光進丸の炎上の理由は放火?加山雄三の過失?値段や維持費についても

若大将として昭和の大物俳優・歌手である加山雄三さんの所有する船、

光進丸が炎上したという事が話題になっています。

 

炎上したの4月1日の21時ごろ。静岡県の安良里漁港に係留されていた

船が炎上していると119番通報があり光進丸の炎上が発覚。

駆けつけた消防団員により、2日の午前8時に火の勢いは収まりました。

 

今回の加山雄三さんの光進丸の炎上した理由は一体なんだったのでしょうか?

加山雄三さんの過失のなのか?はたまたただの事故?放火の可能性もふまえて

光進丸の船の値段や維持費についても調査していきます。

光進丸の炎上の理由は加山雄三の過失?

今回の光進丸の炎上が発見されたのは、4月1日の午後21時。

船の中は人の形跡は無く、全くの無人だったそうです。

4月1日の加山雄三さんのスケジュールはライブ活動で沖縄にいた

ようです。

この事で、加山雄三さんがその時や前日に光進丸に乗船して、

何らかの火の不始末等により、過失を犯し、今回の火災を

起こしてしまったという事ではないのはわかりますね。

何はともあれ、加山雄三さんが火災当時に乗船していて今回の火災に

巻き込まれていないという事が何よりです。

光進丸の炎上の理由は放火?

今回の光進丸の炎上事件、係留していた船が急に燃えるなんていう事は

考えづらいし、絶対に事件性のある放火だと考えてしまう所だと思います。

一般の船ならともかく、加山雄三さんの所有する光進丸という大きな看板を

背負った船がピンポイントで炎上するというのも違和感がありますよね。

 

ただ、4月2日。光進丸の炎上が鎮火した現在、海上保安部の調査によると、

「放火の可能性は極めて低いそうです。」

理由としては、加山雄三さん所有の光進丸は漁港から20~30メートルも

離れた沖合に係留されていたそうなんです。

芸能人の船でもあり、知らない人はいないくらい、有名な「光進丸」であるので、

いたずら防止も兼ねて沖合に係留していたのだと思うのですが、その20M

離れた沖合に船を乗り付けてわざわざ放火するのは考えづらいというのが

海上保安部の見解のようです。

 

今回の光進丸の炎上が起こった同月1日の午後1時ごろに、光進丸の所有会社が

保守作業等で、エアコンを動かしたり空気を入れ替えたりという事を

行っていた事から、それらの過程で何かがあったのではないかという、

事故か所有会社の保守時の過失ではないかという所が今回の炎上事件の

理由と原因の可能性が高いのかもしれません。

 

加山雄三さんの記者会見における悲しそうな表情を変えてもらうためにも、

今回の事件は早く原因を徹底的に究明してもらいたい所ですね。

光進丸の値段と維持費は??

ところで今回の光進丸ですが、かなり大きな船だったようなのですが、

値段や維持費はどのくらいするのでしょうか。

こちらも調査してきました。

 

今回炎上した光進丸は3代目であり、加山雄三さんが設計した完全

オリジナルの船のようです。

 

オリジナルの船という事で、既成品ではないため、値段は公表されて

いませんが、光進丸の半分の大きさの船が4000万円くらいでインターネット

販売されている事から、加山雄三さんの光進丸の値段は1億〜1億5000万

くらいの値段であるのではないかと予想がされていたりもするようですが、

完全オリジナルの船がその値段で作れるわけはない事と、2009年時点での

加山雄三さんの当時の光進丸が5億円だという事を本人の口から述べている

ようで、今回の光進丸の値段も5億円くらいあるのではないかと予想できます。

 

また、維持費についても不明ですが、小さめのクルーザーの維持費が年間70万

くらいする事から、管理会社等含めて500万円以上はしたかもしれませんね。

 

やはり、若大将。お金持ちです。

いかがでしたでしょうか。加山雄三さんといえば光進丸というほど、代名詞と

なっていた愛船の今回の炎上事件。加山さんにとっては悲しい事件であるにも

かかわらず、消火に携わっていた方に対する感謝と迷惑をかけた事に対する陳謝

が印象的な今回の事件でした。

早く元気になってもらって新型光進丸の制作にとりかかってほしいですね!

今回の事件により光進丸を封印する事だけはやめて欲しい所です!

3 件のコメント

  • 小さめのクルーザーの維持費が年間70万…
    くらいする事から、管理会社等含めて500万円…

    何処からそんな維持費が算出されましたか?

    ちなみに『葉山マリーナ』で全長13mで年間保管料350万円くらいです。
    その他、保険料が150万円~数百万と色々。
    水に漬けるクレーンは、また別です5万円とか
    修理代が年間平均50万円~数百万
    燃料が40kmで100㍑~170㍑
    ※軽い?違反による罰則金など車買えちゃう様な時もあります。
    (ちなみに横浜ベイサイドマリーナの保管料で約150万円)

    上記の6倍容量の光進丸?どうでしょうかねえ?
    参考になりましたでしょうか?

    • 放火です。不審な車と不審な人がいたです。
      伊豆ナンバーで❗黒の軽自動車Nボックスだと思います。39-32だった❗達さって❗しばらくして~燃え初めました❗

  • 追記(自己訂正)

    容量6倍?13mクルーザーと比較しますと全長及び幅が2.5倍。それに高さ深さも加わると容積トンで15~20倍でしょうか?
    船体保険(加入万別ですが)が船代の10%としたら年間2000~4000万円(^^;
    個人ではないでしょうが、ぞっとします。それにしても4代目光進丸完成間近で救われましょう。

    憶測で大変失礼いたします。

    おまけ、横浜ベイサイドマリーナ風景
    1)横浜のとある不動産社長(115ft?)
    2)ピザーラ
    3)KRH(観木ありさの旦那)
    4)SBC(湘南美容げかあ~)
    が光進丸よりし越し大きいものですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です