日本代表のポーランド戦のスタメンは?先発の選手やキーパー川島は出るのか

日本代表のワールドカップグループHの第3節がいよいよ明日に迫ってきました。

最終戦がポーランド戦となる訳ですが、決勝トーナメントを考えるとスタメンを変更しなければいけない可能性もあります。

そこで、今回はスタメンはどうなるのか?川島の出場と共に考察してみました。

日本代表のポーランド戦のスタメンは?先発選手を予想!

引用元:フットボールチャンネル

第1戦でコロンビアに対し非常にうまく戦うことが出来たこともあり、うまくいったメンバーは変えないというのが定石であるサッカーでは、セネガル戦でも同じスタメンが起用されました。

前半はスタメンで戦いきり、後半で選手交代を3人行ったのが1試合目と2試合目の戦い方でした。

日本 対 コロンビア
香川OUT → 本田IN
柴崎OUT → 山口IN
大迫OUT → 岡崎IN

 

日本 対 セネガル
香川OUT → 本田IN
原口OUT → 岡崎IN
 乾 OUT → 宇佐美IN

コロンビア戦とセネガル戦での日本の戦い方の違いと選手の役割

両試合とも共通しているのは香川に変えて本田を投入しているということですが、1試合目と2試合目で明らかに違うのが、まず柴崎が抜けていることです。

柴崎が担う役割は中盤のポジションで試合を組み立てること、つまりチームの心臓の役割を担う超重要なポジションであり、柴崎は攻撃型の組み立てが出来る才能を持っています。

つまり、攻める組み立てが非常にうまいのです。

2試合目で交代しなかったのは、セネガルに勝機があったので攻め続ける姿勢があったからで、攻撃に更に勢いを付けるために宇佐美が投入されました。

1試合目では、日本が勝っていたので守備型の中盤である山口蛍が入れられたということになります。

日本のポーランド戦でのスタメンは?

では、攻撃型と守備型があることがわかったところで、今回のスタメンに関して触れていきたいのですが、まず大前提として日本は引き分け以上で予選突破が確定します。

ですが、負ければコロンビア対セネガルの一戦の結果次第になりますし、チームの雰囲気も良いことから勝ちに行くと思います。

そうなると、まずはいつも通りのスタメンで固められると思いますので、冒頭で見て頂いたスタメンになると予想出来ます。

引用元:フットボールチャンネル

ただし、これまで試合と1つだけ違うのは予選突破をした後に、2位通過の場合は中4日の7月2日に試合があり、1位通過の場合は中5日の7月3日に決勝トーナメントの第1戦が行われます。

↓↓日本が決勝トーナメントで対戦する国に関してはこちら↓↓

<<日本代表の決勝トーナメントの対戦国の相手は?1位通過と2位の場合の初戦の組み合わせ>>

決勝トーナメントは更なる強豪国と当たる訳なので、選手の疲れをとる為にも特に攻めの選手に関しては交代をしたいのです・・・

だから2試合目で決めていれば、控え選手を主力としてポーランド戦に挑めるのでどうしても勝ちたかった試合だった訳です。

攻めなければ行けない・・・でも選手を休ませたい・・・という思考が入り交じるので西野監督の采配に注目されているのです。

いつもどおりのスタメンで試合を進め、点数に加えて試合の流れも優勢だとした場合には、確実に前線の選手を入れ替え

原口元気 → 武藤嘉紀
長谷部誠 → 山口蛍
柴崎岳 → 大島 僚太

というように守備型の配置に変化するんじゃないかなと予想出来ます。

また、もしもいつも通りのスタメンではない場合は、まずは大迫や乾あたりの攻撃の起点となる選手を温存する可能性も高く、その場合は岡崎と宇佐美の先発もあるかもしれません。

ただ、何度も記載していますが負けてはいけない戦いでありつつも焦点を本選に置いているのも事実ですので、今回はこのようなスタメンの構成からの交代枠があるのでは?という考察をしてみました。

ポーランド戦にキーパーの川島は出場するのか?

コロンビア戦とセネガル戦の2試合において、判断の遅さや、パンチングのミスから失点を招いてしまった川島選手。

真剣にやっているのも分かりますし、そのプレッシャーを感じているのは選手自身であることも間違えありません。

ですが、真面目に戦っているだけ、一生懸命プレーするだけでは勝てないのがワールドカップでもある。

これは敗退が確定しているポーランドのレヴァンドフスキ選手の発言でもあり、これは事実だと思います。

他のキーパーは経験不足と言われていますが、ワールドカップのイメージが完璧にできてから出ろとでも言うのでしょうか?

采配としてはベストではなくてもベターな選択肢をしなければいけません。

川島選手にもワールドカップの初出場はあった訳であり、それを活かし登ってきています。

海外での経験が少ないから・・・キャリアが浅いから・・・とそれだけの理由で他のキーパーを使わないのも論理的ではなく納得いきません。

鹿島アントラーズとレアルマドリードの一戦において日本のキーパーも世界に通用することは証明出来ているので、状態の悪い川島選手ではなく、中村航輔選手を出して頂きたいですね。

以上がスタメン予想になりますが、今回の日本代表の審判は、鹿島アントラーズ対レアルマドリードの一戦で物議を醸した審判なんです・・・。

明らかにレアルに有利な判定を下した判定として知られていますが、日本戦ではフェアなジャッジをしてくださる事を祈ります。

頑張れ!!ニッポン!!

↓↓日本対ポーランド戦を担当する、誤審を犯した審判の情報はこちら↓↓

<<日本代表のポーランド戦の審判は?誤審の可能性や名前や経歴も(ロシアワールドカップ)>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です