ワインの開栓後の保存方法は?冷蔵庫や常温での保存期限と賞味期限は何日持つのかも

今回はワインを開栓した後に保存するにはどうするべきかを調査しました!良いワインを貰って開けた時などに残ってしまい、味が落ちるのはもったいない‥なんて経験はありませんか?

そんな時、質をなるべく落とさずに保存し次回も美味しく飲むための方法をご紹介していきます!

保存期間だけではなく、美味しく飲める目安の期間も一緒にご紹介していくのでその間にワインを楽しむようにしてくださいね♪

ワインの開栓後の保存方法は?

ワインは、ブドウを原料としたお酒でコルクで栓をしてあるものが多いので、保存方法は他のお酒とちょっと違って特殊ですよね。

ワインセラーをお持ちの方もいるかとは思いますが、そこまで頻度高く飲まない人は持っていない事がほとんど。ワインの味が変わってしまうのは、空気に触れ酸化する事によってです。

なので余ってしまったワインにコルクを閉めればいいだけではないのが厄介な所ですね。

ワインセラーが無くても出来る保存方法を知って、美味しく飲める環境を整えましょう♪

ワインの保存に良い環境は?

まずは、ワインの保存に良い環境からお伝えしていきます。ワインが劣化してしまうのは、

・温度が涼しく一定

・暗所である

・高湿度の環境

の条件が必要になってきます。更に、匂いが強い物の傍に置いたり振動が与えられる事によっても劣化が進んでしまうので注意が必要です。

そこで、開栓後の簡単に出来るワインの保存方法をご紹介していきます。

ワインの開栓後の保存方法その1:バキュバンを使う

引用元:https://www.biccamera.com/

まずはバキュバンというアイテムを使う方法です。バキュバンとはオランダのメーカーが出している空気を抜くグッズで、ネットや店頭でも購入する事ができます。

何度も使用でき、値段も2,000円前後なので持っていて損はないアイテムです。

キャップを閉め、ポンプを上下するだけで中を真空状態にしてくれる優秀なアイテムなので面倒な手間もありません!

バキュバンを使った場合は、何もしない時に比べて保存期間が2倍近く長くなると言われています。

ワインの開栓後の保存方法その2:真空容器に移し替える

引用元:https://item.rakuten.co.jp/sc-rkt/sh-5756/

お次は真空容器に移し替える方法です。ワインだけではなく、色々な液体に使えるので持っていると便利なアイテムです。

値段は1,500円以内で買えるものがほとんどで、洗えば何度でももちろん使えます。

真空状態にすると振動の心配もなく、少量づつ飲む事も出来るので1人暮らしやそこまでワインを飲まない人にもオススメです!

ワインの開栓後の保存方法その3:小さなビンへ移し替える

最後はビンに移し替える方法です。真空容器がすぐに手に入らない場合などにも有効です。

栄養ドリンクの瓶など、小さい瓶を利用して保存しておくだけです。フルボトルに比べて中の空気量が少ない為、劣化を防ぐ事が出来ます。

ポイントは小瓶のギリギリまでワインを詰めて空気を入れないようにすることです。

普段から、小瓶が出た場合には集めておくのもコストがかからず良いですね!

開栓後のワインの保存期限と賞味期限は?

ワインの保存方法についてはご紹介しましたが、保存期間はどのくらいになるのでしょうか?

ワインには、消費期限はありませんが賞味期限はもちろん存在しています。熟成されたワインなどもあるので、消費期限を示すのが難しい事から消費期限は設定されておりません。

未開栓のワインであれば、

  • 赤ワイン・・・5~10年
  • 軽めの白ワイン(ソービニヨンブランなど)・・・1~2年
  • コクがある白ワイン(樽熟成したシャルドネなど)・・・3~5年
  • ボジョレーヌーボー・・・解禁された年の年内

が飲み頃と言われていますが開栓後のワインの保存期間と賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

冷蔵庫に入れた場合と、常温の場合について調査してみました。

開栓後のワインの保存期限と賞味期限:冷蔵庫に入れた場合

まずは冷蔵庫に入れた場合の保存期間と賞味期限です。

美味しく飲める期間の限界は2か月ほどと言われています。ただし、限界なので確実に美味しく飲める期間は1週間ほどです。

開けた瞬間から劣化が進むので、冷蔵庫の野菜室に立てて保存しておくのがベストな保存方法と言われています。

開栓後のワインの保存期限と賞味期限:常温の場合

お次は常温の場合です。常温と言っても、温度が低く一定であれば冷蔵庫と同じような保存ができますが、温度差がある場合や暗所でない場所においておくと急速に劣化が進んでしまうのでオススメできません。

この場合、2~3日でかなり味は落ちてしまう事になります。

床下収納などがあれば常温保存でも構いませんが、くれぐれもキッチンの傍においておく‥などは味を落とす原因となります。

ワインの開栓後の保存方法に関する世間の反応

ワインの開栓後の保存方法に関してご紹介していきましたが、世間の反応も見ていきましょう!


ワイン好きの人であれば、劣化もすぐにわかってしまう物です。かと言って、美味しい物を我慢したくないですよね!

なるべく美味しい状態で飲む為にも、方法を知っておくのが便利です♪どうしても劣化してしまったワインを使って料理する事も出来るので、最後まで捨てないようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です