タンパク質で太る?太らないための適切な摂取量や不足や摂りすぎでの症状も紹介

今回は必要な栄養素でもあるタンパク質を摂ると太るのかを調査しました!本当にタンパク質を摂ると太るのか?また、その理由と太らないための方法も一緒にご紹介していきます♪

実はタンパク質を摂っても太らない場合もある⁉きちんと知る事によって、ダイエット中でもストレスフリーに過ごせるかもしれませんよ!

タンパク質を摂ると太るは本当?

タンパク質とは、筋肉や内蔵、皮膚など体を作る為に欠かせない栄養素なので摂らないといけない物ですね。お肉やお魚、卵、乳製品に多く含まれていて、アスリート等が飲んでいるプロテインも高タンパク質のドリンクで有名です。

しかし、タンパク質自体はそこまで太る直接の原因にはなりません。カロリーはもちろんありますが、原因は他にあるのです!

一体それは何なのでしょうか?

タンパク質で太ると言われる原因とは?

タンパク質で太ると言われている理由は、

・他の太りやすい物を一緒に食べている

・タンパク質の過剰摂取

が原因の事が多いようです。焼肉や定食でご飯をおかわりしていませんか?炭水化物には糖質が多く含まれていますし、筋肉をつける為にプロテインを飲んで他のタンパク質もがっつり摂る!のような生活をしていると当然過剰摂取によりカロリーオーバーの原因になります。

1日のタンパク質の摂取量は、体重1kgあたり1gが目安と言われているようです。これを目安にしていれば、実は全然問題ない栄養素なのです!

タンパク質を食べないと太る?

逆にタンパク質を食べないと太るという噂もあります。

タンパク質は体の組織を作る栄養素で、同時に筋肉も作ります。タンパク質不足になると筋肉量の低下で基礎代謝量が落ちてしまう為、いくら運動量を増やしても効果は出にくくなります。更に、ダイエットに成功しても筋肉量が無いとリバウンドしやすい身体になってしまうのです。

タンパク質で太らない為にはどうしたらいい?

摂りすぎも摂らなすぎも太る原因になってしまうタンパク質ですが、味方につけるとダイエット効果も発揮してくれるのがスゴイところ。

どうしたらタンパク質を摂っても太らないようになるのでしょうか?太らない為に気を付けるべき方法をご紹介していきます!

タンパク質で太らない為の方法その1:摂取量に気を付ける

まずは摂取量に気を付ける事です。先ほど、体重1kgに対して1gの摂取量とご紹介しましたが、主な食品のタンパク質の量を見ていきましょう。

・肉類(100gあたり)

鶏ささみ:23.0g

牛もも肉:21.2g

牛ロース:18.5g

・魚介類(100gあたり)

いわし:32.8g

いくら:32.6g

いか:24.1g

まぐろ:26.4g

・豆類(100gあたり)

きな粉:35.5g

納豆:16.5g

厚揚げ:10.7g

・乳製品・卵類(100gあたり)

プロセスチーズ:22.7g

卵黄:16.5g

低脂肪乳:3.8g

成人女性であれば50~60gほど必要になっていくので、うまく掛け合わせた食事にするのがオススメです。

タンパク質で太らない為の方法その2:他の栄養素に注目

タンパク質で太らないための方法のもう1つに、他の栄養素に注目する必要があります。

例えば、牛ロースはタンパク質が18.5g含まれていますが脂身の多いものはその分脂質も多いと言う事になるので、脂質オーバーになりかねません。鶏モモ肉も皮の部分に余分なカロリーが含まれているので削ぐなど、工夫が必要です。

タンパク質を摂りすぎると起こる症状は?

では、逆にタンパク質を摂りすぎる事による症状は何かあるのでしょうか?

タンパク質を摂りすぎてしまうと、カロリーオーバーだけではなく

・内臓疲労

・尿路結石のリスク

が現れる場合があります。なぜそうなってしまうのかをご紹介していきます!

タンパク質を摂りすぎると起こる症状その1:内臓疲労

タンパク質は体内で結合と分解を繰り返し、過剰なものは窒素になります。更に分解され必要のなくなったものはアンモニアとなり、尿として排出されるのですがタンパク質が多いとその分分解量が増え、肝臓や腎臓に負担をかける事になります。

そのため、内臓疲労を引き起こしてしまう可能性が高くなるのです!

タンパク質を摂りすぎると起こる症状その2:尿路結石のリスク

お次は尿路結石のリスクが高まってしまう可能性です。

尿路結石の原因のひとつに、動物性タンパク質の過剰摂取が挙げられています。動物性タンパク質の過剰摂取によりシュウ酸が増え、尿に含まれるカルシウムと結合することで石のような塊になってしまい排出がされにくくなってしまうのです。

タンパク質で太るに関する世間の反応

タンパク質も目安摂取量を守れば問題ない栄養素ですが、タンパク質で太る事に関しての世間の反応はどうなのでしょうか?

きちんとした摂取方法を知っていれば、身体が変化しても太らないようになれるのですね!女性の身体は変動しやすいので、知っていると体重計に乗るのも怖くなくなるかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です