福田事務次官のセクハラ相手のテレビ朝日の女性記者の名前と画像が!ハニトラの真相は

連日、メディアを騒がれている福田事務次官の女性記者へのセクハラ問題。

福田財務次官は徹底的に事実否認をしながらも先日、辞任を発表しました。

これで、ようやく騒動が一段落をすると思いきや、更なる問題が起こって

いるのです。

それは、セクハラ被害にあったとされる女性記者の「名前」を暴露して

しまったというもの。

動画内で、堀田と名乗るフリーの記者が今回セクハラ被害にあった女性記者の

名前を発言してしまっています。

これは週刊誌の「女性セブン」が既に発表している内容であり、

それを情報源として堀田記者は質問をしたのだと思われます。

福田事務次官のセクハラ相手のテレ朝記者の名前や顔画像も流出・・

今回、暴露をされてしまったテレビ朝日の

女性記者ですが、インターネット上では既に名前も顔画像も特定されている

状況で、TV番組等では女性記者をかばう姿勢の報道やワイドショーが

目立つ中、インターネット上では女性記者をハニートラップだとして、

批判する声が多数を占めている状況にもあります。

 

問題の女性記者は、既にテレビ朝日の公式HPからは画像等の情報は全て削除しており、

本人の公式Twitterも閉鎖されている状況にあるようです。

 

福田事務次官のセクハラ騒動は辞任をきっかけに収まると思いきや、

今回の名前と顔画像の流出をきっかけに更に加速する結果に。

 

この加速の原因は週刊新潮の音声をつぎはぎした、不自然な音声データの出し方や、

本人不在のセクハラ認定の違和感を無視したワイドショー等の偏向報道に

国民が違和感を感じたものからもきているのではないかとも思われます。

福田事務次官は女性記者にセクハラをした?真相は?

今回のテレビ朝日の女性記者のセクハラ被害に対する報道ですが、

一部ではこの騒動がテレビ朝日により仕組まれたものではないのかという

声も挙がっています。

 

今回の一件を受け、ホリエモンこと堀江貴文さんはこうツイート。

自身も、テレビ朝日の女性記者から無断で会話を盗撮、流出されたという

事実を明かしています。

 

堀江さんの証言から、テレビ朝日が女性社員を使い有力者の男性に近寄らせ、

大きなネタを取りに行くという体質は今でも続いているのかもしれません。

 

また、今回騒動の発端となった「週刊新潮」が出した音声データとは別に、このような福田事務次官と女性記者の会話を文春が発表。

口調などは文面ではわかりませんし、に女性が無理して付き合っているだけの会話にも見えます。

 

今回の事件、「当事者不在のセクハラ」等など、議論の言葉遊びが続いていますが、

女性記者と有力者の間では常にこういった男女関係を見立てた取材の

現場があったのは常であったのではと報道されています。

 

堀江さんのは記者から呼び出されての状況でいるのに対し、

今回の騒動は「自分から記者を呼び出してのこの会話」です。

堀江さんの盗聴被害とは少し違った印象も受けます。

 

今回の一連の騒動の真偽はまだ明らかになってはいませんが、

大人だからこそ、TPOに合った適切な会話は大人として、

心がけていくよう気をつけていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です