初恋のポエムを強要した福島県警の警部補は誰?名前と顔画像を調査

またもや、警察の不祥事です。

福島県警の災害対策課に所属する男性37歳の男性の警部補が部下にあたる警察官に初恋をテーマにしたポエムを発表させる等した行為を無理強いするといった、パワハラを繰り返していたとして、懲戒処分になりました。

今回の処罰としては減給。ということになるようです。

同じ課では部下を殴る等暴行を加えた29歳の巡査部長も書類送検になるなど、
もうめちゃくちゃです。

ちょっとあり得ない事件に開いた口が塞がりませんが、
この事件に世間の反応はどうなんでしょうか?

また、できる限りの情報を元に初恋のポエム書かせた福島県警の警部補の名前や顔写真について
調べてみました。

初恋のポエムを強要した福島県警の警部補に対する世間の反応

あらかた世間の反応を見ていただくとわかると思いますが、正に変態警察組織の所業。
しかも今回の警部補の課は災害対策本部になります。

そして、地震被害で深刻な被害にあった、福島の県警。。。

被害にあった住民の方々が大変な苦労をしている中で支払った税金を使って一体何をしているのでしょうか。

今回の事件以前の9月にも、

  • 災害救助用に使うロープで部下の体を縛る。
  • 4人の部下を上半身裸にして写真を撮る。
  • ポエムとその時撮影した写真を数枚執務室に飾る。

等など、この警部補の性的嗜好なのかもしれませんが、あまりにも意味のわからない状況。

災害救助用に使うロープは災害の被害にあった人を救うためのものであり、裸にしてポエムを書かせるために福島県警の災害対策化に税金をはらっているわけではありません。

この災害対策課の警部補の名前は顔写真は公開されているのでしょうか。

初恋のポエムを強要した福島県警の警部補の名前や顔写真は

案の定、といった所ですが、今回この悲惨とも悲痛とも呼べる事件を起こした警部補の顔写真や名前は公開されておりません。

一般人であるなら、名前や顔画像が、警察の不祥事とあっては
全く開示せず何も出てこない今の日本。

これでは警察の不祥事は増える一方ではないでしょうか。

今回の件について、twitterでも皆さん怒りを抑えられないようです。

まとめ

こういう公務員の給料に税金が使われていると思うと、
公務員が批判される現状もうなずかざるをえません。

また、真面目に働いてる公務員の方々の足を引っ張る警察の内情に
ほとほと呆れている人も多いのも事実です。

今回の事件は福島県の災害対策課にて起きた事件ということで、
警察組織全体の意識の低さを露呈する形になってしまいました。

罰として、懲戒免職処分(クビ)になるどころか減給のみ。
今後もこのような警察官が災害対策課を務めると思うと、鳥肌が立ちます。

おふざけにしても身の毛もよだつこの事件に警察本部は今後、
どんな再発防止案を提示してくれるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です