コインチェックの返金はいつ?ネム以外の他の通貨の出金についても

大手取引所コインチェックより、仮想通貨ネムが不正に約580億円盗難された今回の被害について、コインチェック社は460億円の返金を約束すると発表しました。

しかしその返金の時期は発表されておらず、

「本当に返金してくれるのか?」

「税金を支払い日の前に返金はあるのか?」

今回の事件で、被害にあった投資家の方達の疑問の声が相次いでいます。

↓↓関連記事はこちら↓↓

コインチェックの返金の出どころはどこから?460億の現金の捻出方法は
仮想通貨の取引所でおすすめはどこ?2018年からの初心者向けに紹介
仮想通貨の取引所で日本語対応はどこ?安全性に取引できる販売所一覧

コインチェックの返金がいつになるかという世間の声


コインチェックの返金はいつ?

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額:5億2300万XEM
保有者数 :約26万人

補償方法 : NEMの保有者全員に日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。

算出方法 :NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。

算出期間: 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)

補償金額: 88.549円×保有数

補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。
なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

引用:コインチェック

現在、コインチェック社のサイトで正式に発表されているのは以上のような文章で、まだ正式に時期の詳細については触れられていません。

現在わかっているのは、

  • 26万人全員に返金を実施する
  • 88.549円✕保有数の返金
  • 日本円(JPY)での返金
  • 保証時期→検討中
  • 手続方法→検討中

以上の5項目だけです。

今回の返金は、コインチェックが持つ原資により賄われるそうですが
そのお金の出どころはどこなのかも話題になっています。

実際、今回発表した返金総額460億円の現金を持っているならすぐにでもとは
言わないまでも、返金時期に目処は立つはず。

それを、「何ヶ月以内。」「近い内に」という言葉もなく、

「検討中。」

の一言で済ませている現状、実際には返金の目処が立っていないのではないのかと疑う世間の声も納得できます。

これだけ話題なり、破産直前の方達もいる中で、少しも返金日時の詳細を伝えない
コインチェック社の対応には信用ができる要素が一ミリも無いのが現状です。

今回盗難されたネム以外の出金も以下の通りであることから、本当に返金額相当の
金額を保有しているのかどうかも怪しい所となってきています。

現在のCoincheckサービスにおける「出金」の一時停止につきましては、当社が自主的に行っている措置でございます。また、再開に伴う安全性等が当社にて確認され次第、再開を予定しております。数日中にも見通しをお知らせいたしますため、今暫くお待ちくださいますようお願い申し上げます。

この度はご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

引用:コインチェック

今回のような大規模な金額の返金を表明する企業は例をみない事から、
予測は立てる事ができないのですが、年内の返金を絶望視している声も上がっています。

不測の事態とは言え、今回の騒動は知名度を上げていた仮想通貨の信用を損なう事はもちろん、
多くの被害者をだしてしまった事実に今後のコインチェック社の対応を信用したい所です。

↓↓関連記事はこちら↓↓

コインチェックの返金の出どころはどこから?460億の現金の捻出方法は
仮想通貨の取引所でおすすめはどこ?2018年からの初心者向けに紹介
仮想通貨の取引所で日本語対応はどこ?安全性に取引できる販売所一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です