小田求容疑者の千葉市議時代の顔画像は?経歴や年収と議員を辞めた理由に現在の職業も

千葉県の飲食店で起きた痛ましい殺傷事件の容疑者である、

小田求容疑者について話題になっています。

 

今回、事件を起こした犯人である小田求容疑者は、なんと元市議会議員。

《元》であるとはいえ、権力と責任感のあるべき職業に着いていた小田求容疑者が、

なぜこんな意味のわからない痛ましい事件を起こしてしまったのか。。

 

今回は小田求容疑者の千葉市議会議員時代の顔画像、経歴や議員を辞めた理由、

その後から現在までに就いていた職業について調査してきました。

小田求容疑者の千葉市議時代の顔画像は?

小田求容疑者の顔画像ですが、現在と市議会議員時代ではかなりの

差があり、パッと見で何も言われずに見せられた時には同一人物で

あるのかさえもわからないような状況です。

その顔画像がこちら。

わかるとは思いますが、左側が現在の容疑者としての小田求容疑者の顔画像で、

右が市議会議員時代の顔画像になります。

市議会議員時代の画像は明らかに好青年でイケメンでさえあるという印象です。

ちなみに市議会議員時代の画像は9年前、37歳ごろの画像になります。

小田求容疑者の市議会議員〜現在に至るまでの経歴は?

まず、小田求容疑者の学歴から紹介していきます。

小田求容疑者の卒業した大学は、桐朋学園大学の音楽学部。

東京都にある私立の大学で授業の素晴らしさに定評のある有名な大学です。

卒業後は、バリトン・オペラ歌手として音楽活動に専念していたようで、

市議会議員として出馬して、当選を果たしていたという事から当時はかなり人望も厚い人物であったのではないかという推測もできます。

当時の趣味は、プロフィールによると料理、スカッシュ、育児書読書

バリトン・オペラ歌手として活躍する中、小田求容疑者は、

平成21年10月の千葉市議補選に民主党から出馬して初当選を果たします。

民主党から出馬した小田求容疑者ですが、初当選後の1年後に民主党を離脱、無所属に変わります。

理由は、「(21年9月に誕生した)民主党政権を受け入れることができない」という事であったそう。

当時のtwitterのつぶやきを見る限り、育児の支援に対する積極的な姿勢も見せていて、

とても今回の悲惨な事件を起こした人物と同一人物であるという事が想像できません。。

下記は、小田求容疑者の市議会議員時代のインタビュー動画です。

市議会議員として、2期務めた小田求容疑者ですが議員を辞めざるを得なかった理由は、

2期目途中の25年3月に自身の父親をスチール製の棒で殴り、左腕などに全治3週間の打撲を負わせたとして傷害容疑で逮捕された事にあるそうです。

 

輝かしい経歴からそこまで転落してしまった詳細は明らかではありませんが、

無所属の議員は、選挙資金も無く、比例復活や政見放送も無い等、とても精神的に辛い現状がある事から、

市議会議員としての自分の理想と現実の現状に精神的な面で心を病んでしまっていたのかもしれません。

→[PR]まんがでわかる隣のサイコパス [ 名越康文 ]

逮捕後は起訴猶予になったそうですが、その後今回の悲惨な事件を起こします。

逮捕後は報道で無職と報じられている事、現在の悲惨な見た目から引きこもりの状況にあったのではないかと予想できます。

小田求容疑者に対する世間の反応

最後に小田求容疑者の世間の反応について、調べてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です