ホワイトデーで返さない男の心理とは?もらえない女性の特徴と理由も

ホワイトデーでお返しを返さない男の心理って気になりますよね。

今日は、ホワイトデーのお返しをもらえなかった真相と、もらえない女性の特徴まで全ての回答を書いていきたいと思います。

男がお返ししない心理(知人編)

恋人関係を望む場合

まず結論からは話すと、残念ながらその男性と恋人関係にない場合、ホワイトデーであなたにお返しをしなかった男はあなたに気がありません。

  • 男はイベントには興味が無いからかも
  • 周囲の目が気になって照れてるのかな
  • 何を返していいかわからなかったのかな

こういったポジティブな発想は全て、自分に都合の良い妄想に過ぎなくなってしまうのです。

ホワイトデーにお返しを希望しているという事は、あなたがバレンタインデーに彼にチョコをあげたという事。

それに対してあるべき、お返しをしてもらえない時点で、彼はあなたに興味が無いという事になってしまいますよね。

これはあなたと彼が友人関係にあるなしも関係ありません。

逆の立場で考えてみてるとよくわかると思いますが、バレンタインデーが男性から女性にプレゼントを渡す行事だとした場合、あなたは大好きな男性からもらったプレゼントに対して、ホワイトデーにお返しをしないと言うことは無いと思います。

  • 周囲の目が気になるから?
  • 何を返していいかわからないから?

あなたが中学生なら、それもあるかもしれませんが「もしかしたら、お返しの時に告白されたりして。」とか、期待を膨らませながら喜んで何を渡せばいいか考えているのではないかと思います。

男性の心理もそれと同様、もしくはそれ以上で、気になっている女性にバレンタインデーにチョコをもらうという、絶好の機会を逃すわけないのです。

そもそも、男という生き物ほど勘違いをしてしまう生物はいないわけで明らかな義理チョコだとしても、

  • もしかしたら本命かも。
  • 恥ずかしがって皆と同じチョコにしたのかな。

なんて、妄想を膨らませます。

究極、チョコをもらっていない場合でさえ、

  • もしかして恥ずかしくて渡せなかったのかな?

なんてポジティブに考えてしまったりするんです。

そんな男性が気がなる女性にチョコをもらった場合に何も行動に移さないという事はありえません。

男性は気になる女性にバレンタインデーをもらったら、何かしらのお返しを確実に返します。

あなたと近づく良いきっかけとばかりに食事にも誘います。

お返しが無いという事は、今はまだあなたに興味が無いという事なので、事実を受け入れ、自分磨きに励みつつ次のチャンスをうかがいましょう。

ただ、2つだけ例外もあります。

2つの例外

男性の友人があなたに気がある。

男性は女性より同性の友達を重視する義理堅い傾向にあります。これは良い男性であればあるほどその傾向が強く、あきらめる。という、選択肢を取るシチュエーションはよくあります。

この場合は、共通の友人などに相談したりするなどして、内側から彼に行動起こさせる理由付けをさせていくしかありません。

勘違いした男になりたくない。

男性は女性が思っている以上にプライドの高い生き物です。少しでも気のある素振りを見せられると勘違いしてしまう面も持ちつつ、それが確実でなければ、あえて避けてしまうといった行動を取ってしまう場合もあります。

心当たりがあるなら、もう少し押してみれば良い結果が得られる可能性も高いです。

男がお返ししない心理(恋人編)

あなたが彼と恋人関係にある場合

あなたが、その男性と恋人関係にある場合、基本的にホワイトデーであなたにお返しをしなかった男は現在、あなたを大切にしていないという事が考えられます。

これは付き合っている期間により、ニュアンスは若干違のですが、もし、あなたと彼が付き合って1年以内のホワイトデーでお返しがない場合、彼にとって、あなたは本命の彼女でない可能性が高いです。

交際1年以内と言えば、まだまだお互いの事が好きでたまらない時期でもあります。
そんな時期にお返しをくれないとうのは本命ではないから。

もし、あなたと彼が付き合って1年以上のホワイトデーでお返しがない場合は、あなたはすでに彼に大切にしたい女性の対象として見られていない可能性があります。

男性は大切にしたい恋人に、できる限りの事をしてあげたいと努力します。
してもらった事に対して、倍以上のお返しを考えます。

そうではない現状がある時点で、あなたは大切な存在から一歩離れてしまっている可能性があるんです。

原因は、彼によるもの・あなたによるもの、一概には言えませんが、現実そういう関係になっている可能性は否定できませんよね。

じゃあ何故恋人のような関係性が続いているか?

それは惰性による情の関係性になってしまいます。

彼は、あなたより良い女性がいたら乗り換えてもいい。と考えている可能性が高く、もしかしたら浮気を繰り返し
ているかもしれません。

極稀に純粋にイベント行事に無頓着な男性もいますが、これは単純に他人への配慮が足りない男性です。

あまり良い男ではない、ダメ男である可能性が高いので、できるだけ早めに手を切った方が懸命ですね。

ホワイトデーにお返しをしない彼氏はきっと、誕生日にもプレゼントに手を抜いているはずです。

人間関係において、ギブ&テイクはやはり忘れてはいけない重要な要因であることは間違いありません。

大事にしたいと思っている相手にそれができない。「恥ずかしいから?何あげていいかわからないから?」

全て自分本意な考え方でしかありません。

現状、あなたが与えるだけの関係性になってしまっているなら、彼に見切りを付けたほうが今後のあなたのためになるのかもしれません。

男がお返ししない心理(職場編)

あなたと彼は職場の同僚・上司の関係

義理チョコをまとめて配った形にお返しがないなら、ただめんどくさいだけ。

この場合、男性は基本的に何も考えていません。

誰かがまとめて返してくれないかくらいに考えています。

もし、職場でのあなたと彼の関係性がある程度親密な関係であり、本命に近い形でのチョコを渡したのにお返しがない場合、それは迷惑だし勘違いされても困るからお返しをしていないだけである可能性が高いです。

男性側の無言の配慮だとも考えてあげてください。

もらえない女性の特徴と理由

ホワイトデーにお返しをもらえない女性の特徴ですが、やはり気持ちが重い傾向にあります。

渾身の手作りチョコやメッセージカード等も恋人関係にあるならまだ良いのですが、知人程度の関係性でそれをされるとお返しするのが面倒になってしまいます。

バレンタイデーで全てを決めようとするのではなく、少し親密になれるきっかけになる程度と捉えて望むのがベストです。

渡す際にも、「お返しはいらないよー」

と一言添える軽い感じが、逆にお返しをしようかなと思うきっかけになったりもします。

バレンタインデーという行事は、1年の中でも唯一、女性が男性に好意を堂々とほのめかせる場でもあるので有効的に使って
いきたいものですね。

もちろん、ホワイトデーのお返しをもらえなかったからといって、まだ終わったわけではありません。

気持ちをわかってもらってからがスタートなわけなので、自分磨きを徹底して気になる男性をモノのしていきましょう。

↓↓ホワイトデーの関連記事はこちら↓↓

ホワイトデーのお返しの意味まとめ完全版!物で彼が伝える心理は何?

ホワイトデーの告白(男性版)本命の女性への思いを成功させるメソッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です