チャタテムシの駆除の方法!大量発生の発生源を市販品で死滅させる対処とは

夏の梅雨の季節となるとチャタテムシが湧き始め、

一気に繁殖を繰り返し家中に拡散してしまいます。

 

拡散をするだけならまだしも人間の食べ物を食べたり、

人によっては喘息などのアレルギーを招くこともあります。

 

なので、見つけた時には拡散しないようにすぐ駆除!

しないといけないのですが最適な方法がわかりません。

 

なので、今回は発生源を見つけて市販品で

死滅させる為の方法をまとめてみました!

チャタテムシの発生源をまずは突き止める!

チャタテムシの発生源を突き止めるとは言っても、

カビやホコリ・フケが溜まる薄暗く湿った所は全て発生源・・・

 

本棚・米(米びつ)・畳・障子・タンス・衣類・洋服

風呂場・トイレ・枕・マットレス・窓のサッシや窓枠など

ありとあらゆる所に住み着き夏になると出てきます。

 

それぞれの場所に適した方法を解説していきます。

 

もし全ての場所において出てきてしまっている・・・

既に拡散している状況の場合は順番通りに対処して下さい。

 

まず奥底に隠れているチャタテムシを掻き出す為に、

隙間多いところから徐々に対処していきましょう。

 

障子やタンスのチャタテムシを駆除の仕方

障子には表と裏に1枚ずつ紙が貼られています。

 

その障子の表面と裏面の間は梅雨になれば湿気が増し

温度も高くなるのでチャタテムシの住処となります。

 

駆除をする為には、

障子からチャタテムシを出さないといけません。

 

その為に、

部屋の気温を25度以下、湿度を必ず55%以下へ

必ず設定をするようにしましょう!

 

チャタテムシは住みづらい環境になれば当然、

住みやすい環境へと移動を開始し出てくるはずです。

 

これと同じように、タンスは薄暗く、ホコリが溜まる

チャタテムシにとっては最も住みやすい環境の1つです。

 

タンスの奥底に隠れている場合もありますので、

殺虫剤を含んだ煙で隅々まで処理を行っていきます。

 

 

 

ただ、バルサンなどの殺虫剤入りの煙を充満させても

タンスの隙間に入り込んでいるちゃって虫は生き残ります。

 

生き残ってもそこには居続けないように、

パラゾールのような臭いの強い防虫剤を起きます。

 

 

 

こうして目に見えない隅に隠れている虫を出し、

退治しやすくしてから本格的に駆除をしていきます。

 

が、もう1つ隠れている箇所があるんですよね・・・

畳の裏のチャタテムシを完璧に駆除したい!

チャタテムシは暗く湿度が高いところが大好物ですが、

その環境が完璧に作られてしまうのが畳の裏側です。

 

畳の中に入り込んでいると思っている方が多いのですが、

最も多いのはは畳を剥がした裏に存在するチャタテムシです。

 

ここは湿気が暗く、そしてホコリも溜まるので

チャタテムシにとって最高の根所になっているはず・・・

 

今後も長く居座られていては困るので畳をめくって、

エタノールで消毒し確実に駆除をしていきましょう!

→ チャタテムシをアルコール除菌で対策・予防する方法

 

衣類・洋服のチャタテムシの駆除の方法は?

上記でタンスのチャタテムシの駆除方法に関し記載しましたが、

タンスの中には衣類など着る服が収納されていると思います。

 

チャタテムシはカビだけでなく人間のアカも食べるので、

タンスに入って服に住み着いている可能性も勿論あります。

 

服にチャタテムシがいた場合には、

絶対にその場でバンッバンと振って落とさないで下さい!!

 

振り落とせば振り落とすほどチャタテムシが拡散し、

更に家中を侵食していくことを手助けしてしまいます・・・

 

なので、ゆっくりと袋などに入れて乾燥機まで持っていき

熱により駆除する場合は60度10分間以上、

50度の場合は30分以上の熱を加えるようにしましょう!

 

もしも、乾燥機がなくて太陽が出ている日の場合は

黒い袋に衣類を入れて太陽に思いっきり当てましょう。

 

そうすれば袋の中の温度は夏の車の中のように熱くなり

60度以上に保つことができ完全に駆除することが出来ます。

 

この作業を行った後に、振り落としましょう!

