罪と罰(舞台)に大島優子が出演でチケットの予約の開始はいつから?三浦春馬との共演も話題

海外での語学留学のため芸能活動を昨年の8月からセーブしていた、女優・大島優子さんが、俳優・三浦春馬さんが主演として出演する舞台『罪と罰』で本格復帰することがあきらかになりました。

約一年半の留学を終え、秋には帰国するという大島さん。帰国後に待っている舞台『罪と罰』では、三浦さん演じる青年・ラスコーリニコフと心を通わせるソーニャを演じる予定です。

海外留学を終えた大島さんは、一体どんな演技を見せてくれるのでしょうか?

気になるチケット情報や、三浦さんとのキスシーンの有無までご紹介いたします!

罪と罰(舞台)に大島優子が出演でチケットの予約の開始はいつから?

この『罪と罰』は、ロシアの文豪ドストエフスキーの知る人ぞ知る名作。

主演には、単独舞台初となる三浦春馬さんが抜擢され、これだけでもかなりの人気が出そう。

さらには、一皮向けた大島さんの演技を見たい!というかたも多いはず。

三浦さんと大島さんの初共演ということもあり、チケットは早めに予約しておきたいですよね!

まず、公演日程はこのようになっています。

<東京公演>2019年1月Bunkamuraシアターコクーン
<大阪公演>2019年2月森ノ宮ピロティホール

理想のキャストとともに2019年の年明けを飾る超話題作として注目が集められていますが、チケットの予約開始についてはまだ情報が出ていません。

しかし、公演詳細は今年の8月頃に発表予定のようなので、もしかしたらその前くらいにはチケット予約が開始されるかもしれないので、要チェックです。

大島優子が出演の「罪と罰」(舞台)のその他キャストは?

三浦さんと大島さんが出演する舞台、他にどんなキャストが出るのか気になりますよね!

もちろん、2019年の幕開けを飾る、この超話題作には豪華キャストが名を連ねています。

自身の正義のために人を殺した青年・ラスコーリニコフ役を三浦さん、
家族のために娼婦となり、ラスコーリニコフと心を通わすソーニャ役を大島さん

をはじめとし、

ソーニャの義理の母カテリーナ・イワーノヴナ・マルメラードワ役を麻実れいさん
ラスコーリニコフを疑い心理面から追い詰める捜査官ポルフィーリー・ペトローヴィチ役を勝村政信さん

が決定しています。

英国人演出家である、フィリップ・ブリーンさんが理想だとして抜擢したこの豪華キャストでの舞台に、期待が膨らみます!

罪と罰(舞台)に大島優子が出演で三浦春馬とのキスシーンはある?

この舞台『罪と罰』は、主人公がある正義感から、金貸しの老婆とその妹を殺害してしまい、最終的には自首するものの、それまでの彼の心理状態の変動などを描いた“哲学”をテーマにした作品です。

作中では、心理描写以外にも周りの家族や友人が関係してくる事件などのミステリー要素も含まれています。そして気になるのが、三浦さん演じる主人公ラスコーリニコフと、大島さん演じる娼婦のソーニャ。

原作では、最終的にこの二人はお互いに愛し合うストーリーとなっているため、もしかしたらフィリップ・ブリーンさんの演出にキスシーンが含まれていれば、三浦さんと大島さんのキスシーンを見ることもできるかもしれません!

罪と罰(舞台)に大島優子が出演に対する世間の反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です