サザエさんのCMスポンサーの大企業はどこ?入札額と落札額はいくらか

長年続く日本人では知らない人がいない番組サザエさん。

さぁて!来週のサザエさんは!?という終わりと
最後に家に全員が入っていく絵が印象的ですよねww

そんなサザエさんを長年支えていただ東芝が
スポンサーを降りることで番組存続の危機・・・

となっていたんですが、
そこに名乗りを上げたのが高須クリニックの高須院長

さすがの資本力と行動力でありすごすぎるのですが、
なんと高須院長が大企業に入札で負けてしまったのです。

ここまで資本力がある院長が負けるとは・・・
いったいどこの企業が名乗りを上げてきたのでしょうか。

CMスポンサーの大企業や入札額と落札額と共に調査します。

サザエさんのCMスポンサーの大企業はどこ?

サザエさんのスポンサー企業なのですが
アマゾンにまずは決定しました!w

買い物しようと街まで・・・出かけない!!
家で注文しちゃう!!♪

みたいな事になりかねないような・・・
とツイッターでは既にささやかれています笑

アマゾンがサザエさんのスポンサーになり、
高須院長はアマゾンに破れたことになります。

海外の超巨大マーケットと争うだけで
どんだけ資本力あるんだって話ですが笑

以前のワールドカップのときにも海外の選手に
2000万円の寄付をしていましたよね。

また、
LINEもサザエさんに入札してたみたいですが
LINE社も落札することができなかったみたいです。

では、こんな大手が入っているのにも拘らず
落札出来ないとは一体入札額はいくらなのでしょうか。

サザエさんのCM枠の入札額と落札額はいくらか

テレビで見るCMは当然ながらその番組のスポンサーで
お金を出してそこに広告を打っているわけです。

サザエさんに関してはフジテレビなので広告費に関して
15秒ごとにまとまったこのようなデータがありました。


出典元:https://www.kokoku-direct.jp/massmedia/tvcm/

15秒で75万円〜100万円となっています。

ただ、これはあくまで目安の金額であり
視聴率によっても当然ながら変わってきます。

CM費用を計算する際には視聴率1%あたりに対し
どれくらいの費用がかかるのかが基準になります。

この視聴率1%に対してかかる費用を
“パーコスト”と言うんですね!

関東のパーコストは7万が平均であり
関西のパーコストは2万5000円と言われてます。

サザエさんの場合は視聴率が約10%ですので、
関東圏1300万人の10%である130万人に見てもらう為に
必要になるコストは70万円になるということになります。

70万円でそこまで多くの人に見られるとなると
CMの費用は以外に高くないのかもしれません。

関東圏には1300万人いるわけですが、
全国で見れば人口は約1億人いますよね。

1億人の10%は1000万人な訳であり
130万人は東京に住んでいることを考えると・・・

残りの870万人が地方で見ている事になります。

大阪のローカルでのパーコストは25000円なので
少し下げて870万人を2万円で見てみるとなると

870万人x2万円=1760万円となります。

ここに先程の数字を当てはめると
1830万は最低でもかかるということです。

たっか!!!!!

最初の画像で見て頂いた計算に関しては
ただ単純なCMの値段とされているのだと思います。

時間帯や視聴率やモデルさん等も一切使わず
ただのスタジオ料金みたいなものかと思います。

じゃないと、
一流女優はCM1本3000万貰う訳なので
どう考えても割にあうわけがないですもんね。

それを踏まえて話を戻すと
1760万円x週4=毎月必ず7040万は飛びます。

年間でいえばもっと打つ時期もあったら
どうしても10億以上の資金は必要なのかなと。

また、CMは確実にコネ的な問題もありますので
そこのかなり強いのかなとは思っていますね!

サザエさんのCMスポンサーまとめ

サザエさんといえば昔から見ていた番組ですが
久しぶりにみたら声が変わっててびっくりしました。

今回はCMスポンサーについてまとめましたが
1本のCMで動く金額がいかに大きいのかわかります。

今回は高須院長の特徴的なCM,
イエス!高須クリニックをサザエさんで聞いてみたい気もしますねw

まだまだ現役でバリバリやられるはずなので
ぜひ今後も期待したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です