お中元はいつからいつまで?贈る時期を地域ごとの期間と共に解説

親しいかたや、お世話になったかたへ、日頃の感謝の気持ちを込めて送るお中元。

社会人になり、「今年はお中元を贈ってみよう!」と考えている人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、ひとことにお中元といっても、いつ、どのようなものを贈ればいいか曖昧ではないですか?

意外と誰も教えてくれないお中元のマナー。

 

そこでここでは、初めてお中元を送ろうと考えている人のために、いざという時に焦らないお中元の贈る時期やおすすめの品物を、地域ごとにご紹介していきます!

 

お中元はいつからいつまで?地域ごとの適切な時期

では、お中元はいつからいつまでに贈ればいいのでしょうか?

結論から述べると、お中元は一般的に7月はじめから7月15日頃までに贈ることが統一されつつあります。

 

しかし最近では、お中元も早割りでお得に購入できることが多くなっており、最近では全国的に6月下旬に送る人も見られ、年々早まりつつある傾向にあるようです。

確かに考えてみると、百貨店では6月に入るとすでにお中元商戦が始まっていますよね。

 

これは一般的なお中元の時期の話ですが、実は地域によっても、時期の違いがあるのをご存知ですか?大きく分けると、関東と関西で、お中元の時期が異なるのです。

 

・関東:7月初旬~7月中旬(7月1日頃~7月15日頃)

・関西:7月下旬~8月中旬(7月15日頃~8月15日頃)

 

関東と関西で、結構な時期の幅がありますよね。

そこでここでは、大人として恥をかかないように、地域ごとの詳しいお中元の時期と、おすすめの商品をご紹介します!

 

お中元はいつ?北海道地方の適切な時期

まずご紹介するのが、北海道のお中元の時期。

北海道のお中元は、7月15日~8月15日までに済ませるのが一般的とされています。

しかしこの時期は年々早まっているようなので、もし迷った時は、関東の時期と重なる7月15日を目安に贈れば問題ありません。

 

そして、せっかく北海道からお中元を贈るのであれば、北海道自慢の品を感謝を込めて贈りたいですよね!そこで、北海道おすすめのお中元の品をご紹介します。

 

北海道といえば、新鮮な海の幸ももちろん人気ですが、この時期しか食べられない旬の果物も忘れてはいけません。

 

その中でもオススメしたいのが、ブランド化もされている“夕張メロン”です。

ジュワッと溢れ出る果汁と、ジューシーな果肉は、夕張メロンだからこそ味わえる食感。

 

夏にぴったりの夕張メロンは、贈られた人に喜ばれること間違いなしです!

また、果物は生物のため、贈る前に“送り状”を送っておくと相手先に失礼にならないので覚えておくと便利です。

 

⇛夕張メロンの楽天での人気商品はこちら

お中元はいつ?東北地方の適切な時期

続いてご紹介するのは、東北地方のお中元の時期です。

東北地方のお中元は、7月1日~7月15日までに済ませるのが一般的とされています。

 

これは先ほどご紹介した関東地方の時期と同じで、関西地方より少し早いですが、もし過ぎてしまっても焦る必要はありません。

8月7日頃の、いわゆる立秋までは“暑中見舞い”、それ以上過ぎてしまった場合は“残暑見舞い”として贈ることができます。

 

それではここで、東北地方おすすめのお中元の品をご紹介します。

https://goo.gl/images/oMU7N7

オススメするのは、東北は宮城県仙台が誇る、“阿部の笹かまぼこ”です。

魚の旨味がしっかりする、本物の笹かまぼこの味。300通りのレシピから、職人が研究に研究を重ねやっとたどり着いた、

シンプルで飽きのこないこのかまぼこは、おやつにもお酒のおつまみにも喜ばれます!

 

 

 

お中元はいつ?関東地方の適切な時期

続いてご紹介するのは、関東地方のお中元の時期です。

関東地方のお中元は、冒頭でもご紹介した通り、7月1日~7月15日までに済ませるのが一般的とされています。

しかし最近ではこの時期が年々早くなっているため、もし混雑などを避けたいようでしたら、6月20日過ぎくらいに送っても、失礼にはならないようです。

 

それではここで、東北地方おすすめのお中元の品をご紹介します。

よおすすめするのは、関東から神奈川県横須賀市で作られている“よこすか海軍カレー”です。

こちらは、大日本帝国海軍が軍人の健康維持のために、イギリス海軍が食べていたカレーパウダー入りのビーフシチューを参考に誕生したカレーライスで、ご当地カレーとして人気となっています。

 

レトルトなので夏には保存もきくありがたいギフトです!

お中元はいつ?中部地方の適切な時期

続いてご紹介するのは、中部地方のお中元の時期です。

中部地方のお中元は、7月1日~7月15日までに済ませるのが一般的とされていますが、場所によっては7月15日~8月15日のところもあります。

その場所の違いとして、都市部の金沢の一部などは、関東と同じ7月1日~7月15日に送りますが、能登などでは7月15日~8月15日が一般的とされているようです。

迷った方は、関東の時期と重なる7月15日を目安に贈れば問題ありません。

 

それではここで、東北地方おすすめのお中元の品をご紹介します。

ここでご紹介するのは、中部地方から、静岡県浜松市で作られている、“三ケ日牛コンビーフ瓶詰め”です。

三ヶ日牛みかんで有名な、三ヶ日地区で飼育された上質な牛肉を使い、オランダで金賞を取ったソーセージマイスターが作る、間違いない一品です。

 

 

 

お中元はいつ?近畿地方の適切な時期

続いてご紹介するのは、近畿地方のお中元の時期です。

近畿地方のお中元は、冒頭でもご紹介した通り、7月15日~8月15日までに済ませるのが一般的とされていますが、やはりこちらも最近は早くなって来ているようで、大手百貨店などで手配をしてもらうと、7月1日頃を目安に順次配送することが多くなってきているようです。

 

それではここで、近畿地方おすすめのお中元の品をご紹介します。

ここでご紹介するのは、近畿地方から、兵庫県明石市で作られている、“明石鯛の灰干し”です。

魚の美味しい場所として有名な明石で採れた、身の引き締まった鯛を、熟練された職人が鮮度を落とさずに炭干しに加工した商品です。

 

冷凍保存ができるのも嬉しいポイントです!

