浅野忠信の子供時代は?幼少期の画像や学校経歴と共に調査!

浅野忠信の子供時代は?

今や日本を代表する人気俳優の浅野忠信さん。
その浅野忠信さんの父親であり、所属芸能事務所・アノレの社長を務める佐藤幸久さんが
覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。

アノレと言えば、浅野忠信さんのほか、加瀬亮さん、新井浩文さん、三浦貴大さん等、
人気芸能人が所属する事務所でもあるためとても衝撃の多いニュースです。

ちなみに、父親なのに名字が違うのは「浅野忠信」というのは芸名で、
本名は「佐藤忠信」さんであるようですね。

そんな父親に育てられ俳優の座を築いてきた浅野忠信さんですが、
幼少時期から今の俳優という地位にたどり着くのにどのような子供時代を送ってきたのでしょうか。

調査してみました!

幼少期の画像や学校経歴と共に調査!

まず幼少期の画像に関してですが、調べていたらこんな写真がありました。

右が浅野忠信さんのお母さんの佐藤順子さん。左が浅野忠信さんですね。

正直、今の髭面から一切面影の無い感じはしますけど、さすが芸能人。
整った顔立ちをしてます。お母さんが今の浅野忠信さんに面影があることから
お母さん似なのかもしれません。

浅野さんの家族構成も結構独特で、
母方の祖父はウィラード・オバリングという名前のアメリカ合衆国ミネソタ州ウィノナ生まれの
北欧系アメリカ人で第二次世界大戦時(1946年、18歳時)以降はアメリカ陸軍の料理兵だったようです。

戦後に日本に駐留して配属された横浜市にて浅野忠信さんの祖母である浅野イチ子さんに出会い
1950年に母親である順子さんが生まれます。
そんな順子さんは18歳で父親である佐藤幸久と出会い結婚し、
1971年に忠信さんのお兄さんである長男の久順(ひさとし)さん。
(現・KUJUN。俳優、演奏者)
1973年二男の忠信さんが生まれたようです。

忠信さんの証言からすると

父親は「家でいつも調子が悪いと言っては家で寝てばかりいる」
母親は「学校を休ませてドライブに誘う」
両親ともに忠信兄弟を家に残して両親がディスコに行ってしまうこともたびたびあったようで、
兄弟は近所の家に「お母さんがいない」と泣きついたこともあったというかなり自由な両親の元に育ちます。
そんな中で育った忠信さんですが、母親の順子さんの証言によれば、
「いつもニコニコと笑いながら歩いている子供だったらしいです。」笑

クォーターであるため幼い頃は髪の色が金髪に近く、

何もしていなくても目立っていて声をかけられることも多かったため、
子供心に日本人だが日本人になりきれていない違和感も感じていたようです。

そんな浅野さんが進学した高校は神奈川県の磯子高校 (偏差値43)
県立の共学校で、当時は荒れた学校として知られていました。

浅野さん自身も多趣味で悪い仲間達とつるみながら、
高校時代はブレイクダンスやスケートボード、パンクロックバンドを組み元町や本牧のライブハウスを渡り歩く荒れた学生生活を送っていたようです。^^;

そんなアクティブな生活や性格からか、大学には進学せずに高校卒業とともに
今の俳優という芸能会に飛び込む事になります。

今のあの独特な雰囲気は幼少期からのやんちゃな生活があったからこそかもしれませんね。^^
離婚はしましたが、子宝にも恵まれ俳優生活でかっこたる地位を築いています。

2017年12月現在もフジテレビ系ドラマ『刑事ゆがみ』(毎週木曜22:00〜)に主演している
浅野さんの今後の更なる活躍に期待です。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です