NHKのJアラート誤報の理由はなんで?原因や対策と男性死亡の責任も

最近は北朝鮮の問題が表面化されるなかで、
NHKがJアラートに関してのミスを犯しました。

国民に見たくもないにの視聴料を払えと、
もはや、凄い集団に思えてくるのですが・・・

今回は更に視聴料を徴収できなくなりそな
ミサイルの発射というJアラートのまさかの誤報

なんでなのか?

また、Jアラート誤報により男性が亡くなり
責任の所在地はどこなのかに迫りたいと思います。

NHKのJアラート誤報の理由はなんで?

今回のNHKのJアラートの誤報に関し、
NHK側からの声明は今現在出ていません。

今回のJのアラートのNHK誤報に関してですが、
NHK側が誤報を発表した時のことを考えると・・・

常にJアラートをNHKを見ている人に伝える
そのための準備は常にしてあるということです。

では、いったいJアラートの誤報はなぜ起きるのか?

ということなのですが、
その点に関して詳しく書いているブログがあったので
そのブログの画像を引用しながらお話したいと思います。

Jアラート
出典元:北朝鮮ミサイルのコース

通常ミサイルが発射される2つの軌道の
どちらかにより日本に向かう事になります。

日本を狙っているのであれば下のライン
もし仮に違う場合は上のラインを通ります。

もちろん、日本を狙っていてもロケットの
制度によっては軌道が上にズレる事もあります。

ただ、どちらにしろ打ち上げられてから
通常軌道であればすぐにJアラートを発表しないと
軌道によっては完全に間に合わなくなるのです。

だから、打ち上げられた瞬間により
Jアラートを発動する必要があるのですが・・・

今回の問題はNHKがミサイルを
北朝鮮が発射してないのに発表し
Jアラートの誤報を世間に広めた訳です。

しかも、冒頭で話しているように
私達から視聴料の徴収を強制的に行い

見たくもないテレビにお金を払え!
と言ってきているのにも拘らずです。

当然ながら誤報でした〜!!!

レベルの話で済まされる訳がないのですが、
現在NHKはその原因と解決策を未発表のまま。

更には今回のようなJアラートの
誤報を含むなりすぎて男性が亡くなりました。

Jアラートで男性が死亡の場合の責任は国かNHKか?

Jアラートの誤報が相次ぐ中で過度のストレスで
1人の男性がおなくなりになってしまいました。

ミサイルが発射されると予想に加え
発射された際に適切な保護を確保するための
命綱がこれでは何を信じるべきかわかりません。

この男性がなくなった件に関しても、
ただのストレスとして国もNHKも葬り去る

ということは考えられることです・・・

まだ発表に関してなどはされてませんが、
本当に誤報と直接的関係があるのか??

と言えば、証明は出来ないと思うので
これもまた広がらず消えていくのかと思うと悲しいですね。

NHKの誤報はヤフーなどにより
更に現在広がっていますので情報が入り次第
またこちらに記載して行きたいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です