新幹線から富士山を見れる座席はどっち?席の位置や各駅からの時間も

新幹線の旅では車窓から外を流れる風景も楽しみの一つですが

東海道新幹線からは富士山を見れるスポットが意外とあるんです。

 

とはいえ、高速で走行する新幹線なのでタイミングを逃すと

折角の絶景も知らないうちに通過してしまうなんて事もあり

より確実に富士山を見るためには事前のリサーチが重要ですよね!

 

という事で、新幹線から富士山が見れる座席やタイミングについて

今回は詳しく調査してみましたので、ぜひお役立てくださいね。

新幹線から富士山を見るための座席は?

では先ず、新幹線の車内から富士山をきれいに見るためには

どの座席が最良なのかという事から詳しくご紹介しましょう。

 

新幹線の上り(東京行き)と下り(東京発)で富士山側の座席は?


https://www.photo-ac.com/
先ず、新大阪や名古屋から東京行の上り新幹線に乗った場合、

富士山は東海道新幹線の線路より内陸側に位置していますので

新幹線の進行方向の左側に座ると富士山が窓越しに見えます。

 

一方、東京発の下り新幹線で富士山を見たい場合なら

富士山を見る事ができるのは反対の進行方向の右側の席になり

どちらの場合も勿論、通路側ではなく窓側に座るのが最適です。

 

上り(東京行き)下り(東京発)とも富士山を見るならE席!


引用:https://www.pakutaso.com/
さて、上りは左側、下りなら右側の座席が最初のポイントですが

新幹線の座席を予約する場合は上り、下りに関係なく

E席(グリーン車はD席)に座るのが次のポイントになります。

 

尚、上りと下りでは行き先が逆だから座席も逆なのでは?

と一瞬勘違いしそうですが、東海道新幹線は博多―東京間で

折り返し運転なので、上り下りに関係なく座席の番号は同じなんです。

 

なので、新幹線から富士山が見たいなら予約する座席は

進行方向に関係なく常に山側のE席(いい席)と覚えておくといいですね。

 

新幹線で富士山が見やすい座席の位置はある?


引用:https://www.pakutaso.com/
という事で、富士山を新幹線から堪能するならE席な訳ですが

車両内の座席の位置によっては丁度、窓枠にかかったりして

眺望が遮られてしまうのではというのも気にかかりますよね。

 

ですが、東海道新幹線は、窓枠が一座席に一枚という配置なので

車両の前後、中央関係なく基本的には同じ条件の眺望になるため

実際には、富士山を見やすい座席の位置というのは特にない模様です。

上り(東京行き)新幹線から富士山が見えるタイミングは?

という事で、富士山が見やすい新幹線の座席を踏まえた上で

続いては上り(東京行き)の新幹線で富士山が見れるタイミング

詳しくご紹介しますのでぜひ参考にして下さい。

 

上り(東京行き)新幹線から富士山が見えるタイミングの目安

上のマップは大阪、名古屋方面から東京行きの上り新幹線に乗った際、

富士山が見える場所の目安になるスポットと駅名を表示したものです。

 

上り新幹線で富士山を見るために注意しておきたい最初のタイミングは

基本的に新幹線が静岡駅を発車して以降で、詳細は後程ご紹介しますが

富士山を見逃したくない場合はスマホのバイブレーション等を設定して

静岡駅に到着した事が分かるようにしておくといいですね。

 

上り(東京行き)新幹線から富士山が見える各駅からの時間

それでは、上のマップ上の各スポットについての詳しい情報を

タイミングも含めご案内しますので、富士山を見る目安にして下さい。

 

①静岡駅

 

@showtaworksがシェアした投稿

のぞみ目安時間:新大阪駅から約1時間35分、名古屋駅から約40分

こだま目安時間:掛川駅から約12分

※ひかりは停車駅が新幹線毎に異なるため別途、要確認

 

この時点では、新幹線からまだ富士山は見えませんが

静岡駅を発車後、時間を置かずに富士山が見え始めるため

見逃さないよう準備をしておくには絶好のタイミングになります。

 

②富士川の鉄橋

 

引用:https://youtu.be/trAbfWucdCw

静岡駅を発車後、約5分で上り(東京行き)新幹線から富士山が見える

最初のタイミングである富士川の鉄橋に列車が差し掛かります。

 

富士川を通過する目安は、静岡駅発車後、短いトンネルを先ず一本抜け

その後、長いトンネルを3本抜けてすぐというタイミングになります。

 

尚、富士川の鉄橋を通過中に新幹線から富士山を撮影する場合は

鉄橋のトラスが邪魔にならないので上りでの撮影がよりおすすめですよ。

 

③新富士駅

富士川の鉄橋通過から約1分

富士川の鉄橋を通過後は、防音壁などで視界が遮断される時を除き、

富士山は新幹線の車窓から新富士駅到着までずっと見る事ができます。

 

因みに、新幹線が新富士駅通過後は直ぐ工場地帯に入るので

多少視界が悪くなりますが、煙突や倉庫と富士山のコラボといった

ユニークなビューポイントもあり色々な景観が楽しめますよ。

 

④三島駅

 

きんさん(@kin_925)がシェアした投稿

新富士駅通過後は約3分で新幹線から富士山は見えなくなり

上りの新幹線の富士山のビューポイントは基本的に終わりになります。

 

但し、三島駅位まではまだ近距離に富士山があるので

座席に座ったままだと見にくくなりますが、デッキに出たりして

進行方向とは逆の後方を見ると富士山が見れる可能性がありますよ。

 

⑤安倍川※

 

相馬 茂一さん(@g.moizo)がシェアした投稿

尚、基本的には山側の座席からしか見えない富士山ですが

静岡駅に到着する約1,2分前の約1分間のというごく短い間ですが

線路が南北に走っているため海側の座席からも富士山を見る事ができます

 

下り(東京発)新幹線から富士山が見えるタイミングは?

