コーヒーは太る?朝(寝起き)や食後と寝る前や深夜での違いや太らない飲み方は?

今回はリフレッシュにも欠かせないコーヒーについて調査しました!

一見ダイエットにも良さそうなコーヒーですが、飲むと太ってしまうというのは本当なのか?

飲み方やいつ飲むかによっても太る・太らないの差が出てしまうのか?

コーヒーブレイクという言葉もあるくらい生活に欠かせない人も多いコーヒー、飲み方を知って太らない生活にしたいですね!

コーヒーが太るって本当?

コーヒーの成分は「カフェイン」とポリフェノールの「クロロゲン酸」で出来ています。

ブラックコーヒーがダイエットに効く、と言われているのは、このクロロゲン酸が脂肪燃焼効果がある為なんですね!

カフェインには血行促進や利尿作用もあるので、体内の余分なものが排出されていくのも特徴。

なので、ブラックコーヒーは本当に太らないのです!実際に、カロリーも8kcalくらいと安心♪

しかし、もちろんブラックコーヒー以外になると話は変わってきます。

砂糖やミルクなど、美味しいけどもちろんその分カロリーはUPしていくので、「太る」と言う意見も出ているのですね。

では飲み方別にも調べてみます!

微糖のコーヒーは太る?

まずは微糖のコーヒーです。苦いのが苦手な人は、スティックシュガーを入れたりしていますがこのスティックシュガー1本入れるだけでカロリーは約30kcalまで増えてしまうのです!

自動販売機などで売られている微糖のコーヒーでも比べてみましょう。

・アサヒ飲料(ワンダ)

金の微糖 (185g:33.3kcal)

・日本コカ・コーラ(ジョージア)

エメラルドマウンテンブレンド キレの微糖 (190g:32.3kcal)

・サントリー(ボス)

贅沢微糖 (185g:33.3kcal)

・キリン(ファイア)

挽きたて微糖 (185g:31.5kcal)

たった1本の砂糖だけでも、ブラックコーヒーに比べると毎日+30kcalは大きいですよね。

コーヒー牛乳は太る?

お次はコーヒー牛乳です。コーヒー牛乳のカロリーは約112kcalとさすが高カロリーですね。しかし、コーヒー牛乳は高脂質でその分満腹感を得られやすいので、ダイエットに成功した人もいるようです。

糖質は200mlあたり15gとそこまで高いわけではないので、カロリーの高い食べ物の前に飲んで満腹感を得ておくといいのかもしれませんね!

豆乳を入れたコーヒーは太る?

では牛乳よりヘルシーと言われている豆乳はどうなのでしょうか?

豆乳のカロリーは調整豆乳100mlで約50kcalなので、牛乳よりはカロリーが低い事が分かります。

しかし、売られている豆乳コーヒーにはいろいろな味があり、もちろん味が変わると調整・無調整豆乳よりはカロリーがあがります。

コーヒーにフレッシュを入れたら太る?

ではコーヒーの鉄板のコーヒーフレッシュはどうでしょうか?カロリーは1つ12~16kcalです。

しかし、そもそもコーヒーフレッシュは乳製品ではなく、油に水を混ぜて白く色を付けたものなんだそう。

要するに、油なんですね。カロリー自体がそこまでおおきな影響を与える事は考えにくいですが、身体には良くないとされているので摂りすぎには注意が必要そうです。

バターをコーヒーに入れたら太る?

コクが出ておいしいバターコーヒーはどのくらいなのでしょうか?

無塩バターの大さじ1杯のカロリーは114kcalと、かなりの高カロリー食品です。もちろんおいしくはなりますが、コーヒー1杯に114kcalを費やすのはちょっと気が引けてしまいますね。

さらに砂糖を追加するとその分またカロリーはあがるので要注意です。

ココナッツオイルをコーヒーに入れると太る?

身体にいいとされているココナッツオイルはどうなのでしょうか?

バターと同じく、ココナッツオイルも大さじ1杯で約111kcalあります。

しかし普通の油に比べて、整腸作用や分解が早くエネルギーになりやすい事から脂肪を燃やしやすくする身体にしてくれる効果があるんです。

コーヒーの成分も脂肪を蓄えにくくする効果があるので、相乗効果が見込めてダイエットには良いとされているのです。

しかし、カロリーはあるので1日1杯くらいにしておくのがいいでしょうね。

コーヒーの太る飲み方はある?

合わせるものによってもカロリーが大きく変わるコーヒーですが、飲み方によっても太る・太らないは変わるのでしょうか?

朝・食後・寝る前・深夜を比べてみました!また、毎日コーヒーを飲む人もダイエットへの影響があるのかも調査してみます!

朝のコーヒーは太る?

