今回は庭の雑草対策について調査しました!いつの間にか生えてしまっていて、虫も増えてしまう雑草。何とかしたいですよね!

専用の芝刈り機などは普通の人ではなかなか持っていないものなので、簡単に庭の雑草対策が出来る方法をご紹介していきます。

また、殺風景な庭をオシャレに見せながら出来る対策方法もお伝えしていきますよ!

庭の雑草対策はどうしたらいい?

雑草が生えてきてしまうのは風などで舞ってきた雑草の元になる植物の種がいつの間にか根を張り、繁殖していきます。

雑草を生えなくするためには、根っこをきちんと処理する必要があります。まずは、どの対策をするにも雑草を抜く必要があるので、こちらは面倒臭がらずに丁寧に抜くようにしましょう!

その後で、出来る方法として

・水で固まる土を使う

・除草剤を撒く

・防草シートを敷く

・塩水を撒く

・レンガを敷く

の方法を詳しくご紹介していきます。

庭の雑草対策その1:水で固まる土

引用元:https://item.rakuten.co.jp

まずは水で固まる土を使う方法です。これはホームセンターなどでも売っている物で、土に水をかけるとコンクリートのように固まる便利アイテムになっています。

土とセメントが混ざっているので固まる仕様になっています。隙間なく敷き、水をかけると簡単に固まってくれるので便利ですよ!

また、平坦になるので敷いた後のお掃除も芝生などより楽になります。

ただし、

  • 水の配分を間違えると、カチカチになったり脆くなったり失敗する可能性がある
  • 強度はそこまで強くないので、人通りの多い場所や駐車場には不向き
  • 経年劣化をする可能性が高い
  • 大雨の際には水たまりができるので、施工時に水勾配を考える必要がある
  • 日陰になるところには苔が生えやすく、見た目にもよろしくない

というデメリットもあるので注意が必要です。

庭の雑草対策その2:除草剤を撒く

引用元:https://www.biccamera.com/bc/

お次は除草剤を使用した方法です。除草剤とは草を枯らす薬剤の事で、こちらもホームセンターに売っています。

薬剤なので健康に被害が?と思いがちですが、最近はペットや子供が庭に出ても安全な薬剤を使用した除草剤が売っているので、心配な人はそちらを使うようにしてください。

除草剤を庭に撒くと、5~7日で雑草が黄色く枯れ始めます。きちんとかければ根から枯れていくので、後は処理すればOKです。

しかし、あまりにも量が多い場合や根強いものは枯れるのに1か月以上かかってしまう場合があるので、すぐになんとかしたい場合には他の方法を選ぶのがいいでしょう。

庭の雑草対策その3:防草シートを敷く

引用元:https://www.bousou-sheet.com/

お次は防草シートです。除草剤のシート版ですね。日光を遮断し、水は通すので雑草を繁殖させないようにするための物です。

防草シートはほぼ100%雑草を生やさなくする効果がありますが、きちんと敷いておかないと隙間から雑草が繁殖してしまうので注意が必要です。

雑草は水と日光を浴びる事で成長していくのでしっかり庭のサイズを測り、日光が入らないよう隙間が出来ないようにするのがポイントです。

庭の雑草対策その4:塩水を撒く

引用元:http://blog.livedoor.jp/diet2channel/archives/50600084.html

お次は塩水を撒く方法です。除草剤と似たような効果を持つ塩水は、人体にも無害なので安全です。

効果は一定あるのですが、こちらの方法は

  • 塩が土壌をつたい住宅の基礎を侵食し、鉄筋コンクリートや配管などを腐食してしまう
  • 塩害によってその場所には二度と植物・作物が育たない土地になってしまう
  • 所有している土地の価値を下げてしまう
  • 雨水によって近隣の田畑にも影響を及ぼしてしまう

と、建物自体を傷めてしまう可能性があるのでオススメはできない方法になっています。

こちらは除草剤や防草シートがどうしてもない‥少量でいいので雑草を取る方法が知りたい‥などの場合のみ使うようにしましょう。

庭の雑草対策その5:砂利を敷く

最後は砂利を敷く方法です。加工された砕石や、天然砂利などホームセンターで売っているのでそちらを敷き詰めるだけの方法です。

5cmほどの厚みで敷き詰めると、日光を遮断する事により3~5年ほどは雑草が生えないと言われています。

土が見えてくると、雑草が生える元になってしまうので更に上から敷き詰めるのが良いです。

オシャレに見せながら雑草対策するには?

色々な雑草対策をご紹介していきましたが、同時に殺風景な庭をオシャレに見せながら対策する方法はあるのでしょうか?

防草シートやただ雑草を抜いて土だけにした状態だと、なんとなく寂しい庭になってしまいますよね。

そこで今回は、

・ウッドチップを使った方法

・タイルを使った方法

・レンガを使った方法

を詳しくご紹介していこうと思います!

オシャレに見せる雑草対策その1:ウッドチップ

引用元:https://www.sibazakura.jp/products/detail.php?product_id=97

まずはウッドチップを使った方法です。ウッドチップとは、木を細かくチップ状にしたものです。

ホームセンターやインターネットのショップで販売しています。原材料はヒノキや杉、桜の木などが主流で見た目もナチュラルで優しい雰囲気になります。

木なので保湿・保温効果もあり、10cmほどの厚みで敷くと防草効果も発揮できるのでオススメです。

砂利やタイルなどと違い、子供が転んでも痛くないクッション効果もあるのが嬉しいポイントですね!

オシャレに見せる雑草対策その2:タイルを使った方法

引用元:https://www.garden.ne.jp

お次はタイルを使った方法です。タイルで土を完全に覆う事により、半永久的に草が生えなくなります。

ホームセンターでは色々な種類のタイルが売られているので、自分の好みにあったお庭に仕上げる事が出来るのが嬉しいポイントですよね!

ただし、きちんと埋めるには難易度が高めなので、きちんと施工したい場合にはプロにお願いするのも方法の1つです。

オシャレに見せる雑草対策その3:レンガを使った方法

引用元:http://www.gg-gardens.com

最後はレンガを敷く方法です。こちらも防草シート同様、日光を土に当てないようにするための方法です。

レンガには厚みもあるので、しっかり土を埋める事ができますが庭のサイズをきちんと図り隙間なく埋めていかないと雑草がまた生えてしまう事になるので注意が必要です。

庭全体ではなく、一部だけをレンガで埋める、のであれば有効かもしれませんね!

庭の雑草対策に関する世間の反応

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js
雑草取りは体力を使う作業なので、なかなか乗り気になれないですよね。きれいなお花が咲いていればいいけど、なかなかそうは上手くいかないものです。

何度も雑草狩りをしなくて済む為にも、簡単に出来る方法で涼しいうちに対策しておくのがベストですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です