和風総本家に出た絵看板職人の男性は誰?名前や漢字の読み方やプロフ

テレビ大阪で毎週木曜日、よる9時から放送されている
和風総本家』という番組は皆さん、ご存知ですか??

その番組に
セクシーで色っぽい『歌舞伎絵師』さんが出ていた。と
ツイッターのつぶやきを見て
すごく気になったのでどんな方か、プロフィール風に調査してみました。

和風総本家に出ていた歌舞伎絵看板絵師の職人はだ誰?

その、話題になっていた方が
こちらの方です。

浅草の歌舞伎の看板を書く
歌舞伎絵師職人』です。

・名前:穗束宣尚(ほつか のりひさ)さん

穂束という名字は全国で60人くらいしかいらっしゃらないみたいです。
珍しいですよね^^

・年齢:45歳

奈良県在住

浅草に歌舞伎絵看板を納品

既婚者

17才年下の可愛らしい奥様がいらっしゃいます!
なので28歳の奥さんです^^
奥さんに敬語をつかって話すみたいです。
残念ながら奥さんの画像はありませんでしたが
テレビを見ていた人は理想の夫婦という意見が多かったです!

誰が見ても穗束さんはかっこいいみたいですね^^

歌舞伎絵師として
初代、祖父 信勝、二代目、父 豊國(とよ國)の跡を継いで三代目なんだそう。
親子3代で続いてる貴重な職人さんですよね!

2年前に亡くなった穂束豊國(とよ國)さんと
穗束宣尚さんが書いた絵がこちらです。

引用:https://mainichi.jp/articles/20161025/ddl/k28/040/479000c

こちらが穗束宣尚さんが書いた作品です。

http://www.kofugaen.co.jp/window/windoupaneru291222.html

美しいですよね〜
私もしっかり見たことがなかったのですが、
表情ひとつひとつがリアルで
動き出しそうな感じがします。

絵が上手なのは本当に生まれ持った才能ですよね!

https://twitter.com/anyow_chin/status/948913318961463296!

しかも、ただ書けばいいわけではないので、
私もしっかりと製造過程があるのを知りました。

まとめ

和風総本家に出ていた、歌舞伎絵師の穗束宣尚さんは
親子代々続く職人さんだとわかりました。

お子さんがいるかわかりませんでしたが
奥さんもまだお若いのでの
もしお子さんがいれば4代目になるのでしょうか?

歌舞伎は日本の歴史的にも長い文化で
ファンも多いかと思います。

長く世に続くことを願っております^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です