アルゼンチン対アイスランドのハイライトの動画は(ロシアワールドカップ2018)?得点シーン

ロシア ワールドカップ 2018の3日目(16日)の4試合目にアルゼンチンとアイスランドが行われました。

世界屈指のストライカーメッシ率いるメッシはワールドカップではあまり力が発揮できないと言われていますが、払拭すべく奮闘する姿に期待がかかります。

アイスランドは寒い地域でもサッカーを普及させる環境を構築する為に、国をあげて尽力してきました。

その結果、若者がスポーツに打ち込むようになり非行がかなり減ったという歴史があります。

歴史的にもサッカーと縁の深いアルゼンチンか、それとも国をあげサッカーを普及させ力を上げてきたアイスランドか?

ゴールシーンと共に3日目4試合目(16日)を速報を動画と共に振り返っていきたいと思います。

アルゼンチン対アイスランドのハイライトの動画は?ロシアワールドカップ2018でのゴールも!

まずはフランスのアグエロがボールをトラップしてから、反転しつつのゴール。

振り返る速さがやはりマンチェスターシティで21ゴールを上げるエースストライカーでもあります。

アルゼンチンのグループDですが、クロアチアも試合が控えています。

 

⇓⇓ロシアワールドカップ その他の試合のハイライト動画はこちら⇓⇓

<<ロシア ワールドカップ 2018のハイライトの動画と試合結果(得点選手)まとめ>>


アルゼンチン、そしてクロアチアが突破の可能性が高いと見てますがどちらが1位通過をするのか?

今回の試合ですが、1対1ではやはり力の差が見られてしまうアイスランドですが、メッシに自由にさせずにかなり堅実な守備を行っていました。

アルゼンチンの完全なる一方的なゲームになると思ったんですが、アイスランドもチャンスをものにして得点。

同点にまで前半で追いついていますが、アルゼンチンはメッシにボールを集めすぎている感はやはりあります。

マラドーナと常に比較されるメッシですが、メッシがバルセロナでは生き生きし、なぜ代表では最大限に力を発揮できないのか?

その原因として、バルセロナでは各スーパースターがメッシにボールを集めるのではなく、メッシが必要な所で活用しているのに対し、アルゼンチンの試合では各選手の主体性がなくメッシに集めればなんとかなる。

という考えのもとゲームを行っているからという意見も見られます。

かつてのマラドーナもそれと同じ状況でしたが、マラドーナは1人でなんとかし、メッシは1人でなんとかできない・・・ここがアルゼンチン国民がマラドーナをメッシは超えていない。という理由です。

メッシにはこの大一番でぜひ、大爆発を見せてもらいたいですね。

↓↓関連記事↓↓

ロシア ワールドカップ 2018の優勝国は?各グループリーグの突破国と共に予想

アルゼンチン対アイスランドのハイライトへの世間の声

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です