コーヒーの飲み過ぎで起こる症状の原因と対処法は?体調不良を防ぐには何杯が適量?

さて今回はコーヒーの飲みすぎによる症状とその対処方法について調査しました!コーヒーの1日の適切な量はあるのか?また飲みすぎるとどんな体調不良や症状が現れるのかを調べてみます。毎日コーヒーを飲む人も多いので、気を付けたい事が山ほどありそうですね。

コーヒーの飲みすぎで健康にどんな症状が起こる?

コーヒーは元々、

・死亡リスクの減少

・目覚め効果

・整腸作用(デトックス効果)

と適正量飲んでいれば色々なメリットもありますが、飲みすぎで体調を崩している人も多いようです。

どんな物にも丁度良い量、はありますが、コーヒーの場合1日2~3杯と言う適正量を超えて飲み続けてしまうと身体にはどんな症状が起きるのでしょうか?

コーヒーの飲みすぎで腹痛や下痢が起こる?原因と対処法は?

コーヒーを飲んでトイレに行きたくなった‥と言う方も多くいるのではないでしょうか?コーヒーは利尿作用もあり、トイレが近くなるのでむくみにも効果的なのですが、実はカフェインの含有量とタンニンが関係して腹痛や下痢などの症状が出てしまう事もあります。

カフェインは胃酸を分泌させる効果があるので刺激されるのと、タンニンは腸の粘膜を収れんさせる効果があります。いずれも、過剰摂取すると刺激しすぎてしまう為腹痛を引き起こしてしまうのですね。

元々胃腸が弱い人はなおさら、

・ミルクを入れて粘膜を保護する

・カフェインレスのコーヒーを飲む

・一気飲みしない(特に空腹時は刺激を更に強く与えてしまう為控える)

などの工夫をし、コーヒータイムを楽しむのが良さそうです。

コーヒーの飲みすぎで頭痛が起こる?原因と対処法は?

お次はコーヒーの飲みすぎによる頭痛に関してです。頭痛が起こる原因は、カフェインの覚醒作用が脳にダメージを与えていると言われています。

カフェインは脳の血管を収縮させる効果があるので、飲んでいるときは何ともないがカフェイン効果がなくなった時の頭痛を引き起こすことがあるようです。

しかし、適正量を守っていればこの効果を逆手に摂って片頭痛や二日酔いを緩和させてくれる効果もあるんです!

健康な時から頭痛を引き起こさないためには、飲みすぎない事と拡張した血管をもとに戻す為頭を冷やし、完全に治るまでは温めない事で対処できます。

コーヒーの飲みすぎで吐き気が起こる?原因と対処法は?

お次はコーヒーの飲みすぎによる吐き気についてです。吐き気が起きる原因は、こちらもカフェインの過剰摂取による胃酸過多が原因と言われています。また、興奮作用があるカフェインの摂りすぎで自律神経のバランスが崩れて吐き気が起こってしまうとも言われています。

自律神経を整えるためにも、ゆっくりと深呼吸する事やストレッチをして体をほぐす、白湯を飲んで落ち着かせるなど、ゆったりとした生活をすることが重要です。また、胃酸過多により胃が荒れてしまっているのでその後刺激の強いものを食べるのは控えた方が良さそうですね。

コーヒーの飲みすぎで胃痛が起こる?原因と対処法は?

コーヒーの飲みすぎで起こる多い症状の1つに胃痛もあります。こちらもカフェインの過剰摂取により胃が荒れてしまう事で起こる症状です。

胃がキリキリしたり、胸やけの症状が出たら要注意です!胃が悲鳴を上げていると、下痢に繋がったり嘔吐してしまったりと辛い状態になってしまうので、早めに対処が必要です。

空腹時にはコーヒーを飲まないようにするほか、納豆を食べるのもいいとされています!納豆に含まれているムチンと言う成分が胃の粘膜を再生してくれる効果があるんです。びっくりですね!

コーヒーの飲みすぎでめまいが起こる?原因と対処法は?

コーヒーの飲みすぎでめまいが起こってしまう原因は、カフェイン過剰摂取により血管が拡張し心臓の動きも活発になるのでめまいや不整脈が起こりやすくなる事が原因です。

めまいが起こってしまうと、転倒の恐れがあるのでゆっくり楽な姿勢を取って深呼吸を繰り返し、体内の酸素濃度を上げる事が重要です。

また、めまいに効果のあるツボを押す事もいいという事です。

・かんこつ(完骨)
耳の後ろ側にある骨がふくらんでいる部分から、指1つ分そこから下にある
場所に位置しています。親指に頭重を預けるように刺激してください。
首筋も一緒にマッサージする事で効果アップの期待があります。

・えいふう
耳たぶの後ろ側の付け根部分に位置しています。親指の腹を使ってさすって刺激します。

コーヒーの飲みすぎで美容にどんな症状が起こる?

