クルーズコントロールは燃費悪い?メリットデメリットや事故の関係も

最近は自動車のIT化というか、ハイテク化がドンドンと進められていますよね。
その中で、最近話題になっている機能の1つにクルーズコントロール。

この「クルーズコントロール」。

機能の詳細を簡単に言ってしまえば、
「アクセルペダルを踏み続けることなくセットした一定速度を維持する機能」です。

最近の高級外車には必ずといって、このクルーズコントロールですが、日本では
あまり一般的でない機能のためか、使うのをためらってしまう。

もしくは、
「そもそもクルーズコントロールなんているの??」
「燃費が悪くなってしまうんじゃ??」
「事故が起こってしまう確率がたかくなるんじゃ??」

と、いう声も良く耳にします。
それでは、実際にどうなのか??クルーズコントロールについて、調べてみました。

燃費はいいの?悪いの?理由は?

答えからまず言ってしまえば、クルーズコントロールによって燃費は。。。

「良くなる。」が正解です。

それはなぜか?燃費が悪くなる原因として運転方法だけで解説すると、

急発進や、急加速が1番の要因になってくるからなんです。
急激な速度変化をしてしまうとそれだけ、余計な燃料を消費して
燃費を悪化させてしまう要因になってきます。

なるべく同じ速度で運転することが、燃費を良くする方法であることから、

クルーズコントロールの自動速度制御機能はまず人間に勝るということです。

クルーズコントロールは一定の速度を保とうとして頻繁にスロットル操作を
行っているため、上り坂や下り坂は人がアクセルを踏み込んだほうが、
燃費が良くなるのではないかという意見もあると思いますが、
それを踏まえても、ほとんどのドライバーがクルーズコントロール以上に
一定感覚をキープできないのが実際です。

しかもそんなに気を使って運転していても疲れてしまうし、
第一、楽しくないですよね^^;

運転が得意な人はクルーズコントロールを上回る燃費を出せるのかもしれませんが、
それに向けて頑張る必要はないですよね 笑
素直に燃費のためなら、クルーズコントロールを使うのが得策ということです。

クルーズコントロールのメリットは?

メリットについて、まず大きく挙げられるのは、

・ドライバー楽できる(疲労が少ない。)

これは実際に体験してもらうとわかるのですが、アクセルを踏まないでいいというだけで
こんなに楽なのかというくらい楽です。
踏むという行為自体は瞬間的なものなので、軽くみられがちですが、「ちりも積もれば
山となる。」とはよく言ったもので、継続していると疲労はやっぱり溜まっているものです。
クルーズコントロールを体感してみると、運転の疲労がほぼアクセルによるものだった。
ということがよくわかると思います。

後は、先程も述べた。

・燃費が良くなる。

これも積み重ねってくると、より高いメリットになってきます。

クルーズコントロールのデメリットは?

デメリットについてですが、こういう自動制御機能につきものですが、
もちろん色々とあります。

・多くの日本車が100km以上(法定速度以上)に対応していない。
・坂道の加速のタイミングが遅い。

主にこの2つがデメリットかなと思える点です。
純製ではない、クルーズコントロールでは速度超過が可能なものもあるようですが、
走行中には操作できないカーナビのように、きっちり法律を守るクルーズコントロール
もあります。まぁそこらへんは皆さん察しの通り、ドライバー次第ではあるんですが。。w

坂道の加速については、坂道に入って速度が遅くなってからアクセルを踏み込みだすので
人間の感覚と違ってちょっとイライラする部分はあるかもしれません。
通常は、坂道に入る前に予測してアクセルを踏み出すドライバーがほとんだと思うので。
そこは慣れでなんとかなるかな。といった印象ではありますが。

クルーズコントロールで事故は起きる?

最後にクルーズコントロールで事故は起きるかどうかですが、
クルーズコントロールは色んなグレードがある上、他との組み合わせの影響もあるし、
機械ということで、故障の可能性があるので、100%事故が起きないとは言い切れません。

設定した速度で、走り続けるのがクルーズコントロールなので単体で使うなら、
ブレーキを踏まないともちろん前方の自動車にぶつかってしまいます。
そこが怖い所ではあるのですが、2018年になろうとしている今なら、
車間距離維持システムと併用すればほぼその心配もなくなりますね。

ただ、機械なので過信はしないようにしないといけないのが現状です。
時代が進んで全ての車がオートで走るようになれば、寝ながら運転。
ということも可能になってくるかもしれませんが、まだまだ先でしょう。

これからの自動車の新システムの発展に期待したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です