 

⇛鯛の干物の検索結果はこちら

 

お中元はいつ?中国地方の適切な時期

続いてご紹介するのは、中国地方のお中元の時期です。

中国地方のお中元は、7月15日~8月15日までに済ませるのが一般的とされていますが、中国地方でも、贈る時期は年々早まる傾向にあるようです。

上記の期間を過ぎると、8月16日から9月上旬までは残暑見舞いになるのでご注意ください。

 

それではここで、中国地方おすすめのお中元の品をご紹介します。

ここでご紹介するのは、中国地方から、広島県海域で採れる、“広島県産牡蠣むき身”です。

生産量日本一の広島県産ブランドのこちらの牡蠣は、大振りで栄養満点!濃厚でクリーミーな味わいを堪能でき、フライ・鍋・ソテー・アヒージョと、さまざまな調理方法で楽しめます。

一般にはなかなか出回らないという超特大サイズの牡蠣を、是非お中元で贈ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

お中元はいつ?四国地方の適切な時期

続いてご紹介するのは、四国地方のお中元の時期です。

四国地方のお中元は、中国地方と同じで7月15日~8月15日までに済ませるのが一般的とされていますが、贈る時期は年々早まる傾向にあるようです。

また、残暑見舞いの時期も8月16日から9月上旬までと一緒ですが、このあたりの地方のかたは暑い時期が長いため、あえて9月上旬に贈る人もいるようです。

 

それではここで、四国地方おすすめのお中元の品をご紹介します。

ここでご紹介するのは、四国地方から、高知県山北地区で収穫できる、“山北みかん”です。

このみかんは、“とさのおひさま”と呼ばれており、地元消費の割合が高過ぎて、なかなか出回らない幻のみかんと言われるほど地元の人に愛されているみかんです。

まろやかで甘く濃い果汁に、奥行きのある旨味の果肉は、子供から大人まで喜ぶギフトにふさわしいですね!

 

 

お中元はいつ?九州・沖縄の適切な時期

最後にご紹介するのは、九州・沖縄のお中元の時期です。

まず九州地方のお中元は、全国の中で最も遅い8月1日~8月15日が、一般的な時期とされています。他の地域と違うので、注意しましょう。

では、沖縄県のお中元の時期はいつなのでしょうか?実は、沖縄県のお中元の時期は、行事を旧暦を基準にして行なっているため、年によって違うのです!

マナーとしては、お盆までに贈れば問題はないですが、その年の沖縄県のお盆がいつなのかを下調べしておくといいかもしれません。

 

それではここで、九州地方おすすめのお中元の品をご紹介します。

 

ここでご紹介するのは、九州地方から、佐賀県伊万里市で作られている、“骨太有明鶏使用 山ん鶏セット”です。

国際的な食肉加工職人の大会で数々の金賞受賞経験があり、燻製歴20年の経験を持つ燻製マイスターが仕上げた骨太有明鶏は絶品!ローストチキン、スモークチキン、ソーセージと盛りだくさんで、ビールのおつまみにも喜ばれます!

ここでご紹介するのは、沖縄県から、知る人ぞ知る最高級の黒毛和牛である“石垣牛”です。

脂はあっさりとしていて、赤みとバランスよく混じり合う石垣牛は、すき焼きからしゃぶしゃぶまで、どんな料理に使っても、その旨味が負けることはありません。

普段自分では買わないからこそ、お中元としては驚かれること間違いなしです!

 

 

 

お中元はいつまで送って良いの?

ここまで、地域ごとの詳しいお中元の期間をご紹介してきましたが、ここで残っているのが、「じゃあお中元って、一体いつまで送っていいの?」という疑問。

 

もちろん人間ですから、上記でご紹介したお中元の時期内に送るのを忘れてしまった!ということはあり得る話です。

そこでここでは、お中元の時期内に贈れなかった場合の方法をご紹介します。

 

まず、関東の一般的な時期の7月1日頃~7月15日頃に送り損ねてしまった場合は、少なくとも7月中に贈れば問題はありません。

 

もし8月に入ってしまった場合は、遅くなった謝りの一言を添えて贈るのがおすすめです。

また、8月の初旬からお盆までの時期に送る場合は“暑中見舞い”とし、物や手紙を送るのがマナーとなっています。

 

さらにお盆を過ぎてしまった場合には、“残暑見舞い”として物や手紙を贈りましょう。

 

お中元を贈る際は、時期を守りましょう!

いかかだったでしょうか?いざ自分が社会人になってお中元を送ろうと思っても、その時期や何を選んだらいいのかわからないことばかり。

しかしやはり、お世話になったかたへのお礼としてお中元を贈るのは、大人としての身だしなみでもあります。

 

しっかりとお中元のマナーを守り、異なる地域に贈る場合はしっかりその地域の時期を調べたりして、相手先に失礼のないように心がけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です