風呂場・トイレでのチャタテムシの駆除!

風呂場とトイレに関しては常に水が存在する場所ですので、

温度が上がれば当然ながら湿度は急上昇してしまいます。

 

特に風呂場に関してはカビが最も繁殖しやすい訳であり、

カビを餌とするチャタテムシはそこに一気に群がります。

 

また、トイレも同様で水があることで湿気が急上昇し、

カビではなくとも木の木目や隅に住み着く様になります。

 

風呂場とトイレの水が存在する場で重要なのは換気

 

エアコンが無く温度を22度以下にすることが難しいので、

家にいる時は常に換気を心がけるのが最善策になります。

風呂場はカビキラーとエタノールで完全に消毒を!

風呂場とトイレの双方において換気は大事なのですが、

カビが多い風呂場はカビを徹底的に除去する必要があります。

 

カビがある限り餌としてチャタテムシが群がるからです。

 

なので、カビキラーを使用してカビを徹底除去した後、

エタノールで完全に消毒すると侵入はしなくなります。

 

この際に普通のエタノールではなく、より強力な

70%以上の度数のエタノールを必ず使用しましょう!

 

普通のエタノールとは違うので、

下記の画像を見て確認をしてみて下さい。

 

エタノールの画像

 

 

トイレはエタノール消毒でチャタテムシを一網打尽

トイレは上記で説明したように換気をするのですが、

完全に駆除する為にエタノール消毒を行っていきます。

 

トイレの場合はトイレの個室の4つ角やドアとの隙間など

カビや汚れが溜まりやすい所を徹底的に消毒を行います。

 

本来であればバルサンを使用したほうが確実なのですが

リビングの隣にトイレがあるマンションタイプだったり、

お子さんがいる方は安易にバルサンをたけないと思います。

 

バルサンのリンク

 

なので、お子さんがいる場合はバルサンは使用せずに

消毒後にトイレの温度も下げるように試みましょう!

 

保冷剤を使用した自作クーラーも作ることが出来るので、

22度以下とならずとも出来るだけ温度を下げるのがベストです。

 

 

エタノール消毒に関しての使用方法や詳細は、

こちらにて詳しく書いてますのでご確認下さい。

→ URL

枕・マットレスのチャタテムシは熱で徹底的に駆除!

チャタテムシはエタノール消毒などにも弱いですが、

熱にもとても弱い実は繊細なムシでもあるのです・・・

 

とは言っても繁殖能力はヤバ過ぎるのですが^^;

 

衣類の箇所で説明をしたようにチャタテムシは、

熱により駆除する場合は60度10分間以上、

50度の場合は30分以上の熱を加えなければいけません。

 

布団や枕の場合は布団乾燥機を使って、

1番の高温で長時間しっかりと駆除を行っていきます。

 

 

 

ですが、布団乾燥機がない場合は、

アイロンを使って枕とマットの駆除をします。

枕・マットレスから駆除したら掃除機で!

 

枕やマットレスから熱で駆除出来たとは言っても、

掃除しなければずっと熱でポックり行ったままそこにいます。

 

なので、必ず布団や枕用のレイコップで確実に吸い取るか

自宅の掃除機で最低限は吸い取って快適に過ごせる状態にします。

 

 

 

窓のサッシや窓枠からのチャタテムシの駆除

梅雨時期になると窓のサッシや窓枠に結露し、

その水が滴り落ち集まってカビを作り始めます。

 

チャタテムシが群がるのはもうおわかりの通りカビ

 

なので、窓のサッシや窓枠についてもまずはカビ掃除し、

乾かした上でエタノール消毒を行っておきましょう!

チャタテムシはこれで完全に駆除出来たのか!?

今回の方法の全てを行うことによって、

チャタテムシを完全に駆除出来たのか!?と言えば・・・

 

実は完璧にチャタテムシを駆除することは出来ないのです。

 

チャタテムシが成虫になってからであればよいのですが、

卵の場合はバルサンをしても全く効くことがないのです。

 

唯一チャタテムシに勝てるのは熱のみなので、

何度も何度も駆除する手段を行い全体数を減らしていく。

 

それが業者を使わずに出来る最善策かと思います。

 

ただ、業者を使っても完全に駆除出来るとは限らないので

その点はしっかりと踏まえた上で連絡をしてみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です