セカオワのサオリこと藤崎彩織の小説ふたごのネタバレは?評判や感想

こんにちわ( ˙ᵕ˙ )

ニュースで第158回直木賞の最終候補作品にノミネートされた作品が発表されました!

その中に人気バンドの「SEKAI NO OWARI」でピアノを担当している
Saori·藤崎彩織さんの処女作である『ふたご』がありました!

こちらの『ふたご』は文藝春秋からの出版で
2017年10月28日に発売されてたちまち話題を呼び、
発売してすぐに重版が決定し、発行部数10万部を突破しました。

Saoriさんといえば、2017年1月に約5年の交際を経て、
俳優・池田大との結婚され、現在は妊娠しており11月末に休業へ入りました!

来年の2018年には出産、今回のノミネートとおめでた続きですね( ˊ꒳ˋ )

そんな、幸せいっぱいのSaoriさんの小説『ふたご』について
直木賞受賞なるか?ネタバレや評判、感想をまとめてみました!

【ネタバレは?感想も含めて解説】

物語は、あるバンドのデビュー前夜を描いています。
いつも一人ぼっちでピアノだけが友達だった中学生の夏子と、
不良っぽく見えるけれども感受性の強い高校生の月島の青春を描く。

バンドって所属しているセカオワ?
ピアノだけが友達の夏子ってSaoriさんのこと?
感受性の強い高校生の月島って深瀬さんのこと?

小説の構成として第一部は主人公と月島との出会いから、
バンドを始める直前までのこと。
第二部は彼らがメンバーを集めて共同生活を送り、
バンドを結成してから活動する様子を描かれています。

実際にSaoriさんは深瀬さんと小学校·中学校の先輩で
幼稚園も一緒といずれも小説の主人公に当てはまります。

また、セカオワメンバーは一軒家にメンバーみんなで
共同生活されてるのが有名な話ですよね。

決定的なのが、Saoriさんは深瀬さんのことを
『ふたご』と呼んでいるので完全にセカオワの創設の物語で間違いないと思われます。

月島=深瀬さんという点で、
内容もほとんど月島のことしか書かれていなくて、
非常にリアルで生々しい。

深瀬さんが昔大変な思いをしたことも
すべて月島で表現されており、ファンからすれば、
月島を深瀬さんに重ねて小説を見れるのではないでしょうか?

第二部については、簡単に言うとバンドが結成されて
最後はレコード会社から声がかかっておわり。という落ち。

著者であるSaoriさんは、
たくさんの方たちに評価される文学作品を書きたかったのか?

それとも自分たちの物語を
小説に照らし合わせてファンへ思いを伝えたかったのか?


いろいろ憶測できますが、この小説はまさに2人の世界観を描かれているようです。

【直木賞受賞の可能性は?】

実は『ふたご』は文藝春秋社長のお気に入り作品らしく、
今後ロングセラー化されることに大きな期待がかけられているそう。

直木賞にノミネートされるだけでも重版は確定していて、大賞ともなれば、年間トップ売り上げも狙えるみたいなんです!

2015年には芸人であるピース·又吉直樹の『火花』が芥川賞受賞をし、
注目を集め、豪華キャストでの実写化のドラマや映画化になったのが記憶に新しいのではないでしょうか。

小説の出来だけでなく著者の話題性も、
選考に大きく影響しており、Twitterをみてもかなり話題になっていました!

やはり、セカオワのファンは読まれていますね✧‧˚
好きなアーティストが出したのですから当然読むかと思います(笑)

このまま、大賞となった暁には『火花』同様、実写化決定的もありえますよね!

発表は2018年1月16日です!
結果が楽しみですね( ˙ᵕ˙ )

【賛否の声も】

よかったと思う人もいれば、当然そう思えなかった人もいます。

不評の意見は

·双子って、自分とFukaseのことじゃないよな……と思ったらそうだった。気持ち悪い。
·「私とFukaseは魂の双子」とかそういう話だね?
·あらすじがFukaseとSaoriそのまんまでドン引き。
·旦那さんも子どももいるのに世間に向けてFukaseとの思い出をさらけ出すなんて、この人おかしいのか?

など、辛口な声も多々ありました。
いずれも女性の意見が多かったです。
既婚者であるSaoriさんが深瀬さんのことを書いてるとするのであれば、気持ちが気になるところですよね。

小説の物語がバンドメンバーである深瀬さんらと当てはまりすぎな点。深瀬さんに対する思いについて、ファンに衝撃をあたえる作品になったと思われます。

しかもTV「情熱大陸(TBS系)」にSEKAI NO OWARIが出演した際、Saoriが自身の夢について『深瀬の夢を叶えること』と発言し、視聴者からその関係性に対して疑問の声も上げられていました( Ö )

Saoriさんと深瀬さんは付き合ってた?と噂されてた頃もありますが、実際にSaoriさんは結婚されてます。
恋愛感情を通り越して、2人にしかわからない関係性であるのではないでしょうか。

【まとめ】

こちらの作品は5年の歳月をかけて、
発売するまで至ったSaoriさんにとっては想い入れのある作品、また経験になったと思います。

深瀬さんとSaoriさんの関係については真相がわからないので
不思議なままですが、私は恋愛感情抜きに、男女の友情や信頼できる人がいれば、
また同性とは違った心強さもあると思います。

現在でもセカオワメンバーの2人が結婚してても、
共同生活を続けてるということなので、私達にはわからない、
目に見えない絆で結ばれているのでは?と思います。

Saoriさんは出産に向けてセカオワの活動を休業しているので、
もしかしたら次回作の小説執筆で動き始めてるかもしれないですよね?

そこも注目していけたらなと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です