和田晃一良の年収はいくら?出身高校大学含む学歴と生年月日と年齢も

かつての日本は株などを購入するのに、
証券取引所に電話をする必要がありました。

それが、時代を経てパソコン1つで購入出来る訳ですが
電話の時代でもパソコン1つで購入出来る時代においても

共通していることが1つあります。

それが、
“中枢管理”が必要だという事です。

例えば、
日本にはヤフオクやメルカリがありますよね。

“全くの赤の他人である個人と個人が取引をする”

という不安を解消する為に購入者と出品者が
安心して取り引き出来る場を用意してる訳です。

このヤフオクやメルカリの立ち位置と同様に、
ビットコインの購入にも中央管理が存在します。

それが、取引所であるコインチェック。

このコインチェックの社長は2017年現在で27歳。

若い年齢にしていかにして日本のトップに登ったのか?

そんな偉業を成し遂げている和田さんの
高校や大学の学歴や年収について調べてみました。

和田晃一良の出身高校・大学を含む学歴は

和田晃一良さんの経歴を記事を書く為に調べたのですが、
一言で表せば完全に異常ですw笑

ホリエモンこと堀江貴文さんのことを例に出すと、
あんな奴と一緒にするんじゃねぇなんて声が出ます。

ですが、
日本にブログを広めたのは間違いなくホリエモンで
このブログを書けているのも彼の功績のお陰です。

もちろん、
彼がやらなければ誰かがやったのでしょうが・・・
それでも日本を動かす程の存在だったのはでかいですね。

ホリエモンは幼い頃からプログラミングを独学で学び、
中学生の時には塾のパソコンのプログラムを書いてました。

コインチェックの和田晃一良さんも
小学校5年生の頃から既にプログラミングに興味を持ちます。

小学校の頃からパソコンを使用し続けていた彼が
将来なりたい!!と思った職業がプログラマー!!

しかし、
そんな夢を木っ端微塵にするサイトがありました。

2ch・・・・ww

プログラマーは底辺の人間がやる仕事だと
記載がある旨の記事を読んで夢が壊れます。

その後にプログラマーとして歩んだのか?
という中学時代の情報は現在ありませんでした。

ですが、
大学時代にはアプリ開発が出来ているので
それ以降もプログラミングの勉強はされていたようです。

実際にコンテストでの受賞経歴も輝かしい物があります。

と、その前に高校時代ですが、
出身高校は埼玉県の西武学園文理高等学校
偏差値は67〜71というさすがの進学校です。

進学校での教育を経て東京工業大学に入学し
大学3年時にウェブアプリ開発会社でアルバイトを開始。

クックパッド主催第3回開発コンテスト24など、
さまざまなハッカソンで優勝したりなど知名度をあげます。

就職活動ではサイバーエージェントに就職予定でしたが、
大学の知人に起業を誘われて一緒に参加することに・・・

これが転機の1つとなりました。

彼が起業して作り出したサービスは、
ビリギャルを生み出したSTORYS.JP。

どっからその発想力出てくんの!?って印象です笑
すごすぎて普通に関心するしかありませんね。

そして、このSTORYS.JPを前身として
仮想通貨取引を行うコインチェックへと移ります。

それ以降の輝きは、
現在あなたが知られているとおりですね!

生年月日で驚愕する年齢と現在の年収は?

生年月日は1990年11月1日なので現在27歳
27歳なのに日本のトップってちょっと信じられません^^;

ヤフーにも登場する程の人物なわけですが、
現在の年収に関する情報は出ていませんでした。

コインチェック自体が認知されてから、
それほど月日が今のところ経過していない点。

さらには、今後の上場などを見込んだ際に、
役員報酬をそこまで高くするとは思えません。

1分動画レシピを投稿している動画サイトの
株式会社エブリーの社長でも億は貰ってない。

ということをテレビ番組で話していましたので、
多くても3000万とか4000万レベルなのでは?

と勝手に推測しています。

上場すれば総資産額がわかるので、
その点は追記していければなと思います。

和田晃一良のプロフィールまとめ

今回はコインチェックの社長である和田晃一良さんの
年齢や経歴から年収まで経緯と共に調べてみました。

パソコン・スマホ1台で世界中が繋がっている世の中で
やはり大物になる要因として多いのがプログラマーだと思います。

世間の声をすぐ反映させる機能を作り出し、
そして一気に認知度を得て急成長していく。

ビットコインは更に注目される市場なので、
これからも引き続き注目していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です