折りたたみ式スクーターzenergyの販売場所はどこ?価格や購入方法も

キックボードと呼ばれるアイテムが、
かつて日本でブームを引き起こしました。

子供の間で爆発的な流行を見せましたが、
難点はサイズによる持ち運びの不便さです。

そのサイズ感による不便さを解消し、
鞄に入れて持ち運べるようになったスクーター。

それが、zenergyと呼ばれる商品なんです。

ですがzenergyと検索をしてもどこ販売されているのか?
その情報は全くと言っていいほど出てくることはありません。

そこで今日は、
Zenergyの販売店舗や価格・購入方法をまとめてみました!

折りたたみ式スクーターzenergyの販売場所はどこ?

折りたたみ式電動スクーターzenergyの販売に関してですが、
実は手に届くのは今購入をしたとしても来年の2月になります。

これはキックスターターと呼ばれるサイトで、
クラウドファンディング型で生産をしているからなんです。

クラウドファンディングというのは、
まずは先に自分が持っている製品アイディアを表に出し、
募った資金によって商品を作るという流れのことですね。

欲しい人が最初にお金を入れてくれるわけなので
無駄なく作ることができリスクが低いというわけです。

良いアイディアがあるけどお金はない人と、
良いアイディア商品ならお金を出して買いたい!

という双方を結びつけた画期的なシステムです。

さて、このクラウドファンディングのサイトの中でも
電動キックスクーターが販売されているサイトは

kickstarterと呼ばれる、
クラウドファンディングのサイトです。

→ zenergyが売られているサイトを見てみる

こちらより購入することが出来ますね!^^

販売価格や購入方法の情報

では、次に販売価格や購入方法の情報についですが
先程のページを見ると右のサイドバーに様々な価格が並んでいます。

英語で記載されているのでわかりづらいですが
間違うとスクーターが届かない状況になりますw

なので、1つずつ解説していきますね^^

こちらはUSドルではなくて
シンガポールドルでの計算になります。

20ドル(スクーター取り付け携帯ホルダー)

 

40ドルのキャリーバッグ

 

 

■216ドルの4.4アンペアLGバッテリー


7.2アンペアのLGバッテリー


■572ドルで電動スクーター1つ
(先着100名の先行者限定価格)

こちらの商品には4.4アンペア
バッテリーが付属しています。

■612ドルで電動スクーター1つ

先程の572ドルでの購入は早く購入した人限定で
最初の安い期間が終わると612ドルへと移行します。

こちらの商品も4.4アンペアバッテリーが付属。

 

1120ドルで電動スクーター2つ

こちらは2つ購入した際の金額になります。
バッテリーは4.4アンペアのものが付属となります。

購入方法は右のサイドバーより選択をして、
そこから購入画面に進んでの決済となります。

選んだ後の購入方法に関しては、
Amazonなどのネットで買うのと同じですね^^

ただ到着の時期は、
来年の2月または3月となりますのでご注意下さい。

折りたたみ式スクーターzenergyスペックは?

基本的に4.4アンペアのバッテリーが付属ですが、
バッテリーの容量によりスピードが変わります。

4.4アンペアのバッテリーの走行距離:15〜25キロ

7.2アンペアのバッテリーの走行距離:30〜40キロ

最高時速は25キロとなっています。

来年の1月8日まで出資することが出来ますが、
時期により金額は異なってくるのでご注意下さい。

早ければ早いほど安くなります。

スペックまとめ:

  • 250W サイレントブラッシュレスモーター (25km/hまで加速可能)
  • LG リチウムバッテリー
  • 本体の重さ:9.1kg
  • 積載重量120kgまでの(テストでは150kmまでもOK)
  • 2〜4時間で充電完了
  • 防沫加工
  • 電子ブレーキの使用での自動充電機能

折りたたみ式スクーターzenergyまとめ

今回は折りたたみ式スクーターのzenergyについてまとめました。

シンガポールの企業が作成するものであり、
鞄に持ち歩くことが出来るのが最大のメリットです^^

これだけコンパクトなのにも拘らず、
自動で動く所も魅力の1つですよね!

重さが9kgほどあるのでバッグじゃないと
持ち運びを簡単に行えないのは仕方ないところなので
バッグで通勤で歩く距離が長い方は重宝するかと思います!

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です