アマゾン(架空)から感謝状の目的はなに?誰の仕業で詐欺なのか調査

ネットニュースを見ていたら
大きくAmazon(アマゾン)とロゴの入ったから黄色い封筒
届いたとSNSのツイッターに投稿されたていました。

内容は『感謝状』とのこと。

それは本物のアマゾンからではありませんでした。

一体、誰が何の目的のために送ってきたのか?
気になりますよね。
もしかして新種の詐欺もしれないと騒がれているので
わかる範囲で調査してみました。

アマゾン(架空)から感謝状の目的はなに?

アマゾンからいきなり感謝状が来たら
えぇ?私なんか感謝されるようなことしたかな・・・?

とびっくりしますよね。

提供元:twitter.com

届いたのは黄色い封筒で
感謝状と書かれています。

提供元:twitter.com

感謝される身に覚えのないことや
同じ感謝状が2通も届いて
不審に思い、本社のアマゾンに問い合わせわしたら

提供元:twitter.com

まさかの、架空アマゾンでした!

最近、架空のアマゾンを偽って詐欺の事件
相次いでいます。

→アマゾン有料動画とコンテンツ未払いの請求メールは詐欺?対処方法も

大手であるアマゾンの信用を損ねてしまい兼ねる行為に
アマゾンも頭を抱えていることでしょう・・。

本物のアマゾンからは、破棄していただきますように。と
促されていますが、感謝状が届くということは
もう、個人情報である住所がバレてしまっていますよね。

誰の仕業で詐欺なのか?

感謝状が届いただけで、何の被害にも遭っていないようですが、
「本物のアマゾンではないなら誰が??」ってなるには当たり前で
住所もバレていますし、気持ち悪いですよね。

今では誰でも気軽にSNSできます。

いいね!』を貰ったり、『シェア』したり。

自分の身の回りの情報
簡単に、気軽に拡散することができます。

アマゾンから感謝状が届くなんて、
今までに聞いたことありませんよね?

もしかして、自分だけ届いたの?
と思った人は「他にも同じ人がいるのかな」と
気になったりします。

SNSに投稿します。

拡散されます。

話題になります。

アカウントと個人情報の特定成功!

どうやら、架空アマゾンは
この流れの行動を読んでいると思われます。

提供元:twitter.com

今回の受け取った人がSNSにアップしたことで
住人とSNSを紐づけて
自宅不在情報をSNSで得たら空き巣に入る。

という詐欺ではありませんが
空き巣被害に遭う可能性があるのだとか。

架空アマゾンも考えていますね。

確かに感謝状にコードや金銭絡みの
内容がないため、最初は危機感もなく
アマゾンを一度でも利用したことがある人なら

へぇ〜、こんなん届くんだ。』と

思いますよね。

こんなもん届いたぜぇえ!」とSNSあっぷ!

架空アマゾンに行動を読まれているのが
怖いですww

他にもAmazonから謎の感謝状が届いたツイートを
している人がいるみたいですが、削除することをおすすめします。

また、封筒のバーコードが写っているものを
SNSに投稿するのも注意が必要みたいです。

提供元:twitter.com

個人の住所や名前を消しても
送り状番号(バーコードと数字)がわかれば
誰でも個人情報が分かってしまうそうなのです。

すぐに個人情報が特定されることはないようですが
配達状況やルートなど判明してしまう情報もありますので
こういう写真はアップしないのが安全ですね。

架空アマゾンの犯人は?

提供元:twitter.com

やり取りにもありますが、
どうやら台湾や中国での犯行と憶測されています。

しかも、架空アマゾンのロゴが正規のロゴと
違うらしいです。

デザイナーには違いがわかっても
素人の目には全く一緒にみえますよね^^;

まとめ

詐欺ではなさそうですが、
黄色い封筒をSNSにアップすることで
空き巣被害に
発展してしまう可能性があると判明しました。

SNSにアップするだけで個人情報がバレてしまう。

つぶやくのは個人の自由ですが
個人の特定の心配があれば、承認申請が必要の
鍵付きアカウントに変更するなど対策できると思います。

正直、ネットは便利の面もあります。

でも怖い面も持っていることを忘れず、
時代に合わせて、自分の身は自分で守れるように
知識を蓄える必要があるのではと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です