先ずは上り(東京行き)新幹線から富士山が見えるタイミングでしたが

引き続き東京発の下りの新幹線の富士山のビュースポット

詳しくご案内しますので、併せてチェックしてみて下さいね。

 

下り(東京発)新幹線から富士山が見えるタイミングの目安

上のマップの通り、東京発の下り新幹線で富士山が見えるのは

新幹線が熱海駅を出て三島駅、新富士駅を経て静岡駅に至るまで

一番、間近で富士山を見る事ができるタイミングの目安になります。

 

但し、天気が良い日であれば新横浜通過後に

平塚市付近からでも遠くに富士山を見得る可能性があるので、

窓の外に注意を払って見入ると富士山を確認できるかもしれません。

 

下り(東京発)新幹線から富士山が見える各駅からの時間

それでは以下に東京発の下り新幹線で富士山が見える時間の目安について

詳しく上げておきますので、ぜひタイミングを計る手がかりにして下さい。

 

①新横浜

のぞみ目安時間:東京から約20分

新横浜駅からは富士山は見えませんが、好天で視界の良い日なら

平塚市付近からでも新幹線から遠くに富士山が見えるので

気象条件次第では車窓チェックしておく価値はありますよ。

 

②平塚市付近

 

Takeo Fujiiさん(@shobe)がシェアした投稿

新幹線が新横浜を発車してから約10分後に平塚市内を通過中に

2分間ほどですが、遠方に富士山が見える可能性があります。

 

③熱海駅

東京駅出発から約40分、新横浜から約23分後

下りの新幹線が熱海駅を通過してから数分後に

長いトンネルを抜けた後、富士山が進行方向の前方に見え始め

三島駅に近づくにつれて、富士山の見え方はより大きくなります。

 

④三島駅

引用:https://youtu.be/8d3WJyqxjbU

三島駅を通過後は、断続的に富士山を近景で見ることができます

防音壁や工場地帯などで視界が遮られることがあるため三島駅から

新富士駅までは窓の外に常に注意を払っておくといいですね。

 

尚、三島駅通過から約3分後に富士山が進行方向の前方に

しっかり確認できるようになり、ビューポイントが続きますが

新富士駅に近づくにつれ工場の建物が増え視界が悪くなります。

 

⑤新富士駅

 

TORUさん(@tre.ponte)がシェアした投稿

上りの新幹線でも触れた通り、新富士駅の周辺では

基本的には新幹線から常に富士山が見れるチャンスがありますが

駅周辺は防音壁が邪魔して余り視界が開ける場所はありません。

 

とは言え、防音壁が途切れた部分では間近に富士山が見えるので

新富士駅から富士川の鉄橋までは常にシャッターチャンスの

タイミングがありますよ。

 

⑥富士川の鉄橋

 

chanshoooさん(@chanshooo)がシェアした投稿

新富士駅を通過後、約1分で富士川の鉄橋に新幹線が差し掛かり

富士山がやや後方に見えますが、ここが東京発の下り新幹線では

最後のメインの富士山のビューポイントになります。

 

尚、上り新幹線と同様、静岡駅通過直後に安部川付近からも

海側の座席からごく短い時間ですが富士山を見る事ができますよ。

新幹線から富士山を見る際におすすめのグッズは?

さて、新幹線から富士山が見えるタイミングやスポットを

見てきましたが、新幹線から富士山を見る際におすすめのグッズ

ご紹介しておきますので、ぜひ参考にして下さい。

 

新幹線から富士山を見る際におすすめのグッズ1

新幹線から富士山を見る際は、肉眼で見て楽しむだけでなく

美しい車窓からの風景をカメラにも残したいものですが、

窓越しの撮影ではリフレクションが写真に写ってしまい

折角の素敵な写真も台無しになってしまう危険がありますよね。

 

その点、こちらのワイドシリコンレンズフードがあれば

ガラスが反射しないよう窓にぴったりレンズを密着させ撮影でき

新幹線の窓越しでも綺麗な富士山をカメラに収められおすすめですよ。

 

新幹線から富士山を見る際におすすめのグッズ2

新幹線からの富士山は、スマホでも十分きれいに撮影が可能で

カメラ同様、レンズを窓に密着させ撮影するのがポイントですが

肝心のバッテリーが途中で切れてしまっては元も子もないですよね。

 

上記のケーブル内臓のモバイルバッテリー

スマホやタブレットの充電に幅広く活用できるアイテムで

重さ約258gと軽量なので手軽に持ち運べる上、

高速で充電も可能で何かと役立ち大変おすすめですよ。

 

新幹線から快適に富士山の絶景を楽しもう!

という事で、新幹線から富士山が見える座席やスポット、タイミング等

詳しく見てきましたが、いかがだったでしょうか。

 

お仕事やレジャーでも利用する機会の多い東海道新幹線なので

ぜひ次回乗った際には、窓越しに雄大な富士山を鑑賞し楽しんで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です