満島ひかりの舞台 ロミオとジュリエット(ロミジュリ)の降板の理由は結婚(再婚)や妊娠?

演技から歌唱力まで、さまざまな才能で人々を魅了し続けている女優
満島ひかりさんが、11月から予定されている主演舞台を降板していたことが1日にわかりました。

満島さんが降板した舞台は、
知る人ぞ知るシェークスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」です。

この舞台で満島さんは、
ジュリエット役で出演することが決まっていました。

3月に所属事務所を引退し、フリーになった満島さん。
降板の理由は結婚?妊娠?真相について追っていきます

満島ひかりの舞台 ロミオとジュリエット(ロミジュリ)の降板の理由と真相は?

今回満島ひかりさんが降板した舞台は、
誰もが知るシェークスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」。

脚本家は『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』等の
ヒット作をいくつも生み出している“クドカン”こと宮藤官九郎さんです。

彼が手がけた映画やドラマの“クドカン作品”は
常にとてつもない人気を見せ、今回の舞台も
公演されれば話題になることは間違いないはず。

驚くことにこの作品、
満島さんが自らクドカンに企画を持ち込んだとされています!

わざわざ企画を持ち込み、主演・上演も決まっていたのに、
なぜ満島さんは自ら降板してしまったのでしょうか?

舞台関係者によると、主催者側は降板理由について

・体調不良
・スケジュールの都合
・最後までやり遂げる自信がないと言っている

などと説明していますが、実際はどうなのでしょうか。

体調を心配する声もあがっています。

満島ひかりの結婚(再婚)妊娠や病気の可能性は?

今回の降板の理由について「体調不良」とも出ており、
自ら持ち出した企画を降板せざるをえない状態ということで、

世間では「妊娠か?」または病気か?という声もあります。

しかし、

現在満島さんに恋人などの情報はないため、妊娠の可能性は極めて低そうです。

満島ひかりの舞台降板の後の代役は誰になる?

満島さんが降板したからといって、
舞台が中止になるわけではありません!

しかし、主演がいなければ成り立ちません。

現段階では、
満島さんの代わりにジュリエット役を務める代役は決まっていない模様です。

クドカンさんの舞台ということで立候補者は多数いると思いますが、
ベテラン女優であるのに加え、自ら企画した満島さんの代役を引き受けるのには勇気がいりそうです。

追記:

代役ですが女優の森川葵さんに決定しました。

引用元:シネマカフェ

どの実力派女優さんが起用されるのかと思っていましたが、宮藤官九郎監督が以前指揮をとった、Too young to dieにヒロインとして活躍した森川葵さんが代役として起用されました!

この写真だからかはわかりませんが、ちょっとガッキーにも見えますね!

チャンスが巡ってきている事は間違いないので、どんな映像になるのかとても楽しみです^^

満島ひかりの前の旦那の映画監督 石井裕也についても

満島ひかりさんといえば、
映画監督の石井裕也さんと2010年に映画

『川の底からこんにちは』

→川の底からこんにちは 【DVD】/満島ひかり

で共演したのがきっかけで、
交際わずか1ヶ月でスピード結婚。

しかし、2016年には離婚してしまっています。

離婚理由については

「結婚観や生活観の違いによるもの」

だと言われていますが、
実際は石井さんの“ボヤき”にあったとされています。

石井さんが監督を務めた映画『バンクーバーの朝日』が大コケし、

→バンクーバーの朝日 通常版 [ 妻夫木聡 ]

それから何かあるごとに「バンクーバーの呪いだ」というようになった石井さん。

いつまでも愚痴を言う石井さんに
満島さんが一喝し、口論になってしまったようです。

ちなみに、二人の間に子供はいませんでした。

満島ひかりの舞台ロミオとジュリエットの降板についての世間の反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です