丸岡いずみの子供はハーフ?外国人の代理母出産の仕組みと費用も

丸岡いずみさんが代理母出産したとの事で、
朝ヤフーのニュースに取り上げられてましたね!

非常におめでたいニュースなのですが、
1点だけ気になる点がありました・・・

それが、ロシア在住の方に依頼をして
代理母出産していたということなんです。

ロシア在住・・・ロシア人?・・・ハーフ?
と男性なら思ってしまうと思います。

今回は代理母出産の仕組みと理由や
費用についてもお話をしていきたいと思います。

丸岡いずみの子供はハーフなのか!?

今回、丸岡いずみさんは代理出産にて
お子さんを授かる事になったわけですが、
依頼されたのがロシア在住の方になります。

ロシア在住の方と記載されてますが、
ロシア人とは一言も記載されてないんですね^^;

なので、
このあたりも誤解を招く可能性があるのですが
外国人の方に代理出産をしてもらった場合・・・

丸岡いずみさんのお子さんの顔は、
実はハーフの可能性があるのは50%になります。

これは運の問題ということではなくて、
代理母出産の仕組みによって変わってくるのです。

代理母出産の仕組みと理由は?

丸岡いずみさんが今回代理母出産を選択したのは、
2度における流産が問題になったとのことでした。

10週の間に2度流産してしまったとの事ですが、
2回おめでたいという報告を貰ったのにも拘らず

2回とも流産を経験をしてしまった・・・
ということでしょうか・・・T_T

今回の代理母出産のニュースを見る限り
子供を本当に授かりたかったと思いますので
授かることが出来て本当に幸せだと思います。

さて、今回の代理母出産に関してなのですが
上記にはハーフの確率は50%と記載しました。

実は代理母出産には仕組みが

  • 妻以外の卵子と子宮の提供を受ける場合
  • 妻以外の子宮のみの提供を受ける場合

の2つあるんですね。

前者である妻以外の卵子と子宮の提供を受ける場合
この場合は妻と子供の間に遺伝子関係はありません。

代理母出産してくださる方の卵子と子宮で、
命を授かるわけなので遺伝子関係は夫のみです。

一方で、
後者の場合は卵子は妻の卵子から命を授かるので
妻と夫、双方の遺伝子を受け継ぐ形となりますね。

今回の丸岡いずみさんの代理母出産が、
どちらの選択肢になったかわかりません。

また、ロシア在住の日本人かもしれませんし
ロシア在住のロシア人なのかもしれないので

そのあたりは不明瞭ですが、
子供を授かれた喜びは夫婦間のものなので
私達が介入し、いちいち言うことでもないです。

ただただ、心から祝福したいと思います^^

2/2追記:

今回の丸岡いずみさんの代理母出産に関し
丸岡さん夫妻はどうしても遺伝子の繋がった子が欲しい

との発言を報道にしていらっしゃいますように、
2016年に丸岡いずみさんと旦那様である有村さん

両者の冷凍受精卵をロシアの代理母に託し
お子様を授かったとの経緯になります。

ですので、今回の代理母出産に関しまして
代理母の方より子宮の提供をお受けになった。

ということになります。

つまり、純日本人のお子様であり、
ご夫妻の遺伝子も受け継いでおります。

私自身の独断の解釈ではなく、
報道されている情報より得た情報となります。

出典元:スポーツ報知

代理母出産の費用は?

今回の丸岡いずみさんのお子さんのニュースで
代理母出産が今まで以上に注目の的となりました。

ツイッターを見ていると
代理母出産をしたいという方も見る事ができます。

ですが、
そのネックとなっているのがやはり費用・・・

調べてみると、

アメリカ 約2000万円
ロシア、ウクライナ、メキシコ 約1000万円
タイ、インド 600-800万円

となっているみたいです。

日本では認められていないので、
代理母出産を行ってくださる女性の方を紹介してくれる
海外の会社に依頼をして手続きを踏む事となります。

まとめ

命を授かる

そのことはお金には変えられませんが、
お金が生活の為に必要なのもまた事実。

更に万が一代理母出産の妊婦さんに問題があれば
2000万の費用もさらにかかるとのツイートも・・・

命を授かりたい

と思っていてもそれは母親、父親の
精神的余裕がないと叶えられないことですよね。

丸岡いずみさんのようにお金に余裕があると
選択肢が広がりますし少子高齢化日本では、

より代理母出産の敷居が下がり
お子さんに恵まれないお母様方の
希望となれば良いなと今回思いました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

3 件のコメント

  • 凍結した受精卵を移植した
    とご本人のブログやインタビューでも書いてありますよ。

    もう少し調べてほしいです。デリケートな内容なので。

    こんな例もあるよと日本に伝えた、とても大きな功績を残した夫婦のニュースですからこの記事も沢山の方が読んでいるのでは?

    • コメント頂きありがとうございます。

      確信の持てる情報を多数拝見しましたので、
      その情報を基にブログを更新致しました。

      日本にも代理母出産の認知度を広め
      同じ状況に悩んでいる女性の方に希望を与えられた
      大きな功績を残されたニュースだと思っております。

      少しでも正しい認知が広がるようにと、
      新たな情報がありましたら更新致します。

      情報のご提供ありがとうございました。

  • 日本国内でも秘密裏に代理母をやってくれる女性は探せると思う。
    貧困女性は多いから。不妊クリニックにはお願いが必要

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です