買えるアイテムをそろえておくのも、美味しく飲めるコツですね!最近は強炭酸も売っているので、逆に炭酸が少し抜けたくらいがいいと言う人もいるようです。

ダイエット効果もある炭酸水なので、是非取り入れてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です