糖質カット炊飯器でカロリーが減るのは何故?理由と味や効果も調査

2017年も年末に差し掛かり残す所2日となりました。

年末になれば家族・親戚で集まりますが
美味しいものを皆食べまくる時期でもあります笑

おせち料理などもありますが基本は外食や
少し豪華にすき焼きなんて家庭も多いみたいです。

そんな時に欠かすことが出来ないお供がご飯。

ご飯と肉、更には揚げ物・・・
なんで炭水化物ってこんなに美味しいのか!?

太るくせに・・・と思わずに要られませんが
そんな悩みを解決する炊飯器が登場しました。

それが、糖質カット炊飯器なのです。

最近ではこの糖質カット炊飯器が話題ですが、
効果や味の口コミがまとめられていませんでした。

なので今回は、糖質カット炊飯器を使用すると
カロリーが減るのは何故なのか?
その仕組みや理由と味や効果もまとめたいと思います。

糖質カット炊飯器でカロリーが減るのは何故?

女性は年末に食べすぎて体重が増える事を心配したり
常に体系に関して気にしなければ行けないですよね。

なので、ダイエットに励もうと思うけど、
なかなか継続することが出来ない・・・

なんて話はよく聞くものです。

ダイエットを考える際に重要なのが3大栄養素

  • 炭水化物 / 糖質
  • たんぱく質
  • 脂肪 / 脂質

食事をとる際にはこの3つがどのような
カロリーバランスになっているのかが重要です。

それぞれ1gずつのカロリーを見ると

  • 炭水化物 / 糖質 1g/4kcal
  • たんぱく質 1g/4kcal
  • 脂肪 / 脂質 1g/7kcal

炭水化物を抜くダイエットがありますが
実は炭水化物よりも脂質の方がカロリーが高いのです。

なので、ご飯を抜いて唐揚げを食べすぎると
当然ながら痩せることは出来ないんですね^^;

少し話がそれましたので本題に戻すと
今回の炊飯器は糖質をカットするものです。

つまり、1g 4kcalである糖質を特別な炊飯器で
炊くことによって33%削減できてしまうんです

では、なぜご飯を炊くだけで
糖質カットが出来るのかというと・・・

それには、2種類の水が関係しています。

お米を煮るようの水

お米を炊く時には水を入れますよね。

その水が沸騰することにより水に一度、
お米に含まれた糖分が溶けて出ていきます。

その水でコトコト煮込むことが出来るから
炊き上がったお米が甘いと感じるんですね。

糖質カット炊飯器ではお米を煮た時に出た
糖分が含まれる水を捨ててしまうのが特徴です。

溶け出した糖分を捨てることで、
糖質をカット出来るという仕組みです。

水が減ってしまってはお米が固くなるんじゃ?
と思いますよね。

そこで、登場するのが2番目の水です。

お米を蒸すようの水

糖質を含んだ水を外に出す事で糖質をカットし
新たに炊飯器に新しい水を追加をする事になります。

それが、お米を蒸すようの水。

勿論、自分で追加する必要はなくて
全自動で全て炊飯器が行ってくれます。

これはあくまで仕組みということですね。

味や効果も調査

お米の茶碗いっぱいの量は基本150gです。

白米150gにふくまれる糖質は約55g

糖質は1g 4kcalですので、
55g だと220kcalの摂取となります

この糖質を33%カットできる訳なので
220kcalの33%の72.6kcalも減らせるんです!

つまり、
220kcalのご飯が約147.4kcalになるんですね^^

ダイエットをしている時はお腹が減るので
同じカロリーで量が増えるのは幸せです笑

ただ、味に関しては、お米を煮込んだ際の
糖質を外に輩出して出来上がっているので、

甘みという点に関しては、
仕組みを考えると減るかなとは思います。

まだ、販売自体が来年でもありますので
レビューが乗り次第更新をしていきますね!

ダイエットの効果に関しては、
33%の糖質をカットすることが出来る訳なので
カロリーを減らすことができ効果が期待できます。

ただ、脂質の方がカロリーが高いので
そのあたりはかなり注意が必要です^^;

揚げ物などは食べないようにしないとですね・・・T_T

まとめ

今回は糖質カット炊飯器について、
仕組みや味に関して考察を述べました。

炊くだけでダイエット出来る!

と考えたら少し価格は張りますが、
買っても良いかなと思ってしまいます^^;

サプリなどを飲んでも、
どうしても忘れてしまうし運動も嫌なので笑

油で上げない揚げ物も最近はありますし、
それとこの炊飯器を使用して私も頑張りたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です