目覚める効果もあるカフェインですが、朝一のコーヒーは身体が水分を欲している状態なので、胃を荒らしてしまうのと合わせてコルチゾールホルモンというホルモン分泌を妨げてしまいカフェインへの依存性が強まるとされています。

ダイエットには直接関係はありませんが、健康面からして朝一のコーヒーは良くないとされています。

しかし、朝食後午前9時半~11時はコルチゾールホルモンの分泌が弱まってくるので、飲む時間としてはベストであるようです。

食後のコーヒーは太る?

食後のコーヒーは脂肪分解作用や美容効果、更にはダイエット効果も見られるので一番オススメの飲む時間帯です。

逆に食前に飲むのも満腹効果がありますが、寝起き同様空腹時は胃が荒れてしまう恐れがあるのであまりオススメはできません。

寝る前のコーヒーは太る?

目覚まし効果があるカフェインの効果は4~5時間効果が持続すると言われている為、寝る前にコーヒーを飲んでしまうと寝付きが悪くなり質の悪い睡眠になってしまいます。質の悪い睡眠だと身体がしっかり休まらない為ダイエットにも悪影響で、お肌にも良くないので控えた方が良いですね。

深夜にコーヒーを飲むと太る?

深夜も寝る前同様、カフェインの効果が必要ない時間帯なのでオススメしません。徹夜で仕方なく目覚ましに‥という方もいるでしょうが、健康面的にはアウトです。しっかり寝て、しっかり動くのが1番と言う事ですね。

更に、ブラックコーヒーならまだしもホッと一息‥で砂糖入りのコーヒーを飲んだら努力も水の泡になってしまいます。

毎日コーヒーを飲んだら太る?

毎日コーヒーを飲んでも、ブラックコーヒーであれば問題はありません。しかし、カフェイン依存症を防ぐためにも1日の摂取量はコーヒー3杯までにとどめた方がいいとされています。

コーヒーを1日2杯飲む人は、飲まない人に比べてシミが少ない、という報告も上がっているほど、適切な量を飲んでいれば逆に良い事もあるのですね!しかし、砂糖入りやミルク入りはたまににしておくといいと思います。

コーヒーの太る噂 番外編

気を付けた方がいい事もあるコーヒーですが、その他にも太るとされているコーヒーの飲み方の真相を調べてみました!

色々言われている事の真実を知って、コーヒーブレイクも楽しみたいですね♪

O型がコーヒーを飲むと太る?

血液型によっても痩せる食べ物・飲み物があるのはご存知でしたか?O型は狩猟民族が発祥の血液型なので肉を食べても太りにくいと言われています。

そして、コーヒーはもともと胃酸が多いO型には胃酸を増やす作用があるコーヒーは合わず、消化を妨げてしまう恐れがあります。

消化不良になると身体に余分なものを溜め込みやすいので、コーヒーはダイエットの妨げになってしまうのですね。

タバコとコーヒーを飲むと太る?

飲みすぎなければいいとされているコーヒーですが、たばこは「百害あって一利なし」と言われるほど健康には良くないものです。

タバコとコーヒーを飲んでいると太りにくいと言われていますが、タバコはニコチンが食欲を抑えたり、腸の働きを上げる作用がある事から無理やり刺激を与えているだけで、痩せた!というのも錯覚ですね。

コーヒーも、タバコも依存性があるものなので健康・美容の為にはやめておいた方が良さそうですね。

コーヒーをやめると太る?

コーヒーを飲みすぎていると、胃酸が分泌され消化吸収率があがります。

その結果、少量の食事でもエネルギーをたくさん吸収できる身体になってしまうので少し食べただけでも太ってしまう身体に変化してしまうのです。

1日1~2杯であれば問題ないとされていますが、コーヒーをやめて太った、という人は飲みすぎが原因で胃酸過多の状態になってしまっているのですね。

紙コップのコーヒーは太る?

コンビニや自動販売機でも売っている紙コップのコーヒーですが、ビスフェノールAという耐水・防水コーティング剤が使われている事が多くこのビスフェノールAがインスリンの分泌を狂わせてしまう、と言われています。

インスリンは血糖値を調整してくれる効果があるので、これがくるってしまうと生活習慣病や肥満につながるとされています。

特に、子供は摂取量も大人に比べて少量で影響が出てしまうので注意です。

コーヒーが太るという事に対する世間の反応

本来はダイエットにも良く美肌になれるコーヒーですが合わせる物、飲み方、飲む時間によっては効果が減少してしまうのですね!コーヒーが太ると言う事に対して世間の反応はどうなのでしょうか?


やはりストレス解消や息抜きで砂糖入りコーヒーを飲みたくなってしまう人は多いですね。女性なら特に欲するのではないでしょうか?大手のコーヒーショップもなかなか高カロリーのコーヒーを販売しているので、誘惑が多いですが健康・美容の為にもたまにのご褒美にとっておけるよう、日ごろからは気をつけていきたい所です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です