はれのひの社長がまだ逮捕されないのはなんで?理由や詐欺罪の条件は

成人式という人生に一度の晴れ舞台を
ぶち壊し日本を騒がすはれのひの社長

姿を消していたと思えば忽然と姿を現し、
理由や経緯を話す記者会見を行いました。

ですが・・・

この記者会見で誰もが嘘なのではと違和感を感じ
実際に逮捕はまだなのか!?いつされるのか!?

など疑問を抱いていると思います。

そこで今回は、
はれのひの社長が逮捕されないのはなんで?
その理由や隠し財産の場所はどこなのかを考察します。

はれのひの社長がまだ逮捕されないのはなんで?

はれのひが行ったことは詐欺罪に当たるのでは?
と言われており当てはまれば逮捕に当然至ります。

ですが、まだ逮捕には至っていない訳ですが
はれのひの行ったことと現状を考察してみます。

詐欺罪にあたるのでは?と言われている内容2つ

はれのひに着付けをしてもらう為に契約をした方は、
当日の着付けの為にはれのひに着物を預けています。

そして、成人式のひに着付けを確実にできる様に
はれのひは着付け会場などの段取りをするわけです。

しかし、
会場の準備はおろか着物を転売している・・・
という噂も現在は出てきている状況なのです。

家族代々伝わる着物を預けている方もおり、
成人の心だけでなく家系の伝統さえをも傷つける。

その行為に憤りを感じざるを得ません。

代金を受け取っているのにも拘らず着付けをせず
無かったことにしようとしていること。

さらには、その着物をもしも転売をし返却せねば
相手を騙しお金と着物を受け取ったわけなので詐欺罪

の可能性が高くなります。

そして、もう1つが銀行を騙した事による詐欺罪

資本金150万だが、融資を4億円も受けていた

はれのひの資本金はわずか150万しかなく、
ふりそでの着付け業務の会社でありませんでした。

創業時は、
ふりそでの着付け業務のコンサルティング会社

つまり、はれのひ自身が実際に売上不信な企業に
アドバイスをして売上を上げる指導員として開始。

平成23年9月期は売上高3500万円を上げてます。

ですが、コンサルティング業から方向転換し
平成24年7月に横浜市内に店舗を開設し、販売・貸出へ本格的に参入

ここから現在のはれのひの原型となり始め、
4年後の売上高は4億5000万円となっています。

わずか4年でここまで拡大させているが今思えば
計画倒産の前触れだったのかは全くわかりません。

ですが、28年の4億5000万の売上を期に
取引先への支払いや従業員への給料の支払いが遅延。

徐々に下降線をたどるように鳴っていきます。

そして、上記に記載した28年の4億5000万の売上も
かさ増しされたものであり実際は3億8000万と判明。

ここから雲行きが怪しくなるわけですが、
4億の売上高があるのと店舗拡大をしたいことを踏まえ
銀行を何らかの方法で説得し4億の融資を引っ張ったわけです。

資本金は150万で、売上も実際にはそんなになく
給料の支払いが遅延するほど資金がなかったのにも拘らず・・・

実際の売上をごまかし、銀行から融資を引っ張った

こちらも詐欺罪にあたるのではないかと言われています。

ですが、現状まだ逮捕には至っていないのです。

普通ここまで揃っていればすぐに詐欺として
認められて逮捕されるかと思うのですが・・・

詐欺罪が認められる逮捕の条件とは一体なんでしょうか?

詐欺罪が認められるには、
それを確定させるための確実な証拠

が必要になります。

ですが、本当に最初から詐欺をするつもりだったのか・・・

これは社長自身の思惑になるわけなので、
お前は絶対に詐欺をしようと思っていただろ!

と言っても立証のしようがないのです^^:

はれのひの社長の心のみが知ることですからね・・・

ただもしもこれを強制的に逮捕するとなれば、
電車で触った触ってないが問われる事件についても

実際に触っていない免罪である人でも
強制的にお前は触りたいと思ったんだろ!?

と証拠もなく逮捕ができることになります。

あなたが本当にしていなくても当事者となれば
これが成立することがいかに理不尽かわかるはずです。

なので、ここが非常に厄介なのです.

ですが、上記に記載したように確実な証拠として
もう1つ確固たる証拠が出せる可能性があるものがあります。

それが、28年の4億5000万の売上をかさ増した件。

これをもとに融資を4億ひっぱったとなれば
立派な詐欺罪にあたり証拠も当然揃うことになります。

現状ではこちらに望みを託す事にになりそうですね。

はれのひの社長の逮捕の条件まとめ

はれのひの社長は上海に高飛びしていたと知られ
Facebookの表紙を更新していたことも注目されてます。

海外に高飛びしていることからも資産を隠している
という推測ができることから、どこに隠したのか!?

と今でも囁かれ続けているのも事実です。

また、着物に関して事件が公になったわけで
メルカリなどには当然ながら売れるはずもありません。

売ってしまえばすぐに見つかり、
ツイッターやSNSを通して拡散されるからです。

当たり前の謝罪の気持ちとして返すのではなく
お金にならないからただ単純に返しているとしたら

使用者としてはたまったものではありません。

必ず、正しい判断を警察にはして頂きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です