石川県の電車(北陸線)の線路に子供がいたのはなぜ?画像や運転手は気づかなかったか

石川県の電車(北陸線)の線路で子供が倒れて
いることを運転手が発見する事故がありました。

電車の車内カメラからは電車が通過する時には
既に倒れている画像が移っていたとのこと・・・

ですが、線路って普通に入れるのでしょうか

また、もしも電車にぶつかっていたのなら、
そのときの運転手は気づかなかったのか・・・

その点を画像などとともに調査してみました。

石川県の電車(北陸線)事故の線路に子供がいたのはなぜ?画像も

今回、
電車の事故で子供2人が巻き込まれたのが、
石川県の電車である北陸線栗津駅です。

引用元:https://mainichi.jp/

栗津駅ですがのどかな雰囲気の田舎街にあるような、
こじんまりとした駅となっているのがわかります。

引用元:駅々たり

私自身も出身がかなりの地方なのでこのような
駅に毎日のように通っていたのですが・・・

人が少なく線路へ入ることも簡単に出来てしまいます。

大人であればしませんが電車好きの子供であれば、
何もわからず電車を見たくて近づく事もできる訳です。

実際に栗津駅のホームはこのようになっています。

引用元:http://frederic1no1tabi.net/

周辺をgoogle map(グーグル・マップ)でも見たのですが、
線路へ入ろうとすれば比較的容易に入ることも出来ます。

電車がもし自分の線路とは反対側の線路に止まっており
近くでみたくて近付こうとした所に電車が来たとしたら、

子供は周りが見れないので電車にぶつかってしまった…
という可能性も考えられなくはありません。

実際に駅の隣の駐車場の画像はこのようにになっており
柵も子供は簡単にくぐり抜けられる程の隙間があります。

引用元:google map

また、道路を少し辿っていくと踏切があり、
電車を見ようと思えば線路に入って近づけます。

見ている限り本当に簡単に線路に入れてしまうので
<子供が自分で居場所を知らせてくれるアニメグッズ>
常につけて居場所を把握できるようにしないといけません。

アニメのキャラクターのグッズであれば子供も好きですし
特に2人以上の幼い子を連れて外に出て2人が違う方向に
走ると本当に絶望的です・・・^^;

なので、ある程度、音だけでも把握できるようにする等
親自身が本当に対処を考えるしか対処は難しいと思います。

運転手は子供にぶつかったことに気づかなかったのか?

電車の運転手が子供が線路に倒れているのを見つけましたが、
見つけた時に倒れていたということは、発見する運転手が運転する
電車の前の電車にぶつかっていた可能性も当然ながらあります。

そうなると、前の電車を運転していた運転手は
子供がぶつかったことに気が付かなかったのでしょうか?

前に出てきたのであればぶつかることはわかりますが、
走っている電車に触ろうと子供がする事は考えにくい気もします。

車内カメラがあったのであれば、1本先に走っていた
電車のカメラの映像や音を徹底して解析してほしいです。

衝撃音等があれば、それが原因だとわかります。

新幹線の路線に子供が入っていた事故も以前ありましたが
線路内に人間が入ったらセンサーがなるなどの対策があれば…

もうこのような事故は二度と起きなくて済みます。
なにか解決するために最善策があればよいのですが。

石川県の電車(北陸線)の子供の事故の世間の声

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です