山桜の開花時期はいつ?里桜(ソメイヨシノ)とどっちが早いかも解説

日本の桜の品種は全て合わせて数えると約600種類以上になると言われています。

そんな桜ですが、ザックリ分けると「山桜」と「里桜」で区別されるのはご存知かと思います。

  • 「山桜」→ 野生の桜
  • 「里桜」→ 品種改良された桜

また、山桜と里桜には代表的な品種があり、山桜には「ヤマザクラ」。里桜は「ソメイヨシノ」

皆さんも良く知っているソメイヨシノは品種改良された品種の1つなのですね。

上記のように2つに分けられる桜の木ですが、それぞれの開花時期に違いはあるのでしょうか?

今日はそんな「桜」について、まとめてみました。

山桜(ヤマザクラ)の開花時期

野生の桜である山桜には基本の品種が9種。そこから派生したものが100種類以上あると言われています。里桜と見た目はほぼ同じですが、開花と同時に葉っぱが出てくるのが特徴です。

出典:wikipedia

そんな山桜の開花時期は、野生ということもありそれぞれの品種により個体差が大きく、一気に開花したり散ったりという事が無いのが特徴。3月下旬〜4月にかけて所々で咲き乱れるため、期間中はムラなくお花見が楽しめます。

山桜で代表的な品種は、ちょっとややこしいですが、「ヤマザクラ」という品種。

「ヤマザクラ」は吉野の桜が有名で開花時期の4月には山一面に桜が咲き乱れる「日本の象徴」と言っても良い桜の品種の一つになります。

出典:ウォーカープラス(吉野の山桜)

里桜(ソメイヨシノ)の開花時期

里桜とは、野生の山に咲く桜を園芸用に品種改良した桜の総称を言います。

品種改良という言葉を聞くとバイオテクノロジーより最近作られてきたものかと想像してしまいますが、なんと桜の品種改良の歴史は平安時代からされていると言われています。

里桜の代表品種は「ソメイヨシノ」で、山桜と違い、開花時に葉っぱが出てこず純粋に桜の花だけを楽しめ、見た目がシンプルに美しいのが特徴です。

出典:wikipedia(ソメイヨシノ)

現在の日本の桜の大部分である8割を占める里桜の代表品種「ソメイヨシノ」は江戸時代に品種改良により作られた桜です。私達がいつも見ている一般的な桜が自然なものではなく品種改良により作られた桜であるというのはなんか不思議な感じがしますよね。

そんな、代表品種にソメイヨシノがある里桜の開花時期は、関東でいえば3月下旬〜4月の頭になります。

ちなみに同じく品種改良された少し変わり種な桜、しだれ桜の開花時期はソメイヨシノ等より一週間早い開花時期になるようです。

しだれ桜の開花時期情報はこちらの記事にまとめてあるので、興味がある方は是非ご覧ください。

しだれ桜の開花時期はいつ?京都のオススメお花見穴場スポットを紹介

里桜と山桜の開花時期はどっちが早い?

出典:地球の撮り方

上記の点から、里桜と山桜の開花時期の早さの違いは目立つ違いはありません。どちらも3月下旬から開花していきます。

品種と見た目が違う「しだれ桜」の開花時期が一週間早いという所はポイントですね。

開花時期に関連する所で山桜と里桜で唯一違うのは、開花時期と満開時期のメリハリの違いです。

山桜の開花時期が3月下旬〜4月にかけて同じ場所でも各々の状態でバラバラに咲き乱れるのに比べ、里桜の開花のタイミングはその場所にある桜の花が一斉に咲き一斉に散る。というメリハリがあります。

ほぼ決まったタイミングで花が咲くため、里桜はお花見の予定やイベントをきっちりと立てやすく観賞用に特化されているといえますね。もちろん、山桜の自然な美しさも里桜とは違った風情を感じる事ができます。

