皆既月食で大地震が起こる確率は?予兆と自然災害との関係性を調査

本日1月31日に
152年ぶりに『スーパーブルーブラッドムーン』が
観測できます。

ネットでもTVでも話題を呼んでいますが、
一方では直下型大地震の発生が起きる!?
とも騒がれています。

果たして噂なのか、
本当なのか迷信なのか。

いつ起きるかわからない自然災害には
備えておかないといけませんね。
でも心の準備ができていません・・・

今回は、スーパーブルーブラッドムーン(皆既月食)と
大地震が起こる確率や予兆、異常気象など
自然災害の関係性も調査していきます!!

皆既月食と地震の関係性は?

月って幻想的で綺麗ですよね。

もうすぐ天体ショーが始まります!
参考にしてください^^

→→スーパーブルーブラッドムーンは何時から?都内の見える場所や方角も

ツイッターを見ていても
地震の心配をしている人がたくさんいました。

なぜでしょう。

スーパーブルーブラッドムーン(皆既月食)とは

  • スーパームーン
    ・・・月が地球に接近して普段よりも
    大きな満月になる現象のことです。
  • ブルームーン
    ・・・月が青くなるわけではないです。
    満月が1ヶ月の間に2回起きます。
  • ブラッドムーン
    ・・・赤みを帯びて見える月のことで、
    地球の影に月が入る月食の際に見ることができる。

3つが奇跡的に同時に重なり
スーパーブルーブラッドムーンが起きます。

天体現象によって月と地球の距離感が変化します。
よって月の引力で大地震や火山噴火の可能性が高まるかもしれません。

とのことなんですね。

確かに月の引力
太陽だけでなく月の引力も海の満ち引きなどを通して
地球の生命に影響を与えている
聞いたことがあります。

また、月が持つバイオリズムは、
私たち人間にも大きな影響を与えています。

満月の時に犯罪が増えると聞きますよね。
それも人間の血液や体液をも引っ張り
神経が活性化すると言われています。

まさに神秘的過ぎます!

地震の起きる確率は?

大地震の関係性を考えると
起きてもおかしくないという
ことですね。

実際に今朝、起きていました。

皆既月食との関係があるのか
はっきりとわかりません。

地震の発生する具体的な根拠はないのと
ただ予測することしかできないので
明確なことが言えないのが現状です。

日本は地震大国とも言われていて
報道されないような
小さな地震は頻繁に発生しています。

あまり考えたくありませんが、
30年以内に70%の確率で起こる。

東京大学地震研究所などの研究チーム
発表しているのも事実です。

今、生きている私達が普通に生活して
被害に遭う可能性はありますよね。

そこも踏まえて、
自分の身は自分で守る
準備と対策をしとく必要はあるのかなと
思います。

まとめ

世界滅亡の予言やオカルト現象など
科学では証明できないことが
たくさん隠れています。

スーパーブルーブラッドムーンの
大地震もその中の一つだと思いますが、
実際に現実に起きたら
大変なことになるのは
十分おわかりだと思います。

備えあれば憂いなし』のように
あのときこうしとけば・・・と
後悔しないのかなと思います。

人の命はお金では買えません。

それに比べると、安いと思います。

人は何か『きっかけ』がないと
行動に移せない傾向があると思います。

そのきっかけが『』なのかな。。。

後回しで『今度でいいや−。』が
命取りになる可能性だってあります。

と思い、私は購入を決めました。

実際に異常気象は起こっていますし
いつでも自然災害に備えたいですね。

人はいつ死ぬか、わかりません。

後悔しない日々を生きていましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です