エンジニアが過労死した会社の名前や法律での罰則は?社員と社長の年収やfacebookも

エンジニアが300時間を超える月間労働を行い、
過労死で亡くなる悲しい事件が起きてしまいました。

ぶっ続けで36時間労働を行っていた旨も
本人が呟いたツイッターに残っていました。

過労死の事件は最近は多いように感じますが、
なぜ会社の名前は公開されないのでしょうか?

今回はその理由だけではなく他の社員にも危害が
及んでいる可能性もあるので他の社員の労働時間。

また社長の年収やfacebookに関しても、
出ている情報をまとめてお伝えできればと思います。

エンジニアが過労死した会社の名前や法律での罰則は?

今回エンジニアが過労死した会社名はレックアイ
という不動産業を軸としている会社になります。

2003年より事業を開始している会社なので、
今期で既に14年目となる続いている会社です。

せっかく14年も続いている会社なのに・・・
なぜ基本的な経営の管理が出来ていないのか?

会社を存続させるのが難しくない時代において
登った道のりを潰してしまった形となりました。

はたまた、これまでもこのように働かせて
ひたすら利益を得る事業を行ったきたのか。

過去の業務内容は全くわかりませんが、
過労死の方が出てしまったのは事実です。

なのにも拘らず、なぜ会社名が公表されないのか?

過労死を出した会社名がなぜ名前を公開しないのか?

以前にも電通で同じような事件がありましたが、
当時も最初は会社名が出ることはありませんでした。

ですが、遺族が立ち上がり声を上げたことで、
電通という会社の存在が明らかになったのです。

メディアに自分の名前を出せば応援もありますが、
お前の息子・娘が無能だからだ!
と言う批判的な声も同時にあがってしまいます。

世の中に身を晒す事の恐怖心で泣き寝入りする
という方もとても多いのも事実のようです・・・

で、電通の話に戻りますが電通は裁判で
過労死に関しての裁きを付けた訳ではありません。

違法残業の責任を問う

裁判を行ったにすぎず罰金50万円で終了・・・

ですが、
今回の場合は更にタチが悪いと見ています。

裁量労働制での法律での罰則はあるのか?

裁量労働制とは何か知らない方の為に記載すると、

労働時間を実労働時間ではなく一定の時間とみなす

制度のことになります。

例えば、会社が9時間を労働時間とする場合、
それ以上いくら働いても給料は一切出ない。

つまり残業代が発生しないのです。

そのかわり自分の好きなようにスケジュールをたて
自分で時間内に仕事を自由にこなすことが出来る。

というメリットがあるわけですが・・・

はっきり言って自分で好きに管理して仕事出来る。
そんな人は世の中に何%いるのでしょうか?^^:

勿論メリットもありますが、デメリットを被る人の
方が多くなってしまうのではないかとは感じます。

で、この裁量労働制・・・再度記載しますが、
一定労働時間以上の報酬は一切発生しません。

残業をしようが関係ないわけなので、
違法残業の罪にとわれることもないのでは・・・?

と見ています。

おそらく罰則に関しても殆どなく終わると思います。

2009年には厚労省が企業の名前を公開すると、
企業が競争の中で不利益を被るとした発言があります。

いやいや・・・競争社会なのは十分理解しますよ。

でも人をゴミのように扱い、他人を潰してまで
上に私は登りたいとは思わないしそんな会社の
サービスやモノを買うだけで吐き気がしますね。

実際にこの会社のHPによるとあるサービスでは
業界内ではトップシェアを誇っているようです。

社員と社長の年収やfacebookも

社長に関しては名前がHPに出ていますが、
個人情報ですので各自確認をお願い致します。

社員数に関しては採用人数を見る限り、
20人ほどの企業なのかなと推測します。

採用実績大学の中には日本のトップの大学や
海外の有名大学の名前も連ねています。

人数が少ない会社なのでより優秀な人材であり、
力になる人材を選んでいるのではないかと思います。

そうなれば当然ながら年収も普通よりも、
少しは上くらいになるのかなという予測です。

ここはあくまでも予測の話になりますが、
エンジニアの20代の平均年収は350万円です。

大企業から中小企業までを含めての年収なので
トップシェアを誇る企業なのでもう少しは・・・

上げていたのでは?と思いたい所です。

現在、ツイッターのアカウントは削除されてるので
全く過去の情報がわからない状態になっています。

なぜアカウントが消されてしまったのか?
本人の意思ではないのは確かですが。。。

エンジニアの過労死における世間の声

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です