facebookが仮想通貨の広告を禁止するのはなぜ?理由と他のSNSの対応も

facebookが仮想通貨やそれにまつわるICO等に関連する金融商品やサービスの広告を禁止するとことを2018年の1月30日に発表したようです。

去年の年末までは、ビットコインの急上昇に伴う、その他仮想通貨の暴騰により新しい通貨の登場が間違いではなかった。最新の投資方法であると認められていたはず仮想通貨。

今回のfacebook社の広告の禁止ななぜなのでしょうか?その理由とその他のSNSの対応も調べてみました。

facebookが可塑通束の広告を禁止することについての世間の反応

facebookが仮想通貨の広告を禁止するのはなぜ?

今回、ニュースで取り上げられているのはfacebookによる仮想通貨の広告の禁止ですが、禁止される具体的なものは、

  • 仮想通貨
  • バイナリーオプション
  • ICO

の3点です。

facebook社は、

「このようなプロダクトやサービスは誤解を招き、あるいは虚偽を含む行為と頻繁に関連している」

引用:facebook.com

上記引用文のように、3つのプロダクトについての広告禁止の理由を語っています。

これは単純に、仮想通貨自体を存在を否定しているわけではなく、facebookの広告を利用することによって、仮想通貨をうたった詐欺的なビジネスが横行している現状と、仮想通貨取引所等のセキュリティの甘くサポートの悪い、顧客に優しくない不誠実なサービスが原因になっているようです。

そしてその仮想通貨詐欺や不誠実なサービスを拡散させてしまっていては、facebookの信頼が著しく低下してしまう恐れがあるし、犯罪の片棒をかつぐことになってしまいます。それを防止するための禁止措置のようにとれます。

仮想通貨はまだ確立されているとはいえない中での運用になってくるため、正しい知識を持っている人も少なく詐欺犯罪者が横行してしまう・管理が不安定になってしまうのは当然でありそれを良しとしないのは納得できる所です。

時期的に今回facebookが広告を禁止したタイミングは、日本でのコインチェック社の盗難事件が起こったタイミングでもある事から今回の事件をきっかけに禁止に乗り出したのではないかという見方も多少はできます。

facebook社のLeathernさんは自身のブログに

「〔暗号通貨に関連した〕各種のプロダクトやサービスを人々が発見し、学ぶことを望む」
「しかし現在、暗号通貨、バイナリーオプション、ICOに関連して運用が不誠実なプロダクトのプロモーションが存在する」

と、語っています。

日本で取り上げられている表面的なニュースを読んで、「facebookが仮想通貨を全面的に否定している。」
というのは大間違いで、facebookは新しい波を使った詐欺行為と不誠実なサービスに対して警笛を鳴らしているわけですね。

今回のfacebookの広告禁止により、

  • オーディエンスネットワーク
  • インスタグラム

なども仮想通貨関連の広告を禁止する方針を立てています。

その内、この禁止の波は、ツイッターやグーグルまで波及する可能性も考えられます。

facebook社は、状況が改善されれば再度再開もありえるが、現状では信用できる・できないの基準を広く見て、ほぼ全面禁止の方向で動くようです。

最近、ネットでもテレビでもよく見る仮想通貨のCMやPR。

このfacebookの波を受けて広告が禁止・自粛されていくことにより、革命的な仮想通貨の今後の展望に水を指すことがないよう祈りたい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です