宇都宮市立西原小学校の給食での食中毒の原因と理由は?給食センターの場所や名前も

宇都宮市立西原小学校の給食を食べた児童が
昨日13日(日曜)に集団食中毒を発症しました。

食中毒がノロウィルスによるものなのか、
原因と理由を給食のメニュー(献立)は何か?

給食センターが同じ場合は近隣の学校も
食中毒の可能性が当然ながらあります。

その点を踏まえて記載していきたいと思います。

給食での食中毒の原因と理由は?献立(メニュー)も

宇都宮市立西原小学校の食中毒ですが、
当日の給食の献立(メニュー)がこちらです。

引用:西原小学校のHPの献立表

10日(木)むぎいりごはん、牛乳、セルフぎゅうどん、みそしる、アップルジュース

11日(金)むぎいりごはん、のりのつくだに、牛乳、いかのてんぷら、だいこんおろし、なまあげとやさいのにつけ

牛乳が食中毒の原因だとすれば高温による管理で
品質が低下し食中毒を引き起こした可能性があります。

ですが、まだ5月です。

宇都宮市の気温は、

10日は最高気温17度/最低気温10度
11日は最高気温24度/最低気温6度

低音殺菌牛乳であれば危険かもしれませんが、
小学生の子供に給食として飲ませる牛乳です。

低音殺菌ではなく確実に高温殺菌し、
少しでも食中毒の可能性を減らすはずです。

では、海苔の佃煮はどうでしょう?

そもそも食中毒は81度で1分間の加熱をすると
菌としては完全に消えることがわかっています。

そもそも佃煮は長期保存を目的とされた料理で
煮込まれている事から可能性としては低いはずです・・・

となると、食中毒を引き起こす感染経路は、
もしかすると給食ではない可能性もあります。

なぜなら、食中毒の殆どの原因とも言える
ノロウィルスの感染は空気感染でも起きるからです。

つまり、ノロウィルスに既に感染していたけど
潜伏期間があるので症状には出ていなかった・・・

そんな人が給食センターで働いていたか、
学校の給食の配膳に関わっていたのでは

感染の拡大の仕方が圧倒的に変わります。

これはあくまで予測にしかすぎませんが、
この学校以外で問題になっていないということは
配膳に関わっていた人が感染していた可能性はあります。

なので、給食センターのみを批判したり等は
状況がわかっていないので辞めましょう!

ただ、もしも給食センターが原因の場合は、
関連校も当然ながら影響を受ける事になります。

分かる範囲で宇都宮市の給食センターの
担当学校をまとめてみましたのでご確認下さい。

給食センターの場所や名前も

宇都宮の給食センターと検索をすると、
すぐに出てくるのがこちらの給食センターです。

ただ検索結果として出てくるのがこちらのみで、
弁当の配達などを行っていることからも学校を
対象にした給食配達の管理会社かは詳細はわかりません。

 

食中毒に対する世間の声

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です