代表的な山桜

以下からは、代表的な山桜の品種をご紹介していきます。

ヤマザクラ

出典:ぐるなび

ヤマザクラ(山桜)の特徴

  • バラ科サクラ属の落葉高木。
  • 日本の野生の桜の代表的な品種。
  • 和歌にも数多く詠まれている
  • 桜の仲間では寿命が長い。
  • 樹高30mを超える。
  • 樹形は箒形で、ケヤキに似てる。
  • ヤマザクラを原種する種が多い。
  • 多くの場合葉芽と花が同時に展開する。
  • 日本、台湾、韓国、北朝鮮に分布。
  • 開花時期は3-4月頃。

引用:wikipedia

カスミザクラ

出典:松江の花図鑑

カスミザクラ (霞桜)の特徴

  • バラ科サクラ属の植物。
  • 桜の野生種の一種。
  • 花柄に短い毛が生えている。
  • ケヤマザクラなどとも呼ばれる。
  • 名前の由来は霞の様に見えるから。
  • 樹高は15mから20m程度
  • 落葉高木で大きいものは20mを超える。
  • ヤマザクラよりも標高の高い位置に生えている
  • 花弁は5枚で丸く先端が切れ込み、雄蕊は40本ある。

引用:wikipedia

エドヒガン

出典:国民公園協会

エドヒガン(江戸彼岸)の特徴。

  • バラ科サクラ属の植物の一種。
  • 桜の野生種の一つ。
  • 名前の由来は彼岸ごろに花を咲かせることから。
  • 落葉高木
  • 樹高はおおよそ15m-25m。
  • 葉は楕円形で長辺が5-10cm。
  • 名前の通り春の彼岸ごろに花を咲かせる。
  • ソメイヨシノより早く花が着き始める。
  • 花は薄紅色から白で花弁は5枚で一重。
  • ソメイヨシノの片親

引用:wikipedia

代表的な里桜

ソメイヨシノ

出典:wikipedia

ソメイヨシノ染井吉野)の特徴

  • 花弁は5枚で葉が出る前に花が開き満開になる。
  • 開花期は九州・四国地方で3月下旬ごろ。
  • 花色は蕾では萼等も含めて濃い赤に見える
  • 咲き始めは淡紅色、満開になると白色に近づく。
  • 萼筒は紅色でつぼのような形をしている。
  • 樹高はおおよそ10-15 m。
  • 日本では非常に良く植えられている。

引用:wikipedia

八重桜

出典:wikipedia

ヤエザクラ(八重桜)の特徴

  • 八重桜は一つのサクラの品種ではなく、八重咲きに花を付けるサクラの総称。
  • 花弁の枚数は300枚近くに達する例もある。
  • 花弁が非常に多く細い菊咲きの場合には特にキクザクラという名称で呼ばれることもある。
  • ソメイヨシノが散るのと同じ時期に開花を始める。
  • 関東や関西での見頃は4月中旬以降。
  • 開花から散り始めまでの期間が比較的長い。
  • 花はやや大きめで丸くふんわりとした形
  • 一輪から非常に豪華に花ビラを重ねるものまで多彩
  • 関東では新宿御苑、関西で大阪の造幣局がヤエザクラの名所として有名。

引用:wikipedia

しだれ桜

出典:wikipedia

シダレザクラ(枝垂桜)の特徴)

  • バラ科サクラ属の植物の一種
  • エドヒガンの枝垂れ品種。
  • 枝がやわらかく枝垂れる桜の総称とされる。
  • エドヒガンの系統が多く、品種も多様。
  • ヤエベニシダレやベニシダレなどが有名。
  • キヨスミシダレのような品種もある。
  • 開花時期は3月下旬~4月(ソメイヨシノより1週間程度早い)。
  • 枝が長くその名の通りにしだれている。
  • 京都府の府花に指定されている。

引用:wilkipedia

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段何気なく、見ている桜ですが多種多様な品種があり、その形や特徴も様々。

私達が普段みているソメイヨシノが江戸時代に品種改良された花であると言うことも意外な所ですよね。

せっかく桜の木が多い、日本に産まれてきたからからには満喫しなければ損ですね!

最近はお花見自体を敬遠している若者も多いらしいですが、マナーを守りつつも桜の鑑賞を楽しみたい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です