健康面でも過剰摂取は辛い症状を引き起こす事のあるコーヒーですが、実は美容面でも飲みすぎは問題があるのです。

本当であれば、美白効果やデトックス効果、脂肪燃焼により痩せる効果のあるコーヒーですがどんな症状が起こるのでしょうか?

関連記事:コーヒーは太る?朝(寝起き)や食後と寝る前や深夜での違いや太らない飲み方は?

コーヒーの飲みすぎで肌荒れが起こる?原因と対処法は?

肌荒れやニキビができてしまう原因は「カフェイン」にあり、チョコレートを食べるとニキビができると言われているのもここから来ています。

また、利尿作用のあるコーヒーはトイレの回数が増える事によってビタミンCを排出してしまうので美肌に必要な栄養素が排出されてしまいやすくなる、と言われています。

飲みすぎない他にビタミンCやミネラルの摂取を心掛け、コーヒータイムにチョコレートをプラス‥なんて最悪の組み合わせを続けないように心がけると良いですね!

コーヒーの飲みすぎでむくみが起こる?原因と対処法は?

利尿作用があるコーヒーでデトックス‥と思いがちですが、過剰摂取はトイレの回数が大幅に増える事から体が脱水症状であると勘違いし水分を体内に溜め込んでしまう為、むくみがおこってしまうと言われています。

むくみは体調不良につながるほか、綺麗な水分ではないためお肌にも悪いですよね。コーヒーを飲んだ分水も飲んだり、1回あたりのコーヒーの量を減らすなど工夫が必要です。

コーヒーの飲みすぎで抜け毛が起こる?原因と対処法は?

コーヒーの飲みすぎと一見関係ないような抜け毛ですが、「カフェイン」「タンニン」「クロロゲン酸」が鉄分の吸収を妨げてしまうのと共に髪の毛の成長に必要な「ケラチン」と「亜鉛」の吸収をコーヒーが邪魔してしまう事が原因です。

食後2時間は栄養を吸収する時間なのでコーヒーを飲まない、マッサージなどで頭の血行を良くして血のめぐりを良くする、など対策が必要ですね。また、サプリや食事に気を遣うのも大事です。

コーヒーの飲みすぎで起こる体調不良を防ぐには?

ホッと一息つけるコーヒーですが、飲みすぎにはいろんな弊害もありますね。

では、体調不良や美容面で被害を起こさない為にどんなコーヒーの飲み方をすればいいのでしょうか?

コーヒーの1日の適切な量は何杯?

ダイエットや美容効果もあると言われているコーヒーですが、「飲みすぎ」はどのくらいの量からを指しているのでしょうか?

日本では現状、適正量は定められていないようですが欧州食品安全機関によると、健康な成人の場合1日400mg未満で、1回の摂取量が200mg未満と定められています。コーヒーカップは1杯130~140mlなので、1日にすると3杯未満と言った所ですね。

マグカップになるとだいたい倍の量になってしまうので、1回の摂取量がオーバー気味になる可能性があります。

コーヒーを飲む時間に影響はある?

コーヒーにはカフェインとコルチゾールというストレスを緩和するホルモンを分泌する効果があり、その2つの効果が最大に発揮されるのも1日の中でタイミングが決まっています。

朝にコーヒーを飲みたい場合は9時半~11時半に飲む昼は午後1時か3時ごろ、遅くとも4時までに夜は眠りを妨げてしまう為控えるのがベストと言われています。

コーヒーの飲み方に影響はある?

時間だけでなく、飲み方にも注意が必要ですが、

・砂糖は入れすぎない

白砂糖の過剰摂取は血糖値の乱れを引き起こし、依存性も強めるので注意が必要です。

・コーヒーフレッシュは出来るだけ使わない

ミルクと間違えがちですが色を付けた油なので、1日に2~3個使っている人は要注意です。

できるだけ、ブラックコーヒーもしくは牛乳入りの無糖コーヒーにするなど健康の為に工夫するのが良いですね。

コーヒーの飲みすぎで起こる症状に関する世間の反応

では、コーヒーの飲みすぎで実際に体調不良を起こした人は居るのでしょうか?世間の反応をチェックしてみます!


健康被害が出ても飲んでしまう人もいるくらい カフェインは依存性もあるので、注意して健康促進の為にコーヒーを飲むようにするのが良いですね!ブレイクタイムも大事なので、気を付けて毎日を楽しみましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です