アロマディフューザーでペットが死亡する原因は?症状と注意を解説

ツイッターを見ていたら
最愛の家族(ペット)であるインコ
アロマディフューザーで死亡させてしまった。と
悲しいツイートとともに
他にインコや猫を飼っている
飼い主さんへ、同じことが繰り返されないよう
情報の発信をしていました。

今回はアロマディフューザー
ペットが亡くなる原因と症状や
アロマディフューザーの他にも
同じニオイを発するもので
注意しなければいけないことがあるのか?
まとめてみました!!

アロマでペットが死亡する原因はなに?症状も

アロマディフューザーを
皆さん何気なく
加湿器やインテリアとして
使っている方も多いと思います。

悲しい出来事のあった
インコの死因は
アロマディフューザーの『アロマ』でした。

なんのアロマディフューザーを使用していたか
不明ですが、
たっぷりミストでお部屋に香りを届け
人間に癒やしを与えてくれるもの。

犬は大丈夫だけど、
天然アロマ』は
インコに限らず、にも中毒を引き起こす
可能性があるのですね・・・。

インコなどの鳥類は
呼吸器系が敏感で非常に弱く
アロマの植物の持つ特有の香気成分』や
揮発する油』が少量でも猛毒になってしまうのですね。

匂いのキツイ、ボディークリーム
インコが衰弱するケースもあるのだとか!

鳥類はこんなにデリケートだったと
私も初めて知りました!

猫にとっては犬と違って
肝臓の代謝が異なり植物から抽出した精油の成分』を
うまく代謝できずに中毒症状を起こしてしまうと考えられます。

症状としまして
よだれ、嘔吐、下痢、目をショボショボさせる、
涙を流す、皮膚の腫れ、痒み、発疹などがあると言われています。

ペットにとってのアロマディフューザーの注意点は?

匂いを発するものがよくないとのことなので、
スティック状の芳香剤
勝手に自動で時間にごとに出てくる
霧吹きタイプの芳香剤もダメってことですよね。

あと、マニキュアもペットにとっては
有害です。

確かに、除光液の匂いも
人間がキツイ!と思うなら
ペットの嗅覚は倍もいいので、もっとつらいです。
マニキュアや除光液に含まれる『揮発成分』は
ペットの脳に中毒を作用するので危険だそうです。

なるべく、
換気ペットのいない空間をおすすめします。

今回のことを知り
部屋の空間もペットのニオイを気にせず
快適に過ごしたい!
でも
大事な家族(家族)に影響が出るのもいや!
と思ってる方もいるかと思います。

部屋の匂いを解決してくれる
商品を探したところ、こんなものがありました!

ペット(動物)や鳥、人間といった脊椎動物には
全くの無害で安全な脱臭剤です。
ぺっとに触れたり
かかっても大丈夫なので安心ですよね!

提供元:https://item.rakuten.co.jp/kohitaseroi/966318/

ペット以外の気になる匂いにも
実用的にも使用でできます^^

半信半疑で試してみるのも
いいかもしれませんね!

是非、チェックしてみてください^^

まとめ

今回の記事をツイッターで知り
情報の拡大していますが、
ペットを飼っていて知らなかった!!
という人が結構いるみたいですね。

知らぬ間に飼い主の行いが
ペットの寿命を縮めていたのかもしれないと
考えると恐ろしいです。

改めて、多くの方に
アロマディフューザーのペットに対する
危険性が伝わればなと思います!

最後で読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です