ヒートショックが起こしやすい人の特徴と風呂との温度差はどれくらい?

最近、寒さが一段と厳しくなりましたね。
この時季になると、よく耳にするようになるのが

「ヒートショック」

あなたも最近はとくこの言葉を聞くかと思います。

入浴中に亡くなられる方は、
1年間で約17千人いると言われていて、
その大半が高齢者で、特に冬場に集中しています。

この入浴中の死亡原因となるのが、ヒートショックで
冬場のこの時季の入浴は、特に注意しなければいけません。

これからますます寒くなります。

家族揃って笑顔で新年を迎えるためにも、
ぜひ入浴中の事故だけは絶対に避けたいものです。

そこで今回は、ヒートショックの原因と
その対策についてご紹介したいと思います。

ご存知かと思いますが、まずはヒートショックとは何か?
簡単にまとめてみますね。

ヒートショックとは

急激な温度変化によって、
血圧が上下に激しく変動することが原因で起こる
健康被害のことを言います。

失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こします。

入浴中に血圧が急激に低下して失神し、
浴槽の中で溺れて死亡するケースは、ヒートショックの典型と言えます。

「あそこのおじいちゃんが入浴中に亡くなった」

もし仮に、ご近所でそんな話題を耳にしたら、
ヒートショックが原因で亡くなられた可能性が高いかもしれませんね。

ヒートショックが起こしやすい人の特徴は?

ズバリ高齢者の方です。

高齢者の方の血管はもろくなっている上に、
血圧の上昇幅が大きくなりやすい傾向にあります。

特に高血圧の高齢者の方は要注意です。

高齢者の他に、要注意なのが
糖尿病や脂質異常症の患者さんです。

なぜ糖尿病や脂質異常症の患者さんが
ヒートショックが起こしやすいかというと、

動脈硬化の進行によって
血圧のスムーズな維持が難しいためと言われています。

この他にも・・・

・65歳以上の人
・肥満気味の人
・睡眠時無呼吸症候群の疑いのある人
・不整脈の人
・脱衣場や浴室に暖房機を設置していない人(家庭)
・一番風呂を好んで入る人
・飲酒後に入浴する人

この中で一つでも当てはまる特徴の人がいれば、
ヒートショックを起こしやすい傾向にありますので要注意です。

ヒートショックを防ぐための対策は?

入浴前に脱衣場と浴室を暖めておき、
部屋の温度と浴槽の温度差を、できる限り少なくすることが重要です。

脱衣場や浴室に暖房機を設置することが理想ですが、

それが難しいなら、入浴前にお湯の入った浴槽のフタを開けておき
浴室の温度を上げておくだけでも効果的です。

15分もフタを開けておくと
浴室の温度が10度上がるとも言われています。

また、お湯の温度は40度以下が理想です。

この時季はどうしても熱くして
湯船に浸かってしまいたくなりますが、

熱いお湯は血圧を急上昇させてしまい大変危険ですので、
お湯の温度は体温に近い38度から40度に設定してください。

いきなりお湯につかることも厳禁で、
掛け湯をするなどして、身体をゆっくりお湯に慣らしていってくださいね。

この他にも・・・

一番風呂を楽しみにされている
高齢者の方には少し言いにくいことでもありますが、
温度の差が激しい一番風呂は、できる限り避けるようにしてください。

入浴の際のこまめな水分補給も忘れずに!
これは年齢を問わず重要です。

まとめ

これからお風呂に入ろうとしているあなたのために
すごく簡単に!

ヒートショックの対策をまとめてみました。

・入浴前に脱衣場と浴室を十分暖めておくこと。
・湯船の温度は少しぬるめの40度以下に設定。
・こまめな水分補給。

最後になりますが、

家族揃って笑顔で新年を迎えるためにも
入浴中のヒートショックを絶対に避ける努力をしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です