平昌スケートの斉藤のドーピングは意図的?原因や薬の種類を調査

平昌五輪スピードスケート男子日本代表斎藤慧選手
抜き打ちドーピング検査で陽性反応がでたことがニュースでも話題になっています。

世間も日本人がドーピングに引っかかったことを受けて
場所が場所だけに意図的に仕組まれたんじゃないか?や
韓国の仕業か盛られたか嘘か
いろんな憶測があげられています。

実際に、自主的に選手村を退去していますので
真相がますます気になります。

ドーピングは意図的なのか?原因や反応してしまう薬の種類を調査していきます。

平昌スケートの斉藤のドーピングは意図的?

びっくりするようなニュースが飛び込んできましたね。
今回の検査は、抜き打ちで行われたみたいです。

以前カヌー選手のドーピングを混入されたばかりの事件後なので
また混入されたか盛られたのか?など
世間では言われていますが、真相はどうなのでしょうか。

斎藤選手はドーピングについて否定しています。
本人も陽性反応がででたことに驚きを隠せないようすですね。
ドーピングを行おうと考えたことはこれまで一度もないとのこと。
アスリートとしての意識の大切さを十分理解していること
また無意識に摂取することがないよう
ケガをした時や体調を崩した時に病院で処方される薬については、
専門家に相談し、日常の食事や飲み物にも気をつけていました。と
語っていることから、意図的に使用した感じがしません。

斎藤選手のコメントを見ても
なんの薬でどんなドーピング反応がでるのかなどの
知識をしっかり持った印象でした。

では、盛られたのか?誰かの仕業でしょうか?

原因や薬の種類は?

今回検出されたアセタゾールアミドは、
利尿薬で、てんかん睡眠時無呼吸症候群緑内障メニエル病などの治療薬だそうです。
筋肉増強剤を隠蔽する目的体重を落とす目的などで使う人がいるため、禁止薬物になっています。

斎藤選手もアセタゾールアミド成分禁止薬物であることを知っていました。
『筋肉増強剤を使用したことがありませんので、それを隠そうなどとは考えませんし、利尿剤を使用して体重を落とそうと考えたこともありません。この薬を使用するメリットも動機も私にはありません。

無意識に摂取してしまったのであれば、
自己管理が甘かったと思われても仕方ありませんね。

ですが、言葉の重みと言いますか、
しっかりと信念があり、このような事実を隠そうとせずに堂々としていますよね。

私は意図的にドーピングを使用したとは考えられませんでした。

引用:https://sports.smt.docomo.ne.jp/ol2018/competition/speedskating/?kydpwog_page=PROFILE3014445

1月29日に合宿中に受けた検査では禁止薬物も検出されず陰性でした。
自らの意志で何かの薬物を接種したという事実はありません。と釈明しています。

陽性反応の原因として考えられるのは、無自覚のまま禁止薬物を口にしてしまったこと
自身の身に覚えのないことで混乱してると思いましが、
身の潔白を証明するために戦っていきたいと考えております。とのことでした。

自主的に選手村を退出した理由も
暫定資格停止という決定を受け入れ、日本のチームに迷惑をかけないためだったのですね。

チームを離れてもチームの一員として仲間を応援しています。』
と言葉を残しています。

まとめ

最終的な処分は大会後に発表されるっみたいですが
日本代表選手が今回このような事態になってしまったこと非常に残念です。

物騒な世の中なので、第三者に仕組まれたか?
本人の釈明から推測するとなさそうですよね。

でも一体何を口にしたのか?気になります。明らかになっていませんが
本人も無意識だったようですし、
選手は口にする物の記録したり、管理体制を徹底しなければいけないのかなとも感じました。

平昌ではノロウィルスが流行っています。
もしかしたら、風邪薬を服用してしまったのかもしれませんね。

ちょっとした風邪薬飲んだりして陽性反応がでてしまうこともあるのだとか。
今のドーピング検査は少量でも反応が出てしまうくらい
厳重体制のなか行われています。
そこまでするならずさんな衛生管理運営状況など見直す点がまだまだたくさんあるのでは?と感じています。

ぐだぐだの平昌五輪の中、選手のみなさん、スタッフは頑張っていますので、引き続き応援したいです。検討を祈っています。

そして、斎藤選手のドーピング疑惑が晴れることも祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です