チケット流通センターのトラブル解決方法は?届かない時のキャンセル方法も

チケット個人売買大手のチケット流通センター。

どうしても欲しいチケットがある場合は、
定価より割高でも利用する人も多いと思います。

ただ個人売買が原因でトラブルに巻き込まれる。
ということを心配する方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、
チケット流通センターの売買で起きる可能性の高い
トラブルと解決方法をお伝えしていこうと思います。

チケット流通センターのトラブル解決方法は?

Q1.

チケットを購入した後に、チケットが送られて来なかった。
また、送られてきた荷物を開封して中身が空だった場合の対処は?

A.

基本的にチケット流通センターで
購入したチケットは受け取り中身を確認した後、

チケット流通センターのHPから「受け取り連絡」をして、
始めて出品者に代金が支払われます。

そのため、送られてこなくても、
受け取った荷物が空でも、受取連絡さえしなければ、

チケット流通センターに
問い合わせればお金だけ取られるという心配はありません。

ただし、

商品を受け取っていない状態を放置すると、
出品者に代金が振り込まれてしまうので、
早めにチケット流通センターに問い合わせましょう。

 

Q2.

逆に、送ったチケットが、
いつまでたって受取連絡をされなくて支払いをしてもらえない場合は?

 

A.チケットを購入者に送った後、
受取連絡をされないまま一定期間すると、

チケット流通センターから
「受け取りましたら受け取り連絡をお願いします」
というメールが購入者宛に届くようになっています。

その後、

購入者から一定期間返事がないと
出品者に代金が振りこまれる仕組みになっています。

なので音信不通のまま、
チケットだけ取られると言うことはありません。

 

Q3.チケットが偽物の可能性はあるの?
偽造チケットを受け取ってしまったらどうしたらいい?

A.まず大事なのは、偽造かどうか怪しい場合は、
「受け取りました」をクリックせずに、
チケット流通センターにその旨の問合せを行いましょう。

クリックしてしまうと、取引完了。

その時点で売買が成立してしまい、
何があっても対応をしてもらう事ができなくなってしまいます。

ですが、ボタンを押す前に問い合わせをすると、
チケット流通センターから売り手にそのチケットの
証明書の提示を画像などによって求めてくれます。

証明書とは、該当チケットが当選した事を
照明する書類や支払った時のレシート等ですね。

本物だという証明が出品者側でできない場合は、その取引は無効。

売り手への支払いは
取り下げられれ購入者へお金は戻ってきます。

チケットが偽物だったりという事が
起こる事は稀なことではあるのですが、

あくまで個人売買という観点で言えば、
トラブルに巻き込まれる可能性はゼロではありません。

ただ、以上の3点の事さえ気をつけていれば
お金だけ取られたり等のリスクを最小に抑えられます。

または、そのような事が起きないような、
<<安全なチケット購入サイト>>
から、購入することが1番ですね!

届かない時のキャンセル方法や問い合わせ方法も

最後に、

詐欺にあってしまった!トラブルに巻き込まれてしまった。

という場合にチケット流通センターに
問い合わせる方法を書いていきます。

基本的に、受取完了連絡前に
問い合わせをするのは絶対だと考えてください。

その上で、

【お取引中チケット一覧】ページの【お問合せフォーム】

より今遭遇しているトラブルについて連絡しましょう。

または【送金停止依頼】を連絡後、
【連絡ボード】で売り手と解決するといった形になります。

何回も言いますが、
受取完了処理後では対応はしてくれないので、
確実に受取連絡前での対応はこころがけましょう。

以上がチケット流通センターのトラブル解決方法でした!

参考にされてみてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です