コインチェックの破産申請は本当?現金出金が出来ないで倒産の可能性

コインチェックが金融庁検査を31日に受けました。

損失金額である580億円に関しては、
全額返金にて応じる旨を発表しましたが、
本当に可能な財務状況であるかを調べる為です。

そんな金融庁検査を一応通過した訳ですが、
コインチェックの内部告発が今度は流出。

なんと、
コインチェックが破産申請の準備をしている
との証言が内部より出ているとのことなのです。

これがもし本当であれば現金出金はいつから可能か?
と悠長なことを言っている場合ではなくなり全てが0。

投資した金額は完全に損失となる見込み

そこで今回はコインチェックの破産申請は本当か?
現金出金が出来ないで倒産の可能性があるのかを検証してみます。

コインチェックの破産申請は本当か?出金はどうなる

金融庁が先月1月29日に業務改善命令を出し、
2月13日までに提出するようにと促していました。

ですが、それを待たずして現場の状況を把握し
返済能力の有無を確認する為に2日に立ち入り検査。

その後の公表は現在されていませんが、
金融庁検査が終わって破産申請をしていない事から
倒産の可能性はないとの動きで見ている方もいます。

そもそも金融庁が立ち入り検査にすぐ入る

というようなことは滅多に起こることでは無く
今回踏み切ったのは内部告発が原因とされてます。

内部告発として有名なのがこちらの内容であり
こちらの内容では一昨日には破産予定でした。


出典元:twitter.com

コインチェック社の事業内容は主に2つ有り
取引所としての役割と販売所としての役割。

取引所は個人から仮想通貨を購入

つまり、
あなたが持っている仮想通貨を売りたい。

この時にメルカリみたいに
安全に売る為に仲介してあげるよ!

っていうのが取引所としての仲介業務です。

一方で販売所での業務は、
スーパーが農家から仕入れた野菜を売るように
コインチェックが仕入れてきた仮想通貨を売ってあげるよ。

その代わりスーパーが利益を上乗せして売るように
手数料はちょっと高く頂戴ねっていう仕組みです。

ただし、取引所にしろ、販売所の業務にしろ
コインチェックは売買の中心に存在します。

そして、売買の中心に存在するだけでなく
顧客の仮想通貨の管理も担っていました。

私達のような使用者からしてみたら、
銀行の定期預金にお金を預けていて
増えるのをひたすら待っている感じです。

取引所・販売所から買った人→コインチェックに預ける

取引所・販売所で売った人→残っていれば残額の仮想通貨をコインチェックに預ける

どっちにしろコインチェックの管理下に
ほとんどのユーザーの財産があったのです。

で、これをコインチェック側が不正に使用して、
お金の動きに不具合がかなり生じてきてしまったから

意図的にハッキングされたように見せている。
というのがこの内部告発の内容になるのです。

で、これを受けて金融庁検査が入ったとの
見方が現在されているのではないかということですね。

では、実際にコインチェックが破産するのか?
ということなのですが現在は2通りの見解があります。

現金出金が出来ないで倒産の可能性

まずは確実に破産するだろうという見方ですが、
コインチェックからリップル等が600億円分動いている。

という証言をしている方がツイッターにいます。

 


出展元:ツイッター

現状持っている資産の整理とブログに加えて
システムの全停止を現在完了したとの見解です。

これを受けて間もなく破産する。
ということをこの方は予測しております。

 

が・・・もう一方の見方もあります。


出典元:twitter.com


出典元:twitter.com

上記の破産への流れを受けて確認した方が、
確かに600円分の仮想通貨の移動がある事実を確認。

ですが、計画倒産だとすると今持っている仮想通貨の
損害金額が大きすぎるという点を指摘しています。

また、
その移動させた仮想通貨を外に出す事は現在出来ず
保有している状態での買い増しは倒産時の自分達の損失をでかくするだけ。

だから無いだろうということですね。

また、金融庁が入ったのに入金を止めてない事は
今後再開の見通しがあると金融庁が判断したから。

つまり、
返済能力も認められているのではないか?
という見方からの倒産はないとの見方もあります。

コインチェックの破産申請まとめ

マウントゴックスは過去には破産申請をしましたが、
今回も動揺の事件となるのか・・・

実際に投資目的で無くなる覚悟があっても
実際になくなってしまったら最悪な気分です。

ましてや、こんな形とは^^:

ただ、仮想通貨自体はこれから
私達の金融を牽引する物であるとも思ってます。

今後、どのような展開になるのか?
注目してみていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です