北九州で盗難されたシアン化ナトリウムはテロ目的か?危険性や特徴も

北九州市、小倉北区の化学薬品卸業者(倉庫)から
シアン化ナトリウム(別名:青酸ナトリウム・青酸ソーダ
約1キロが紛失したことを報道されていました。

捜査によると盗難とみられ
5千人分の致死量に相当します。

これはテロ行為なのか?
危険性や匂いがあるのか、見た目など
気になることを調査してみました。

北九州で盗難されたシアン化ナトリウムはテロ目的か?

株式会社コタベ化学薬品を扱う会社です。
そこの倉庫から盗まれたとされ、
猛毒である危険化学薬品が簡単に盗まれてしまうという
会社の防犯や管理体制も気になるところです。

  シアン化ナトリウムはなに?

別名で青酸ナトリウム・青酸ソーダ・青化ソーダとも
言われ、鍍金(めっき)ほか、工業的に広く用いられています

毒物及び劇物取締法で毒物に指定されているほど
猛毒をもっています。

成人の致死量は200mgです。
少量で死に至ります。

  テロの可能性は?

シアン化ナトリウム(粉末500g)入りの
容器が2本足りないことが判明し、
今回の事件に至りましたが、
倉庫は鍵がかかっていました。

倉庫内の紛失で見つかれば
いいですが、これが本当に
外部に持ち出されていて使用されてしまったら
危険ですよね。

内部の犯行か?わかりませんが、
早急な対応が必要なのは間違いないです。

他にも
過去にシアン化ナトリウムが保管された
倉庫が火災によって爆発し有害ガスの発生により
周辺の市民8000が避難する事件など起きています。

シアン化ナトリウムの見た目や匂いはあるの?

見た目は白い粉末です。
これがバラまかれても
正直わかりません。。

提供元:wikipedia

匂いは?

香ばしい匂いがするのでしょうか?

ですが、匂いを嗅いだり
中毒した人の呼気を吸うのも危険です。
また皮膚から吸収することによっても
中毒を起こすこともあります。

  症状は?

めまい、嘔吐、激しい動悸と頭痛などの
急速な全身症状に続いて、痙攣が起きます。
致死量を超えている場合、適切な治療をしなければ
15分以内に死亡する。とのことです。

まとめ

情報がないので
本当にテロの犯行なのかわかりませんが
十分に可能性はあると考えます。

盗んで、何に使用するのか
疑問です。

また倉庫に防犯カメラはなかったのでしょうか・・?
早く犯人を捕まえてほしいですね・・・。

北九州市の周辺に住んでいる
住民の皆さんは恐怖を感じているかと
思います。

早急な対応してくれることと
大事件に発展しないことを願っています・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です